はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


トップページ » 「浜松市民文芸」第62集発行

「浜松市民文芸」第62集 発行

「浜松市民文芸」第62集発行 296P

発行・編集 浜松市・公益財団法人浜松市文化振興財団 浜松文芸館
発行日

平成29年3月18日 (土)

表 紙

酒井 伴治 / さかい ともはる (H28浜松市芸術祭「第64回市展」芸術祭大賞受賞作品 工芸部門)
「表裂刷毛目紋壺(ひょうれつはけめもん)」

選者 部門 氏名
小説

竹腰 幸夫

柳本 宗春

児童文学 那須田 稔
評論 中西美沙子
随筆 たかはたけいこ
埋田 昇二
短歌 村木 道彦
定型俳句 九鬼あきゑ
自由律俳句 鶴田 育久
川柳 今田 久帆
応募状況

作品総数 2,430点  延人数 572人

印刷部数

1,200部

価 格

1部 500円 (税込)

販 売 HCFオンラインショップ
http://www.hcf.or.jp/shop/index.html/

「浜松市民文芸」第62集 市民文芸賞受賞者

部門 作品・作品名 作者(発表名)
小 説 万石の夢
希望という名の施設
幸田 健太郎
小杉 康雄
児童文学 イチョウの葉っぱのてがみ
だいこんちゃんのおうえん
住吉 玲子
河島 憲代
評 論 続 キリシタン大名 高山右近 中谷 節三
随 筆 片瀬の思い出
家族通信
中津川 久子
大庭 拓郎
ゆずりは
ママとパパへのQ
ミィちゃんの雨
竹内 としみ
清泉 陽子
遠藤 ゆき
短 歌 村一つ沈めて抱くダム湖なり蜻蛉つと来てやがて飛び去る
精悍な鶏が群れ立つ日本画の脚に掴まれ眼に射られ
横たわる叔父の亡骸ひんやりと白菊の花耳元へ置く
産直の野菜購い秋空は群青色に白雲流す
列なしてやっとありつくかき氷盛りの大きに歓声あがる

処分して洗濯もしてこの家にあなたの匂いを消してしまった
あなたならどうするかしら…お鈴打ち香を燻らせ耳傾ける
部屋中を白檀の香で満たしおり明日はあなたの七回忌です
独り居は楽よと友に話すとき言葉の半分じぶんに言いおり

遠ざかる夜汽車のきざみ聴きながら真夜に励みし人あるを想う
冴えし月心の奥を見透かして言わず語りに気づきを導く
如何ともしがたき老の寂しさを温めてやりたき心に添いて
力量も方策もなくいらだちて我の小さきを身に沁みて知る
猫田 伸





髙畑 かづ子




鳥井 美代
定型俳句 猫の四肢伸びきつてゐる敗戦忌
捩花の天衣無縫の螺旋かな
蟻の道じつと見てゐる反抗期
忘れ潮のひとつに海鼠死んだふり
ざわわざわわ風吹きやまず沖縄忌
蛇穴に入る呼ばるるがごとまつすぐに
古ベンチひとりぼっちで秋座る
櫓より関所破りの蝶の影
友を追ふ雪駄のひびき在祭
又三郎の落とす木の実か木の実落ち
松本 重延
平 幸子
杉本 たつ子
中村 瑞枝
山本 ふさ子
吉野 民子
松永 真一
山田 眞二
松本 憲資郎
大平 悦子
自由律俳句 追い越せない道が山越えて行く秋
追伸 雨の匂い同封します
一羽来てまた一羽来る夕焼を見に
木俣 とき子
中津川 久子
岩城 悦子
川 柳 棘のある言葉ひとつが残る皿
グーの手をそっと開いて仲直り
コンビニの夜に孤独な葦揺れる
新薬の代価に変わる母の汗
竹山 惠一郎
鈴木 千代見
しおくろう
竹川 美智子

「浜松市民文芸」第60集 閲覧はこちら

※ 閲覧には、閲覧ソフトAdobe Readerが必要です。 Adobe Readerのダウンロードはこちら>

お問い合わせ先

浜松文芸館

浜松文芸館

〒430-0916 浜松市中区早馬町2番地の1 クリエート浜松4階・5階
TEL : 053-453-3933

ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks