バンド維新 開催記録

BAND RESTORATION  007

バンド維新2014

バンド維新2014の様子

作曲者紹介

北爪 道夫

北爪 道夫

曲名

Winds singing a song

演奏

浜松市立開成中学校

作曲者プロフィール

1974年東京藝術大学大学院修了。
1977年、「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」結成に参画、作曲・企画・指揮を担当、内外の現代作品紹介に努め、1983年、第1回中島健蔵音楽賞を受賞した。
1979年より1年間、文化庁派遣芸術家としてフランスで研修。以降、様々な団体からの委嘱により多くのオーケストラ作品を作曲、内外で再演。
1994年《映照》で尾高賞を受賞、同作品は’95年ユネスコ国際作曲家審議会(IRC)最優秀作品に選出され、IRC50周年記念CDに主な作品として収められた。
2001年《地の風景》で尾高賞を受賞。
2004年「サントリー音楽財団・作曲家の個展」での《管弦楽のための協奏曲》など長年にわたる作曲活動に対して第22回中島健蔵音楽賞を受賞。
他に、《悠遠―鳥によせて》など2曲の国立劇場委嘱作を含む邦楽器のための作品群、さまざまな楽器や声のための作曲は多岐にわたり、自然との対話から紡ぎ出された音響によるそれらの作品は、内外のコンサート、放送、CDで紹介されている。
他に、NHKFMベスト・オブ・クラシックのテーマ音楽やラジオドラマの音楽等を担当、多くの受賞歴がある。
CD:「北爪道夫オーケストラ作品集」(FOCD2514)、「北爪道夫・作曲家の個展」(FOCD3505)他。
現在、国立音楽大学教授。

作品解説

この作品で私は、鍵盤ハーモニカの懐かしい音色を、吹奏楽の響きのなかに仲間入りさせようと試みました。そして、そのことによって「風」のひと吹きが交錯するような短編を書きたいと思ったのです。
「風」というのはどのように吹いているのでしょう?ここでは菱形を横長に伸ばしたように吹くという設定をしました。この曲に登場する「風」の殆どがこの形をしています。幾つもの風がズレながら吹いていると、そこにメロディーが聴こえます。
ひとりひとりのパート譜を見ると、響きが次第に膨張し、頂点をつくり、そして弛緩してゆく、つまりひと吹きの「風の形」ばかりが書かれています。隣の人と自分の所では違う風が吹く、そして皆で補い合い、聴き合い、楽しみながら呼応してひとつのメロディーを造って行ければと思います。ひとつのメロディーを分解して交代で歌う(13~14世紀の多声音楽で行われた)「ホケトゥス」の手法とも共通点があり、合奏の形態にも色々あるということにも気付いて欲しいと思います。
曲の終盤で風が残していった様々な言葉が、囁くような響きの集合体となって聴こえますが、文章化せず、何を語っているかは判然としないようにしてあります。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

協賛

ヤマハ株式会社

後援

浜松市FM Haro!

協力

航空自衛隊航空中央音楽隊一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)ユニバーサル ミュージック合同会社株式会社東京ハッスルコピー
株式会社ウィステリアプロジェクト

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1114 URL : http://www.hcf.or.jp/