浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

けん玉女子

春休みに入って、日に日に小学生の姿が多くなってきています。そんな中先日、職員と一緒にけん玉で遊んでいる小学生4人組がいました。

30分くらいでしょうか、職員を中心に丸くなってワイワイいいながら。でも真剣に。けん玉でつなげっているのがとても楽しそうな雰囲気でした。

こういう昔からある遊びって、男女も年齢も関係なくできるし、一人でもたくさんでも遊べる魔法のような遊びだなって今日の4人組をみて改めて感じました。

この4人組が素敵だなと感じたことがもう一つ。遊び終わったあと、4人揃って職員に「教えてくれてありがとうございました。」と挨拶にきたことです。清々しい4人組でした。

DSC05826.JPGDSC05827.JPG



DSC05835.JPG

  • 2017/03/23

「裂く・結ぶ」スタート!

春休み特別プログラム「裂く・結ぶ」が3月18日からスタートしました。

情報コーナーは様々な色の布がたくさん結ばれ、布と布がつながり、日々オブジェが成長しています。

布を裂く時の音に耳を傾け「布によって違う音がする!」「バリバリ言うよ」と嬉しそうに大発見をお家の人に教えている子、オブジェの中心に入ってゆっくりとその空間を味わうおじいちゃんもいました。

お友達とあるいはお家の人と楽しく「裂く・結ぶ」に参加しませんか。 by O

DSC05856.JPGDSC05858.JPGDSC05857.JPGDSC05866.JPG

  • 2017/03/20

ドラムで輪になろう

35日(日)今年度最後の「ドラムで輪になろう」がこども館ホールで行われました。

今回はこども館で眠っていたドラムも登場!30個のドラムがホールいっぱいに並びました。

ホールに集まったのは子どもから大人まで様々な人たち....

好きなドラムを選んでたたき始めます。

講師の金田さんの動きに合わせてバラバラだったリズムが徐々にひとつに....

参加者の顔は真剣だったりほほえみだったり....

ドラムの振動が皆に伝わってホール全体がいつのまにかひとつになっていました。

"とっても楽しかったー!"

次回はちょっと先になりますが57日(日)です。

ぜひドラムをたたきに来てくださいね!

DSC05756.JPG

  • 2017/03/06

あまのさんの和食のきほん

肴町の旬の料理「あまの」の天野宗彦さんによる『あまのさんの和食のきほん』を開催します!!
身近にある旬の素材をひと工夫、ひと手間かけることで和食はもっと美味しくなります。そんなちょっとしたコツを実際に調理しながら味わいながら体験することができます。

今回のテーマは「煮て、焼いて、炒めて、むすぶ!」講師天野氏の楽しくて、とても役立つお話し満載です。先着16名、お早めにお電話でお申し込みください。詳細は以下の通りです。


日時:2月19日()11:00~13:00

対象:小学3年生~中学3年生

講師:肴町 「旬の料理 あまの」天野宗彦氏

参加費:500円

メニュー(予定)

・白菜のミルフィーユ

・れんこんのきんぴら

・玉子焼き

・2種類の塩むすび

・おしるこ

みなさんの参加をお待ちしています  by「あまのさんの和食のきほん」スタッフ

DSC05636.JPGDSC05669.JPGDSC05677.JPG

  • 2017/02/07

オーケストラを奏でよう

25日(日)にこども館のホールで、ジュニアオーケストラ浜松の皆さんのコンサートが行われました。

日曜日とあって、家族みんなで楽しむ姿が多くみられました。

ホルンとパーカッションの演奏に手をたたいたり、からだをゆらしたり想像とはちがう音の大きさにびっくりしたり・・・。

それぞれが自分の世界で音楽を楽しんでいました。

後半には楽器とふれ合う体験もあり、子どもたちの顔はキラキラと輝いていました。 by

DSC05583.JPGDSC05588.JPGDSC05600.JPGDSC05613.JPG

  • 2017/02/06

トロンボーンとふれ合おう

29()は浜松交響楽団のトロンボーンアンサンブルによる、コンサートがありました。ホールからトロンボーンの音色が聴こえてきました。

 ホールの中ではトロンボーンの不思議な音色に大人もこどもも少しずつひきつけられていきました。お父さんやお母さんは熱心に聴き、こどもは音の波やトロンボーンの動きに体をゆらしたり、笑ったり、動きをまねしたり。曲の間には少しずつトロンボーンの話をしてくれました。あっという間の30分間のコンサートでした。

そのあとはお楽しみのふれあいタイム!実際にトロンボーンに触りました。(金属のトロンボーンは約4キロ!重たいのでプラスチック製のもので体験しました)曲と話、きけばきくほどどんどん興味がわいてきたのか、ふれあいタイムは大盛況でした。

体験した男の子は、からだより大きなトロンボーンを肩に担ぎ、顔を赤くしながら何度も何度も音を出していました。思わず「この子が吹いているの?!」と思ってしまうような力強い音が聴こえました。お母さんに「(吹き方を)教えてあげようか?」と言っている誇らしげな顔も印象的でした。

その場にいた全員がトロンボーンに惹きこまれたすてきな時間でした。byやま

IMG_5264.JPGIMG_5265.JPGIMG_5267.JPGIMG_5287.JPG

  • 2017/01/30

真剣に「ラクガキ」

12月27日(火) 「ガラスにラクガキ」にて by S

DSC05273.JPG

  • 2016/12/28

遊びスイッチON!

17日(土)から冬の特別プログラム「ラクガキコドモカン」が始まっています。

今日はまだ冬休み前ということもあり、03歳くらいの子どもたちがゆったり、のんびりとラクガキをしていました。

ワークショップでは野菜を作ったりする時に使う透明のシートにえのぐでラクガキをしています。

そんなゆったりした雰囲気の中、子どもの様子を観ていたお母さんから

「いつもはあきっぽいけど、こんなに長く集中してやっているのは初めて」

との声が聞かれました。時間をみると30分以上ラクガキをしていたそうです。

子どものスイッチがパチッと入る何かがあるのかなと感じるシーンでした。

この冬休み、ラクガキで子どもたちの遊びスイッチがONになる姿をたくさん見たいと思います。 by S

ブログ用.jpg

  • 2016/12/19

響け歌声ジュニアクワイア♪

今日は、ジュニアクワイア浜松のみなさんによるコンサートが行われました。163人の観客の方が来てくださいました。ありがとうございました。

「ジュニアクワイア浜松」とは、浜松市が主催している合唱団です。小学3年生から高校2年生の約90人が在団し、年29月と3月に定例演奏会を開催しています。姉妹団体のジュニアオーケストラ浜松と共に浜松市ならではの事業も行っています。

本日のコンサートの中では澄んだハーモニーで観客の心をとらえ、その歌声に大人も子どももじっくりと聴き入っていました。そしてさらに印象に残ったことが、高校生と小学生の温かなかかわりで、高校生がやさしく小学生をリードしていました。人と人とのかかわりを大切にしているこども館の思いと共感できるところがあり、とてもうれしい気持ちになりました。ジュニアクワイア浜松の絆が、観客のみなさんにも伝わったのではないでしょうか。次回のコンサートがまた楽しみです。byくろ

IMG_4851.JPGIMG_4862.JPG

  • 2016/12/04

自分の力で遊ぶ。だから面白い!

 今日のこども館は、平日にもかかわらず午前中から小学生の姿が見られました。行事の振替でお休みの学校があったようです。

 館内を巡視していると、ホール前で楽しそうに遊んでいる小学生たちを見つけました。フラフープを床に並べ、何やら相談しています。「ケンケンパにしてみる?」「パをやめてケンケンだけにしたらどうかな」あれこれ話しながら、フラフープの位置を移動させては実際に跳んで試しています。そのうちに、「ぽっくり」が登場しました。それを使いながらケンケンパの遊びにつなげ始めたのです。その様子がなんとも楽しそうで、つい足を止めてしまいました。

 「自分の力で遊ぶ。だから楽しい!」これが本来の子どもの姿なのだと嬉しく思ったひと時でした。 by館長

DSC04668.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像DSC04672.JPGDSC04673.JPGDSC04674.JPG

  • 2016/11/21

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE