浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

おにぎり作り

 23日は、1,500人を超える入館者でした。ありがとうございます。

 そんな中、おやつ工房では「おにぎり作り」がありました。まずは、8合2台でスタート。12時頃にはご飯がなくなってしまったため、5合を追加で炊いて、午後1時過ぎには終了しました。炊けるまでに30分程かかる間も、何回かのぞきながら待っていてくれた子どもたちも。

 こちらに引越してきたばかりという家族が2組いて、どちらも「さくらごはん」にびっくりしていました。「さくらのはな」が入っているかなと思っていたようで・・・。何事も経験ですね。「おいしい!」と喜んでくれました。

  さらに今日は、中学生ボランティアが2人入ってくれました。丁寧に、子どもたちの目線に合わせながら、とてもいい関わりをしてくれました。

 下の写真はお母さんと一緒に参加してくれた男の子です。お母さんと中学生ボランティアに優しく教えてもらいながら、頑張って1人で5個も作りました。片付けまでしっかりできていましたね。

 

 今日は全部で72個のおにぎりが生まれました。

 さくらご飯のおにぎりの美味しさが伝わってくれれば・・・嬉しいです。

  次回のおにぎり作りは・・・

 冬の特別プログラム「あのワクワクをもう一度!」のプログラムの中で開催します。

【帰ってきたよ!しおむすび】 

12月22日(土)~25日(火)・1月4日(金)~6日(日) 11時~13時 1回 50円

お楽しみに!!!

 

 

11月23日 おにぎり.JPG 11月23日 おにぎり②.JPG
11月23日 おにぎり③.JPG 11月23日 おにぎり④.JPG

 

  • 2012/11/25

身体も心もぽっかぽか~「羊たちと親子で体づくり」~

 隔月で開催している「羊たちと親子で体づくり」は、2~3歳児とお父さん、お母さんを対象とした親子でのふれあいあそびです。

 講師は、(有)きのいい羊達の磯ヶ谷先生と浜松大学のお兄さん・お姉さんで、1時間たっぷり楽しく体を動かして遊んでいます。

 今回は、磯ヶ谷先生と5人の大学生の他に、職場体験に来ている3人の中学生のお姉さんも加わり、とても賑やかに行われました。

 10時半の開始時間前から、6階ホール内にはトンネルやマットが広がり、まずは、サーキット遊びが始まりました。

 サーキット遊びの次は、体操、かけっこ、ボールあそび、お母さんが抱っこして高い高いに飛行機遊び・・・次から次へと遊びが続きます。

 こども館にある遊具をたっぷり使っての活動で、「こんな遊び方もあるんだ!」と、こちらも参考になりました。

 職場体験の中学生は、初めは緊張していましたが、先生の声掛けもあって、徐々に溶け込み、一緒に走ったり、子ども達を抱っこしたりと楽しく参加していました。

★★ 今後の予定 ★★

平成25年1月10日(木)・3月7日(木) 時間はいずれも10:30~11:30

対象:2,3歳児とお父さん、お母さん 参加費:一家族 200円 定員:30組(当日受付、先着順)

 

11月15日 羊.JPG 11月15日羊②.JPG 11月15日羊③.JPG
11月15日羊④.JPG 11月15日羊⑤.JPG 11月15日羊⑥.JPG
11月15日羊⑦.JPG 11月15日羊⑧.JPG 11月15日羊⑨.JPG

 

  • 2012/11/15

「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」~伝えたい『だし』の味~

今日は、快晴!行楽日和。そして、県内市内いろんなところでは、イベントやお祭りが…。そんな中、こども館へ足を運んでくれた皆さんに…伝えたいこの味を!!当初、小学生だけだった対象を「どなたでもご参加ください♪」ではじまりました『伝えたいだしの味』。

 顆粒だしをつかうご家庭も多いんじゃないかと思われる昨今。我が家もそうですが、この日は違いますよ。なんと!煮干しから…、こ~んな大きな昆布から…、かつお節から…、だしを取っての味比べ。そう、本当に贅沢な時間なんです。

 まずは、かつお節を削る体験から。初めは、うまく削れなかった子どもたちも二回目には、“シュッシュッ”とリズミカルな音が聞こえてきました。自分で削ったかつお節を自分で食べてみる!手がとまらない様子でした。講師の三浦さんのお話しの間もついつい手がのびてしまう。その様子からとっても美味しいのがわかります。

1番だしを取った後の昆布をきざんでだし醤油で和えたものを試食。「おかわり~!」「おかわり!!」「おかわり!!!」これまた、とまらない。だしもだしがらもりっぱな一品になりますね。

煮干しの頭とワタの外し方を教わり、食べてみる。さぁ、だしを取る前の煮干しと取った後の煮干しの大きさを比べてみよう!…と思ったら、あ!煮干し全部食べちゃった(笑)またまた、美味しすぎました。「頭も食べたい」そんな声まで聞こえるほどに!(比較は下の写真にて)

 最後に、今日取った昆布とかつお節のだしでお餅入りのお吸い物にしてみんなで試食しました。まずは、ひと口そのままで飲み、その後、かつお節を足したものと味比べ。旨みが17倍もUP♪

私もちいさい頃におじいちゃんの家でかつお節を削ったなぁなんて思い出しながら、参加したこの日。きっと、参加してくださった皆さんもいつかこのこども館での体験を、舌の記憶を思い出してくれるかな。

 

~★☆今後の予定☆★~

・平成24年12月26日(水)管理栄養士みちるさんの~レシピのない料理 冬~

 対象:小学1~6年生

・平成25年1月27日(日)チャチャッと手開き~イワシとイカ~

 対象:4歳以上の子どもと保護者

11月3日だし.JPG 11月 だし②.JPG 11月3日 だし③.JPG
11月3日 だし④.JPG 11月3日 だし ⑤.JPG 11月3日 だし⑥.JPG

 

 

  • 2012/11/11

笑顔の素!「親子で顔ピザ作り」

今月のパン作りは「親子で顔ピザ作り」をやっています。いつものパン作りは、子どもだけですが、親子でやるのもいいよね、ということで企画しました。

今回は「作る」「食べる」という面白さのほかにもう一つ、楽しみがあります。

『誰の顔をつくったの?』と質問することから始まる親子の会話です。

「お父さんの顔、お母さんの顔、おばあちゃんの顔、自分の顔・・・」。そして、それに対するいろいろな反応。「え~」とか「わーっ」とか「へえ~」とか。でも、どれを観ても、笑顔になっているんじゃないかと想像できます。

ピザを作る時に、顔をテーマにしてみる。しかも親子で。ちょっと遊び心をスパイスするだけで、いつもより楽しいひと時になるのかもしれません。そんな体験を是非こども館でしてみてください!

顔ピザ作りは明日もあります。午前11時からと午後の2時からです。ともに、4歳以上の子どもと保護者が対象です。定員は8組で、当日先着順です。参加したい方はお早めにどうぞ。

11月10日顔ピザ.JPG 11月10日顔ピザ②.JPG 11月10日顔ピザ③.JPG
11月10日顔ピザ④.JPG 11月10日顔ピザ⑤.JPG 11月10日顔ピザ⑥.JPG
11月10日顔ピザ⑦.JPG 11月10日顔ピザ⑧.JPG 11月10日顔ピザ⑨.JPG

 

  • 2012/11/10

舞阪中学校の職場体験

早いもので11月に入りました。ついこの間、夏休みが終わった気がするのに・・・もう冬休みの足音が聞こえてきそうです。

今月は職場体験月間!というわけではありませんが、2週間くらいの間に4校の職場体験があります。その間に浜北のプレ葉に移動のベビーマッサージに行ったり、浜松短期大学にねんど実習に行ったりとこども館もあちこち動いています。

まずは、先頭をきって今日、舞阪中の2年生が職場体験に来ました。

今日は、親子ふれあいのプログラムがないので、どうやって体験してもらおうかと思っていましたが、そんな心配はいりませんでした。

ボールプールやままごとコーナー、ホール前で、とても優しく、自分たちも楽しそうに、小さい子とかかわっていました。

自分たちで動いて、見つけていく姿勢が素晴らしいと思います。自分より子どもとのかかわり方が上手かも、と感じました。

明日は2日目です。楽しみにしています。

11月1日舞阪.JPG 11月1日舞阪②.JPG

 

  • 2012/11/01
一覧ページに戻る

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE