浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

9月23日(日) 3時からは「うたダン!」

うたダンポスター.JPG

こども館常連の1年生の女の子が『うたダン』というタイトルをつけて、ポスターも作ってくれました。

ありがとうね。

 

今週の23日(日)の午後3時くらいから、6階のホールで『うたダンひろば』があります。

えーっ、そんなのカレンダーに載ってなかったよと思うでしょうが、やります。カレンダーに載っているのはあらかじめ時間の設定が必要だったり、事前に準備やお願いすることが必要だったりするプログラムが中心に載っています。でも、こども館はプログラム以外の時も普通に遊ぶことができるし、その時、その時の気分や雰囲気でこんなことしよっか、ということもたくさんあります。ドッチビーもそうだし、おりがみや皿まわし、けん玉なんかはプログラムにはないけどやっています。その方が本来の遊びだけど。

 

というわけで、そんなノリで、23日に『うたダンひろば』があります。演奏が得意なボランティアさんの周りで、みんなが知っている歌を歌ったり、ダンス?したり、う~ん、つまりみんなでワイワイやりましょう!という時間です。こうしましょう、ああしましょう、ということはありません。その時に集まった人たちが気持ちのいいようにやっていきます。とってもゆるやかです。

今、こんな曲がいいな~と候補のあがっているのは

「かえるのうた」「にじ」「ぜったいもっと好きになる」「風になりたい」「上を向いて歩こう」「世界にひとつだけの花」などです。

1人より2人、2人より3人・・・そこに集まった人たちと一緒に歌うときっと気持ちいいだろうな。と思っています。

お待ちしています!

  • 2012/09/21

ぴっぴの取材体験記 『ぬいぬい』

今回は、こども館を裏側から支えてくださっているボランティアの方々を紹介します。

 

みなさんは、ままごとコーナーにある布のおもちゃで子どもたちと遊んだことがありますか? 先日息子たちと遊びに行った際、「これは誰が作っているのだろう?買ったものかな?」と気になっていました。聞けば、こども館のボランティアさんたちの心のこもった手作りだとか。毎週火曜日の午後に、『ぬいぬい』というグループの皆さんが作っているとのことです。

 

裁縫が好きな人、得意な人が集まって、ままごとコーナーなどにある遊び道具を作っています。こども館にあるほとんどの布おもちゃは『ぬいぬい』のお手製。その他にも、館内の掲示物の作成、ソファーの修繕なども担当しています。メンバーは40代~80代で現在12名。なかには、こども館の開館当初から11年間続けている方もいるそうです。

 

こども館ができた当初、布製のおもちゃはありませんでした。「布の温かみが伝わるおもちゃを作ろう」という当時の館長さんの一声で、足踏みミシンを自宅から運び、材料も全て持ち寄って作り始めたのがきっかけです。

 

 

作業室を訪ねてみました。

お邪魔して驚いたのは、皆さんの生き生きとした表情。楽しくおしゃべりをしながらも、縫いものの手は止まりません。みなさんそれぞれに得意分野があり、布からイメージしたり、型紙起こしから始めたり、思い思いに作品を作っているそうです。

 

気を付けなければいけないのが、針。

万が一、作品に針が残っていたら危険なので、針箱の中に徹底して戻しています。

 

たくさんの子どもたちが遊びに来る夏休みや冬休みの後には、汚れがひどいものや布がすり減って中の綿が飛び出てしまったものが出てきます。

 

汚れのひどいものはお洗濯。破れたものはひとつひとつ布を張り替えて綿をきれいにし、再び子どもたちが楽しく遊べるように直してくれます。毛が抜けてしまったパペット人形を、目立たないように同色の毛糸で毛並みを作っているのには驚きました

 

さて、この日は新しいおもちゃが仲間入りする日。

かわいいケーキたちが机の上に並んでいました。1種類につき5個作り、だいたい1日でできてしまうとのこと。お裁縫の苦手な私は感激しました。できあがったケーキは、クリームの立体感が出ていたり、フルーツのつぶつぶ感が表現されていたり、本物と間違えそうなぐらいおいしそうでした。明日の朝、一番に来た子はラッキーですね! 「新しいおもちゃを見て、子どもたちがどんな反応をするのか楽しみ…」とみなさん笑顔でした。

毎週、閉館時間際におままごとコーナーを片付けながら、おもちゃのチェックをしているそうです。

すり減ったものや、汚れたものを間引いて、新しいものと入れ替え、ケーキ屋さんだったら、お皿もいるよね、フォークもあったほうがいいんじゃない?皆さん楽しそうにアイデアを出し合っていました。

 

本当に前向きで、明るく、元気で、エネルギッシュな方々です。この活動のいいところは?と聞くと、「幅広い年齢の方々が集まっているので、お互いにいい刺激を受けています」「ワイワイ世間話をしながら作業するので、リフレッシュにもなります」「自分たちが楽しく作った作品で、子どもたちが遊んでくれるのがとてもうれしい」と笑顔で教えてくれました。

 

こども館を陰から支える『ぬいぬい』のみなさん。

普段は表に出ないけれど、こども館を訪れる子どもたちのために一生懸命頑張ってくださっています。心のこもった作品に触れて、のびのび遊べる子どもたちは幸せですね。

これからも、素敵な作品をたくさん作っていただきたいです。

 

9月4日 ぬいぬい①.jpg 9月4日 ぬいぬい②.jpg
9月4日 ぬいぬい④.jpg 9月4日 ぬいぬい⑦.jpg
9月4日 ぬいぬい⑤.jpg 9月4日 ぬいぬい⑥.jpg
9月4日 ぬいぬい⑨.jpg 9月4日 ぬいぬい⑩.jpg

 

  • 2012/09/19

今日、ドッヂビーやる?

今日もいい天気です。こども館は昨日より賑わっています。午前中にはボランティアさんによる読み語り、そして、「パンづくり」「土ねんど」をはじめ、館内のあちこちでいろいろな人たちが交って遊んでいます。

午前中から常連の子たちがちょこちょこ遊びに来ていて、

「今日、ドッヂビーやる?」

と何回か声を掛けられました。

午後、いつものボランティアが活動に来て、いつものようにドッヂビーを使ったドッヂボールのルールの試合が始まりました。

今ではいつもの風景ですが、ここに至るまではいろいろありました。これからもいろいろあると思います。でも大事にしたいことは、なるべく大人の関わりを薄くすること。

今日の様子を観ていても、ちょっと上のお兄ちゃんたちの言うことはなんだかんだ言っても聞いているんですよね。

ボランティアさん、これからも頼むね。みんなのおかげです。みんなの力です。

9月9日ドッチ.JPG 9月9日ドッチ②.JPG
9月9日ドッチ③.JPG 9月9日ドッチ④.JPG
9月9日ドッチ⑤.JPG  

 

 

 

 

  • 2012/09/09

インターンシップ

今日は土曜日。雨が降ると思ったのですが、今のところ晴れています。8月にボランティアの説明会を受けた中学生、高校生ボランティアが実地研修で活動に来てくれていて、フロアーは活気があります。

さて夏休みの話になりますが、今年も、こども館には4つの大学から5人の学生がインターンシップとして職員とともに活動をしました。インターンシップは毎年受け入れていますが、5人というのは近年では最も多い人数でした。それだけに、こども館のあらゆる場所で職員と同じように活動をしてくれて、毎日が土日のような8月はとても頼りになりました。

インターンシップは当然参加する学生さんにそれぞれの目的があって活動するわけですが、受け入れる自分たちもとっても勉強になる期間でもあります。

「こども館とはどういう施設なのか」

「職員として大事なことは」

「子どもや親とかかわる時に意識することは」

など活動に必要なことを自分なりの言葉で説明したり、教えたりします。普段は当たり前のようにやっていることでも、こうやって伝えたり、言葉にすると改めてこども館のことや職員としての心構えを意識する機会となり、身が引き締まります。

さらに、学生の動きを観ることは自分たちの動きやかかわりを振り返る機会にもなるし、鏡にもなります。

表情や言葉掛け、関わりが上手な場面はとっても参考になりますし、もうちょっとこうなるといいのにと思う場面では、もしかしたら自分がそうなっているかもしれないし、どんなアドバイスをすればよいのか考える機会になります。

さ~て、今年のインターンシップの活動はどうだったでしょうか?それはそのまま今の自分たちの関わりそのものかもしれないな~と感じています。

最後に一つ。インターンシップの皆さん、これだけどっぷりたくさんの子どもや親とかかわる機会は今後もそうないと思います。だからこそ、大事にしておいてください。

坪井さん、桑野さん、鶴見さん、高林さん、曽我部さん、お疲れ様でした。

また遊びに来てください。

 

坪井.JPG 坪井②.JPG
鶴見.JPG 鶴見②.JPG
曽我部.JPG 曽我部②.JPG
桑野.JPG  
高林.JPG 高林②.JPG

 

  • 2012/09/08

新しいねんど登場!

あっという間に9月も6日が過ぎました。こども館も徐々に通常の状態に戻っています。

そんな中、今日は、これからの「土ねんで遊ぼう」や「移動こども館~ねんどがドーン~」などで使う土ねんどに新しいねんどを練って加えました。

こども館で使っているねんどは愛知県瀬戸市から取り寄せたねんどで、彫刻用と陶芸用をミックスして練って使用しています。

久々に新しいねんどを練って触れましたが、艶といい、ふんわり感といい活きがいい状態でした。

実際に使うのは今週からだと思います。遊びに来たみなさんは、新しいねんどがわかるかな~?

もしわかったら職員にさりげなく教えてくださいね。

9月5日ねんど.JPG 9月5日ねんど②.JPG
9月5日ねんど③.JPG 9月5日ねんど④.JPG
   
   

 

  • 2012/09/06
一覧ページに戻る