浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館今日の風景

「コナガルセミナー」のお知らせ

この度、初めて、浜松まちなかにぎわい協議会との共催で、「コナガルセミナー」(コナガル:子どもで市民がつながる)の一環として、「マタニティフレンズ講座」と「おんぶdeクッキング」を開催します。

現在のところ、「マタニティフレンズ講座」はまだ参加者募集中ですので、お気軽にお問い合わせください。申込み、問い合わせは「浜松まちなかにぎわい協議会」まで。

お申込み・お問い合わせ方法 *電話またはメールにてお申込みください。

お申込み先:浜松にぎわい協議会・コナガルセミナー実行委員会

電話の場合 053-459-4320(平日 9:00~18:00)

メールの場合 machinaka11@gmail.com

         メールの場合、①お名前 ②出産予定日 ③電話番号の明記をお願いします。

申込み締切:2月20日(木)

 

コナガル マタニティ.jpg

  • 2014/02/15

ぴっぴの取材ママ体験記 「お父さんと遊ぼう」

ふだん、子どもが寝たあとにようやく帰ってくるわが家のお父さん。子どもと遊ぶ時間がなかなか取れません。なのでいざ休日に子どもと遊ぼうと思っても、何をしたらいいのかイマイチわからない様子。

そんなお父さんたち、みんな集まれ!という企画が「お父さんと遊ぼう」です。

140208_oa01.jpg

子どもたちに運動や遊びを教えてくれる体育遊びのプロ「きのいい羊達」から、ポッキー先生がやってきました。東京に大雪が降った(浜松市は雨でしたが)極寒の日に、半袖シャツを着て登場!

この日集まったのはわが家を含め10組33人の親子で、お父さんとお母さんが半分ずつというところ。対象は3~5歳とのことでしたが、家族参加なのでしょう、小学生のお兄ちゃんお姉ちゃん、ヨチヨチ歩きの子もいました。

 

1時間のプログラムは盛りだくさんです。

準備運動後、室内で比較的簡単にできる親子運動から。例えば、親が座って足をまっすぐ投げ出したところを子どもがピョンと飛び越える運動。少しずつ足を開いたり高くしたりすると、変化がついて面白いようです。

140208_oa02.jpg

また、手をつないだ親の体を子どもが蹴り上げてさかあがり。鉄棒がなくても簡単にさかあがり体験ができました。ポッキー先生は膝を曲げたやり方を指導していましたが、3歳の娘は、親の膝がまっすぐ伸びている方が上がりやすそうでした。子どもがコツをつかめるまで、いろんなやり方で導いてあげるといいかもしれませんね。

140208_oa03.jpg

ほかには、子どもがうつぶせになり親が足首を持ちあげて「さぁ手で歩いて」という手押し車の運動。子どもの腕力が必要なので小さな子はなかなか難しいようでしたが、さすがに小学生組は上手でした。

 

企画名が「お父さんと遊ぼう」ですから、パワフルな遊びもありました。

台風ぐるぐる~~と言いながら、親の上半身にしがみついた子どもをぶんぶん振り回します。子どもたちは、振り回されて落とされそうになって、とスリル満点の遊びに歓声をあげていました。

 

特製のビニール袋2枚を使った遊びは、子どもたちはもちろん大人も見たことがないものでした。

2枚を重ねて袋を広げると......体育座りの子どもがすっぽり入っちゃった! まるで、カンガルーの袋に入った赤ちゃんのよう。その袋をぶ~らぶ~らと揺らすと、ブランコになりました。

140208_oa04.jpg

また、袋の片方を広げて床に置いて、そこに子どもが座ればそりの完成です。袋の上に子どもが立てばスノーボードに。広いホールがまるで雪遊び広場のよう。スノーボードは子どものバランス力が養われそうだなと思いました。

140208_oa05.jpg

 

プログラムも半分を過ぎ、親はちょっとだけ休憩タイム。ああ助かった、と言わんばかりの顔をした親とは対照的に、子どもたちはまだまだ元気いっぱい。

ポッキー先生がそんな子どもたちに持ってきたのは、ボール当てゲームの遊具です。長い棒にいくつも板が付いていて、ボールを当てるとくるっと回るような仕掛けになっていました。

ホールいっぱいに散らばったボールを、子どもたちが懸命に拾って投げまくります。でも小さな子が投げたボールはなかなか当たらないので、そこは優しいポッキー先生が棒を低く持って、当たりやすいようにしてくれていました。娘は、ボールが板に当たらなくても、みんなでボールを拾って投げるだけでも十分楽しかったみたいです。

140208_oa06.jpg

 

そして、次は休憩時間が終わって充電完了した(はずの)お父さんと子どもたちとの真剣勝負です。お父さんが3人出てきて、マットを盾にします。そこへ、子どもたちが掛け声とともに突進!

お父さんチーム、こらえきれずに後ろへひっくりかえってしまいました。

小学生組、幼稚園組、と対戦してきて、お父さんチームは全敗。最後は幼稚園以下ガールズとの勝負でしたが......やっぱり、負けた~。子どもたちは大喜びでした。

140208_oa07.jpg

 

ポッキー先生はなんでも遊びに変えてしまいます。「鬼ごっこするぞ!」と宣言するやいなや、シャツを頭にひっかけて怪獣に変身。捕まった子はぶんぶん振り回されてしまいますから、みんな真剣に逃げ回っていました。

140208_oa08.jpg

途中で暑くなったのか洋服を1枚脱いでいる子もいました。これだけ走り回っていれば、さもありなんです。ポッキー先生が半袖のシャツを着ている理由もよくわかりました。

終了後、娘の頭をさわったらかなり汗をかいていました。家の中でも公園でも、冬にこんなに汗をかくことはなかなかできません。

終了後、夫に感想を聞いてみたら「運動不足だったから、いい運動になったよ。スノーボードの遊びは、ひっぱる方と乗る方のタイミングが合わないと上手にできないんだよね。家で練習しなきゃ」とのこと。娘は「楽しかったぁ!」と跳ねて喜んでいました。2人とも、楽しく運動ができて大満足だったようです。

取材ママ しば

 

  • 2014/02/13

明日の「しょうぎに挑戦」のお知らせ

明日、午後の1時から予定している「しょうぎに挑戦」ですが、講師の先生の都合により将棋の先生が来ることができなくなりました。

将棋の先生に教わったり、対戦したりすることを楽しみにしていた人たちには、大変申し訳ありません。

将棋の先生はいませんが、友達やお父さんやおじいちゃん、こども館で出会った人と対戦できるよういつものように準備はしておきます。

どうぞご理解をお願いします。

IMG_1712.JPG

  • 2014/02/07
一覧ページに戻る