施設案内

「木下惠介記念館」は、浜松市指定有形文化財 「旧浜松銀行協会」の中に置かれています。建造は1930年(昭和5)。大切に保存され、当時の面影をそのまま残しています。
木下惠介記念館 > 施設案内
木下惠介記念館外観写真
旧浜松銀行協会 木下惠介記念館
住所 〒432-8025
静岡県浜松市中区栄町
3番地の1
電話 053-457-3450
FAX 053-457-3450
Eメール kinoshitakan@hcf.or.jp
開館時間 午前9時〜午後5時
休館日 月曜日、祝日の翌日、年末年始
観覧料 木下惠介記念館 100円
(70歳以上、障害者手帳をお持ちの方、高校生
以下は無料、上映会は要)
上映会 入館料 100円
2階アートホール
毎月1回、木下監督49全作品のうち1作品を上映。
(日程・時間・上映作品については事務所にお問い合わせ下さい)

木下記念館/館内マップ

※障害者用のトイレは1階にございます
※ギャラリー、アートホールは一般の方への貸し出しも可能です。料金、 利用時間については事務所へお問い合わせ下さい。

アクセスマップ

※駐車スペースはございませんので、ご来場の際は公共機関をご利用いただくか、最寄りの有料駐車場をご利用ください。

最寄り駅からのアクセス
JR東海道新幹線
東海道本線
浜松駅」下車
やじるし 浜松駅北口
浜松駅バスターミナル
3番のりばからのバスはすべて「木下惠介記念館」に向います。

所要時間は約7分
やじるし 鴨江アートセンター」バス停前
お問い合わせ

上映会、ビデオ閲覧(有料)、ギャラリー・アートホールのご利用の詳細についてや、その他質問等は、下記電話番号、またはメールアドレスまで、お気軽にお問い合わせください。

電話053-457-3450
ページ上部へ戻る

木下惠介記念館 > 施設案内


旧浜松銀行協会の設計者
中村與資平(なかむらよしへい)1880-1963

1880年、長上郡天王村(現浜松市天王町)で誕生。浜松高等小(現元城小)、浜松中学(現浜松北高)、第三高等学校(現京都大学)を経て、東京帝国大学建築科を卒業。東京駅設計で名高い辰野金吾に師事し、1912年、京城に中村建設事務所を開設。1922年、東京に中村工務所を開設。静岡県内でも銀行建築、公共建築を多く手がけた。

浜松市指定有形文化財/旧浜松銀行協会
旧浜松銀行協会内部イメージ

この建物は、1930年に「浜松銀行協会集会所」として建てられました。手形交換、会議の場、銀行家の交流を目的とされました。1945年の浜松大空襲に焼け残り、1998年に国の登録有形文化財となった後、2004年に協会の役目を終え、浜松市に譲渡されました。そして、2009年に浜松指定有形文化財に指定されました。

中村與資平リンク集

■Wikipedia:中村與資平

■中村與資平記念館別館
(Yahooブログ)

■浜松まちづくりセンター
旧浜松銀行協会特集

■国立情報学研究所
論文情報ナビゲータ [サイニィ]:
中村與資平