浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

ぴっぴの取材ママ体験記 「いいの?!」「いいよ」

夏休みに入りました。わが娘たちの毎朝の口ぐせは「今日どこ行く?」か「今日何する?」。元気いっぱいの子どもたちと暑い1日をどう過ごすかは、親の共通な悩みだと思います。

そんなとき、浜松こども館は涼しくて子どもたちが元気いっぱい遊べる、ありがたい場所です。そのこども館で、夏の特別プログラム「いいの?!」「いいよ」が始まりました。いったい何が「いいんだろう?」と大人の私も興味を持ってしまい、さっそく娘たちと出かけてきたので紹介します。

 

今年の夏の特別プログラム「いいの?!」「いいよ」。こども館はもともと子どもたちの興味をそそる遊び道具や場所がそろっていますが、このプログラムではそれらを使った遊びが大幅にパワーアップ。いつもの遊び道具をダイナミックに使ってみたり、普段は行けない場所へ行ってみたり...、"遊びの源"である好奇心を思う存分くすぐっちゃおうという内容です。毎日開催している企画と、日にちが決まっている特別企画があってバラエティも豊か。何度来ても楽しめそうです。

 

プログラムは13時から16時までですが、家で娘たちと午後まで待つなんてことができるわけがなく(笑)、朝から入館。夏休みなのですでに館内は子どもたちがいっぱいでした。久しぶりにこども館へ来た娘たちは大喜び。午前中は、ボールプールやままごとコーナーを満喫しました。

かき氷看板.jpg

 

さて、お昼ごはんを食べようと7階のドリンクコーナーへ。するとおやつコーナーの入り口に大きなかき氷の看板が! プログラムの1つ「かき氷つくってもいいの?」でした。大皿にかき氷を作って、みんなで食べようというものです。100円で大体3人前、しかもシロップがスタッフの手作り!! 娘たちの目も私の目も釘付けにし、「これは参加しなくては」と子どもたちと固く約束したのでした。

 

昼食後、いよいよ全プログラムがスタートしました。かき氷は13:30~なので、まずは常設プログラム「こんなにたくさんの紙コップで遊んでもいいの?」へ行くことに。ドリンクコーナーの隣にあるワークショップが会場。たくさんの紙コップを自由に積み上げたり、並べたりして遊びます。入ってみると、部屋のコーナーに白い紙コップ、可愛い絵のアイスクリームカップ、プラカップなど大きさも形もさまざまなカップが、まるでボールプールのようにたくさんありました。積み木とは違った、軽くてやわらかな感触はおもちゃとして触ってみるととても新鮮でした。5歳の娘はカップをタワーのように積み上げ、3歳の娘はひたすらカップを私のところへ運んできて、壁を作ってとせがみました。積み上げたカップの隙間を日の光が通る様子もとても素敵で、紙コップ積み木ってすごいかも!と感激しました。

紙カップ.jpgカッププール.jpg紙カップタワー.jpg

 

紙コップに夢中になってしまったため、かき氷開始ギリギリにおやつコーナーへ移動しました。するとすでにそこには開店を待つ列が!! やっぱり暑い夏のかき氷は大人気。

私たちも列に並んでしばらく待ちました。こんな時は忍耐強くお行儀のよい娘たち。おやつコーナーに入たあとも、スタッフの方の指示を真剣に聞き、家では見たこともないくらい念入りに手を洗って、前の子の終わるのを待っていました。そして順番にたっぷりのかき氷を作らせてもらって、お好みのシロップ(この日は赤しそと梅でした)をかけていただきました。赤しそは天然の色とは思えないほどの鮮やかなピンクで、ちょっと甘酸っぱくて夏にピッタリ。長女の食べた梅はジャムをトッピングしてもらって、こちらも甘酸っぱくておいしかったそうです。たっぷり遊んだ後の、ホッとしたひとときでした。

かき氷つくり.jpgかき氷.jpg

 

次女がちょっと疲れてきた様子なので帰ることに。預けた荷物を取りにコインロッカーへ向かうと、大きな太鼓の音が聞こえてきました。音につられてサウンドルームに入ってみると本物の太鼓や手作りの楽器がたくさん置かれていて、子どもたちが楽しそうに鳴らしていたんです。「たーくさんの楽器、こんなに鳴らしてもいいの?!」のプログラムでした。ジャングルのように飾り付けられた部屋の様子に、疲れていたはずの次女の瞳もパッチリ。本物の太鼓や手作りのマラカスや波音シェーカーなどが並んでいる中で、娘たちは洗濯板のギロがお気に入り。音の出し方が珍しいらしく、とてもおもしろがっていました。

 洗濯ギロ.jpg大きな太鼓.jpg

こども館の夏の特別プログラムは8月18日までで、紹介した以外にも面白そうな企画がいっぱいでした。私はいつもより開館時間を延長した「こども館でナイト」にすごく興味があります。長い夏休みの間に、また遊びに行きたいと思います。

  • 2013/08/09
一覧ページに戻る