浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

11月3日(土)は「かつお節」を削ってみよう!

 

だし広報.JPG

11月3日(土)にこども館では『伝えたいだしの味』というプログラムをおやつ工房で開催します。

「かつお節」や「昆布」「煮干し」など、昔からあるだしの素材を自分の目でみて、触って、匂いをかいで、実際にだしをとってみる、という内容です。ある意味、ちょっと贅沢な時間かも!対象は小学生です。小学生くらいの時に、こういう味を感じると、一生残るらしいですよ。

事前予約なので、参加希望の方はドシドシお電話ください。

日時:11月3日(土) 11時~12時

対象:小学1~6年生

参加費:200円

定員:16名(先着順)

持ち物:エプロン・三角巾・手拭きタオル

講師:三浦京子

申し込み:浜松こども館 電話 053-450-9111

 

  • 2012/10/30

う~ん、すごい!「土ねんどで遊ぼう」

日曜日(21日)の「土ねんどで遊ぼう」での風景です。

10月21日 ねんど.JPG 10月21日 ねんど②.JPG
10月21日 ねんど③.JPG 10月21日 ねんど④.JPG
10月21日 ねんど⑤.JPG 10月21日 ねんど⑥.JPG

どうでしょう?正直、「う~ん、すごいな!」と感じました。

出来上がった状態を観てこう感じるってことは、これを創っているときを想像すると・・・

こんな時間を過ごしたことはとっても羨ましいと同時に、こども館のワークショップで生まれたことも嬉しいです。ありがとう。

みなさんはどの風景が好きですか?

  • 2012/10/22

また家でもつくってみたいです!~スナックパスタ作り~

ショートパスタで油を使わないヘルシーなカリカリスナックを作りました。カリカリのポイントはレンジとパスタの並べ方です。先月はカレー粉を使ってカレー味。今月は粉チーズを使ってチーズ味です。こどもたちの表現の豊かさはおやつ作りでもたくさん感じます。沸騰する音には「雨の音がする!」レンジをかけた時には「ぱちぱち、カリカリいってる!」「かみなりの音みたい!」。パスタを茹でると「炊きたてのごはんのにおいがする!」「うどんのにおいだ!」など、目で耳で鼻で感じたままを教えてくれます。

そして、今日は新たにおもしろい発見がありました。ひとりの子が長くつながったパスタを見て「こんなにくっついてておもしろ~い。」「本当!カチューシャみたい。」という会話を聞いて、それぞれ自分のパスタに注目して「見て!ぼくのは階段!!」「きょうりゅうだあ!」と、偶然できた形を楽しみ始めました。味も「おいし~い!」に一安心。自分で作ったこと、楽しく作ったこともおいしさのスパイスになったのでしょうね。

横でドキドキしながら見ていたお母さんからは「とてもよい機会をあたえていただきありがとうございます。またお家でもつくってみたいです。」という嬉しいコメントをいただきました。

スナックパスタは明日も行います。明日もどんな出会いや発見があるか楽しみです。偶然できる形にも触れてみたいと思います。

 

10月20日パスタ.JPG 10月20日パスタ②.JPG
   
10月20日パスタ③.JPG 10月20日パスタ④.JPG
   
10月20日パスタ⑤.JPG 10月20日パスタ⑥.JPG
   

 

  • 2012/10/20

雄踏中と曳馬中の職場体験

今週16日~18日に雄踏中の生徒さんが、18日、19日は曳馬中の生徒さんが職場体験に来ました。

いろいろな選択肢のある中でこども館を選んでくれたことはとっても嬉しいと感じながら、どうやったら「職場」を体験することができるか、いつも考えながら受け入れをしています。

日々いろいろな人たちが遊びにきたり、フラッときたり、癒されにきたりするわけなので、こうすればこうなるというマニュアルみたいなものはないわけです。

そういう日々をちょっとずつ積み上げていくことで、様子がわかってきたり、みえてきたり、言葉が出てきたり、動けたりしてくるんだと思います。

その土台となるのはやはり「自分も楽しい」と感じることなので、中学生にはまずはその辺を感じてもらえたらと思っています。

雄踏中と曳馬中にみなさん、お疲れ様でした。また遊びにきてください。来月は4校が職場体験に来る予定です。

10月17日曳馬②.JPG 10月17日 雄踏.JPG 10月17日 雄踏・曳馬.JPG
10月16日雄踏.JPG 10月16日雄踏②.JPG 10月16日雄踏③.JPG
10月17日 曳馬.JPG 10月17日 雄踏・曳馬②.JPG 10月17日 雄踏・曳馬③.JPG

 

  • 2012/10/20

第2回運営委員会開催!

昨日は今年度、第2回目の運営委員会がありました。

今年度はとにかく運営委員会として何か動いてみよう、ということを目標にみなさんで話し合っていただいています。

もちろんこども館の運営委員ですので、こども館を抜きにしてということはできませんが、せっかく地域の様々な立場の方々が集まってくださっているので、それぞれができることを持ち寄ったり、手を組んだりすれば、地域の子どもたちや地域の人たちが元気になる何かが生まれるんじゃないかと思っています。こども館も地域の遊び場なので、地域の力を加えれば、きっと、こども館も元気になる、はずです。

そんなことを夢みながら、それぞれの委員の方々がにこんなことができるんじゃないか、こういう可能性があるよ、ということを本当に真剣に、熱心に話し合ってくださる姿には頭が下がるばかりです。

これからも、こういう地域の方々とともにこども館を創っていきたいと思います。

第3回は2月です。

運営委員会10月17日.JPG 運営委員会10月17日②.JPG

 

  • 2012/10/18

明日の午前中は「ねんど遊び」ができます!

明日、18日(木)の午前中は予定ではプログラムはないですが、急きょ、ワークショップで「土ねんど遊び」をやります。 

中学生のお兄さんやお姉さんもいますよ。

是非遊びにおこしください。お待ちしています!

10月18日ねんどお知らせ.JPG

 

  • 2012/10/17

『サンカクくみくみ』 ぴっぴの取材体験記

家族でこども館に遊びに行き、「サンカクくみくみ」というワークショップに参加しました。
サンカクくみくみは、三角に切られた折り紙や画用紙、段ボールなどを台紙の上に並べたり、形を作ったり、ひらひら落としたりして遊ぶものです。
3歳の息子は最近、紙を切ったり貼ったりするのに興味が出てきたところなので、どういう反応を示すのか楽しみです。


椅子に座り、まずは紙を並べている様子。いろいろな色があるので「あか、あお、きいろ~」と言いながら好きなように並べています。
「何を作っているの?」と聞いてみると、「これはカタツムリだよ」と教えてくれました。私から見ると全然カタツムリではなかったのですが(笑)、息子は楽しそうに「これはこーであーで」と説明してくれました。1個作り終わると、違う台紙にまた紙を並べ始めました。あっという間に完成させます。ひとつのことを集中してできるようになったなと成長も感じられました。
1歳の娘はまだ楽しみ方が分からない様子。三角の紙をぐちゃぐちゃにしています。そのうちに、紙をひらひらと落とし始めました。だんだんと紙が重なっていくのが楽しいみたいです。家でもよく、新聞紙や広告を細かく切ったものをパラパラ落として楽しんでいたので、その延長のようです。今度は家でも折り紙でやってみようと思いました。折り紙ならいろいろな色があってきれいですよね。


子どもたちが楽しんでいる一方、大人も真剣に作っています。
パパが作ったのは、お日さま、お花、ハチ、クモです。なかなか上手にできた様子。私は海。島があって、水遊びをしている子どもを作りました。
三角の紙を組み合わせるのって、なかなか難しいです。丸を作ろうとしても、上手にまるくならないし、大きさもさまざまなので形を作るのに苦労しました。子どもそっちのけで夢中になっていました。大人の方がハマってしまうかも!?
担当の方が教えてくれたのですが、大人が作る場合、「これを作ろう」と意気込んで作ってしまうのですが、子どもの場合は、ぐちゃぐちゃやっているうちにいろいろできてくるので、見ていてとてもおもしろいそうです。


サンカクくみくみでは紙をのりづけしません。作品を作るというよりも、過程を楽しむことを大事にしているそうです。「○○を作ろう」と思って始めても、いつの間にか違う形になっていったりするので、いろいろな発見をしてもらいたいとのこと。絵を描くのがちょっと苦手だなという子も大丈夫。上手・下手は関係ありません。自由に紙を組み合わせて楽しんで作ってほしいそうです。


部屋の壁や窓には、以前に参加した方の作品が貼ってありました。人の顔、動物、乗り物、花火、物語などさまざまです。見ているだけでもおもしろいです。ただの三角の紙で、いろんな表現ができるんだなぁと感心してしまいます。その中で私が気に入ったものは、中学生のボランティアの子が作った「関ジャニ∞」。何を作るのかずっと悩んだ末にできたものだそうです。その光景を思い浮かべると、何だかニコニコしてしまいました。みなさんもお気に入りを見つけてみてください。


ひととおり終わった後、他の参加者のみなさんの作品を見せてもらいました。
隣のパパさんは、さるかに合戦の一コマを作っていました。さるもかにもうまく表現されていて、すごーい!
年長さんの男の子は戦隊を作っているのだと教えてくれました。「これは○○戦隊で、こうすると○○戦隊に変身するの!」と一生懸命説明してくれました。


体を動かすだけでなく、今回のように“考えて表現する企画”も用意されているこども館。家での遊びの参考にもなります。わが子たちが想像以上に夢中になってやっていたので、こういう遊びも好きなのだなと気づきました。こども館初体験のパパも、子どもたちと一緒に楽しんでいました。なかなか子どもたちと工作をすることはないし、一生懸命制作する子どもの様子を見られてうれしそうでした。「ここなら、ママがいなくても子どもたちと来れそうだな」と言っていました。

家に帰ってからも三角のものを見つけたり、リモコンを組み合わせて三角を作ったりと、三角にハマっていた息子。ハサミがまだうまく使えないので、その練習もかねて紙を切って、いろんなものを作ってみようと思いました。楽しく過ごせた1日でした。

 

サンカク②.JPG  サンカク③.JPG  サンカク④.JPG
サンカク⑤.JPG サンカク⑥.JPG サンカク⑦.JPG
サンカク⑧.JPG サンカク⑨.JPG サンカク⑩.JPG
サンカク⑪.JPG サンカク⑫.JPG サンカク⑬.JPG
     

 

  • 2012/10/14

平日の午後・・・おりがみ

乳幼児のいるご家庭では平日の午後はどうのように過ごしているのでしょうか? 

 

こども館では、午前中は年齢に応じた様々なプログラムを日替わりで実施しています。

そして午後は・・・プログラムはなく、それぞれのペースで、それぞれの時間をゆったり過ごしていただいています。

 

今日は、そんな午後の時間のひととき、おりがみの得意なボランティアさんたちが、3枚ゴマ作りを子どもたちと一緒にしてくれました。

このゆるやかな時間が自分は好きです。

10月9日(おりがみ).JPG

 

  • 2012/10/09
一覧ページに戻る

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE