主催事業

中国水墨画勉強会浜松支部からのお知らせ

2011/09/23

  中国水墨画勉強会浜松支部です。作品発表の時「日本酔墨会」とも言います。水墨画の技法は様々ですが、私たちは顧哲剛先生の特別な指導法としての「水の技」を重視するからです。これは墨と紙との微妙な滲みや妙味など、滲みによる表現の面白さなどを追及します。これが「酔」という字に代表されているということです。

  現在会員は23人ですが入会したての新人から、学習歴10年のベテランまで様々です。勉強会は毎月第2土曜日(午後)と第4土曜日(午前、午後)を活動日とし、月1回コースと月2回コースがあります。勉強内容ですが、身近なぶどうや竹、蘭から始め、日本や中国の古典の臨画、創作と幅広く学習します。また、墨のみではなく、顔料を使った墨彩作品など華やかな作品づくりもします。年1回の作品発表会をはじめ、全国展への出品など日々研鑽に励んでいます。

 

先生:顧 哲剛  静岡市駿河区新川2丁目1-33-1   携帯 090-9920-8195

班長:宮木 壽子 浜松市天竜区二俣町鹿島336-1    電話 053-925-4856

 

DSCF0018.JPG

DSCF0024.JPG

  • 前の記事 
  • 一覧に戻る 
PAGE TOP