自然に隠されたものづくりの宝(ヒント)を探せ! 浜松科学館 夏休み特別展 生き物から学ぼう!展 2016年7月16日(土)~2016年8月31日(水)

ハスの上の水玉ってどうしてこんなにマルいの?

ハスの上の水玉ってどうしてこんなにマルいの?

配管をスイスイうごくヘビロボット!

配管をスイスイうごくヘビロボット!

カワセミの口ばしは新幹線?

カワセミの口ばしは新幹線?

ペンギンの泳ぎ方をまねしたロボット

ペンギンの泳ぎ方をまねしたロボット

七色チョウチョは実は無色?

七色チョウチョは実は無色?

本物の革を見分けられるか!?

本物の革を見分けられるか!?

痛くない針ってどのくらい細いの?

痛くない針ってどのくらい細いの?

生き物が持つテクノロジーは宝物。体験しながら宝探ししよう!

開催概要

私たちは自然界から様々なものを学び、生活にいかしてきました。
近年、生き物が持つ仕組みを技術的に利用したり、そこから新しい技術を開発する
「ネイチャーテクノロジー」や「バイオミメティクス」が注目されています。
自然は、「ものづくり」のヒントがいっぱい詰まった宝箱なのです。
どんな生き物から、どのような技術が生み出されているのでしょう。
さぁ、みんなで新しいテクノロジーのハンティングに出かけてみましょう。 チラシを見る

CM放送中

「記念講演会」開催決定!

日時 平成28年7月24日(日) 10:00~12:30(受付9:30~)
会場 アクトシティ浜松 研修交流センター4階 401会議室
対象 中学生・高校生、専門学校生、大学生 50名(先着順)

「”ナノスーツ法”とは何か?」 ~ここまで進んできたバイオミメティクスの世界~
講師:針山孝彦氏(国立大学法人浜松医科大学 医学部 教授)

「大学生ロボットクリエイターチームはどこへ行くのか?」 ~ペンギン型水中ロボット”もるペン!”の進化~
講師:近藤那央氏(ロボットいきもの工房TRYBOTS代表)

<参加申込> E-mailかFAXに「氏名(フリガナ)、学校名・学年、電話番号、住所、E-mail」を記入し、送付してください。 【送付先】 E-mail shogaigk@city.hamamatsu.shizuoka.jp / FAX 053-457-2563 【問い合わせ先】 浜松市 市民部 生涯学習課 TEL 053-457-2413

チラシを見る

開催期間・時間

2016716日(土) 〜 831日(水)   9:30〜17:00 (最終入場 16:30)

会場・観覧料

〒430-0923 静岡県浜松市中区北寺島町256-3
TEL.053-454-0178

大人 : 600円(税込) / 高校生以下 : 300円(税込) / 3歳以下無料
※常設展示とプラネタリウムは別料金です。
※前売り券の販売はございません。
 当日チケット売り場にてご購入ください。

夏休みの自由研究、思い出作りに…「生き物からの学び」を体験しよう! 展示内容を一部紹介!

主催 : 浜松市(公財)浜松市文化振興財団   /   共催 : テレビ静岡、中日新聞東海本社   /   企画 : 株式会社リバネス
後援 : 静岡県教育委員会浜松市教育委員会

TOP