浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

わくわくスタジオ~積む~

 4月、5月、6月のわくわくスタジオは「積む」をテーマに遊んでいます。

 特別なものではなく、ごくごく身近にあるもの(牛乳パックやお菓子の空き箱、カップなど)をひたすら積んで遊んでいます。子どもも大人も。

   
   

 

 単純なことなのに、それぞれの「積む」が毎回いろいろ観られます。シンプルだから、いいのかな~。できそうで、なかなかできない空間。持てそうで、なかなか持てない時間。そんなことがワークショップでは体験できそうです。

 

 それにしても、「積む」っていうことが人は好きなんだな~って思います。高く、高くなっていくその姿や、バランスをとったりする快感、形、変わっていく景色・・・。魅力的ですよね。スカイツリーもその延長なのかな~?

  • 2011/05/29

2歳、3歳、4歳、

館内が賑わっている中、ささやかながら、お誕生日のお祝いをしました。

えみりちゃん、4歳!さあ、みんなでハッピーバースデーの歌をうたおうとした時、おばあちゃんが、ジャーンと、こども館で作った、2歳と3歳の時のバースデーカードを出してくれました。

驚いたのと同時に感動しました。大事にしていてくれて嬉しいな~という気持ちと、ちゃんと大きくなっているんだよねという気持ちと。

 

 2歳、3歳、4歳のカードです。手形もちょっとづつ、大きくなっています。う~ん、いいな~。

 

   えみりちゃん、おめでとう!そして、ありがとう。

  • 2011/05/29

今年、こども館は10周年を迎えます!

浜松こども館は、今年の11月22日で、開館10周年を迎えます。

そのテーマは、

 

 
 

 

利用者のみなさん、ボランティアのみなさん、市民のみなさんとともに、じっくり、ゆったり、楽しんでいけたらと思っています。

  • 2011/05/17

平成23年度一般ボランティア募集

平成23年度の一般ボランティアを募集します。

浜松こども館は、

○子どもたちの遊びたい気持ちを応援する場所です。

○大人が安心して子どもたちを見守り、声をかけながら成長を楽しみにする場所です。

○赤ちゃんからお年寄りまで、様々な人たちが集い遊ぶ場所です。

遊ぶことが好きな方、何か役に立ちたい!と思っている方、大歓迎です。

 

1 対象     18歳以上の学生・社会人(高校生は除く)

 

2 活動内容   各プログラムの補助・託児補助・装飾のための裁縫・折り紙・絵本の読み語り・庭園の手   入れ

 

3 活動日    各々の都合に合わせて活動していただきます。

 

4 申し込み     電話、または直接こども館にて受け付けます。

          5月31日(火)締め切り

         電話 : (053)450-9111

 

5 説明会    日時 : 6月13日(月)~6月19日(日)の中から選択した1日

          ※ 申し込みの時に、希望の日をお知らせください。

               午前10:15~12:00

         内容 : 浜松こども館の概要・ボランティア活動の内容・交流 他

 

6 その他   説明会、及びグループ別研修会の後、本登録となります。

         グループ別研修会の詳細については、説明会の際にお知らせいたします。

 

 ボランティア活動の一例をご紹介します。

 
 

 新聞紙を使って、子どもと一緒に折り紙をするボランティアさんです。

この時は、自分だけでドンドンやりたがる男の子に、とても根気よく、さり気ない優しさで、作り方をアドバイスしていました。

男の子は自分で作ったカブトを、自慢げに被って帰りました。

 

 

 職員が行うプログラムの補助活動をするボランティアさんです。

これは、おやつ工房で行う「パンのじかん」でのひとコマです。

手や口を出し過ぎず、程よい距離での「関わり」や「見守り」がとても助かります。

 

 庭園の草花の手入れをするボランティアさんです。

先日のブログでも紹介しましたが、「はなはな」と最近命名したボランティア活動です。

外の空気や土の匂いや草花の活力を感じながらの活動を、楽しんでやってくださるので、とても有り難いです。

 

 

 

 映画や話題になったTV番組の主題曲、アニメソング、童謡や子守唄など、様々なジャンルの曲を生で演奏してくださるボランティアさんです。

浜松こども館の「音環境」を、とても楽しく明るいものにしてくださいます。

時々、子どもたちの耳に馴染んだ曲が流れると、そこに居合わせた子どもたち皆で大合唱になることもあるんですよ。

  • 2011/05/04
一覧ページに戻る