浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館 今日の風景

はじめてのパン作り

今日は2歳~3歳の子どもとお母さん8組が参加をして「はじめてのパン作り」

がありました。

身支度を整えて手遊びを楽しんだ後、パン作りがスタート!

DSC09472.JPG子どももお母さんもパンの生地の感触の心地よさに感激している様子でした。

DSC09483.JPG最後はみんなでパンの絵本を見て楽しみました

DSC09490.JPG一人ひとりのオリジナルのパンがとっても素敵ですね

DSC09495.JPGDSC09496.JPGDSC09497.JPGDSC09498.JPGby くろ

  • 2018/06/28

いっしょにあそぼ!!ねんねごろんの赤ちゃんと

 今日は3ヶ月~7ヶ月までの9名のお友だちが参加してくれました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

 月齢幅はありましたが、無理のないようそれぞれの子にあわせて、

絵本や、わらべうたを中心としたふれあいあそび、

ジョーゼット(いろんな色のやわらかくてふわふわした薄い布)をつかって遊んだり、

コミュニケーションタイムなど

ゆったりした雰囲気の中、親子で楽しんでもらいました。

絵本を読んでいる時のこちらをじぃ~とみる表情、

ふれあい遊び、ジョーゼットをしている時の楽しそうな声...

今日もあかちゃんの素敵な表情をたくさん見られて嬉しかったです。

DSC09465.JPG

 次回の「いっしょに遊ぼ! ねんねごろんの赤ちゃんと」は

7月17日(火)10:30~11:30を予定しております。

ぜひお越しください。

Byさっちゃん

  • 2018/06/26

幸せな一日の始まりはミュージックコンサート

普段なかなかコンサートに行けないお母さんに、ぜひ間近で心行くまで聴いてもらいたい。

そのような想いで始まったミュージックコンサート。

5月8日(火)に「打楽器de大音楽会」が開催されました

DSC09323.JPG色々な打楽器とピアノの音色が、ホール全体を包み込んでいました。

DSC09315.JPGDSC09316.JPG

DSC09322.JPG

打楽器では普段生活で使っている瀬戸物やおもちゃもあり、子どもも大人も興味津々。

DSC09314.JPG

あっという間の30分間でした

DSC09325.JPG次回は、6月12日(火)「フルートとピアノのコンサート」11:00~11:30を予定しています。

みなさん、ぜひお越しくださいね。         by KICHI

  • 2018/05/16

はじめてのクレヨン

3月7日(水)に、はじめてのクレヨンが行われました。

大きな白い紙を見てすぐにクレヨンを持って描き始める子、周りの友達の様子を見ながら少しずつ描き始める子など色々な子ども達の姿が見られました。

DSC08683.JPGDSC08674.JPGDSC08682.JPGDSC08675.JPG来年度も4月からはじめてシリーズを色々と計画しています。ぜひ遊びに来てください。  by KICHI

  • 2018/03/18

はじめてのパン作り

本日は、こども館の大人気プログラム「はじめてのパン作り」が開催されました。

2歳~4歳までの子とそのお母さんが8組参加してくれました。

DSC08235.JPG

みんなやる気満々です!!

こどもたちは、パンの感触や匂いを楽しみながらこねこね・ぐにゃぐにゃと成形を楽しんでいました。またこのプログラムのパン作りでは、お母さんも子どもたちと一緒にパンを成形するので親子で会話が弾み和やかな時間が流れていました。

DSC08237.JPGDSC08236.JPG

浜松こども館では、世界に一つだけのパンを作ることが出来ます。作ったパンはお持ち帰りもできますよ♪

次回のはじめてのパン作りの予定は未定ですが、広報はままつやこども館のHP、こども館カレンダーで告知したいと思いますので楽しみにお待ちください。

☆2月のおやつ工房☆

~モクモク蒸しパン~ ココア&チョコ

■日時  2月3日(土)4日(日)

■時間  11:00~11:45

■場所  7Fおやつ工房

■定員  各日16組

■参加費 100円

■対象  4歳以上(4歳以上の未就学児は保護者同伴)

※当日参加者本人がエレベーター側受付にある申込用紙に記入(先着順)

DSC07260.JPG

パン作り ~黒ゴマ生地のパン~

■日時  2月11日(日)12日(月・祝)

■時間  11:30~12:30

■場所  7Fおやつ工房

■定員  各日16組

■参加費 100円

■対象  4歳以上(4歳以上の未就学児は保護者同伴)

※当日参加者本人がエレベーター側受付にある申込用紙に記入(先着順)

DSC05146.JPG

                                                                     by MINA


  • 2018/01/31

「いっしょにあそぼ!ねんねごろんの赤ちゃんと」

今日は2ヶ月~1歳11ヶ月までの21名の可愛いお友だちが参加してくれました。

参加してくれた方ありがとうございました。

月齢幅はありましたが、無理のないようそれぞれの子にあわせて、ふれあいあそび、ジョーゼット、歌、コミュニケーションタイムなどゆったりした雰囲気の中、親子で楽しんでもらいました。

今日はその中から、ジョーゼットを紹介したいと思います。

11月21日.JPG

あか、あお、きいろ、ピンク、様々な色の布。やわらかくて、ふわふわした素材が特徴です。

布を広げると、お母さんの優しい顔が見えるので、赤ちゃんはニコニコしたり、風がくるのでびっくりして目をつぶったり、手をのばしたり、微笑ましい姿が多く見られました。

DSC05991.JPG

今日は最後にお母さんへの読みかたりも行いました。

みんなで温かいキモチになりました♪

次回は12月5日(火)です。みなさんお待ちしています。 by ちか・くろ

  • 2017/11/21

「トコトコ」運動会

12日()は、「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」がありました。来てくれたみなさん、ありがとうございました!世間は秋の運動会シーズンですのでトコトコちゃんでも運動会を行いました。種目はかけっこ、障害物競走、借り物競争の3つです。元気いっぱいのあそびに来てくれたみなさん、たくさん協力してくれたボランティアさん、そして笑顔がすてきな職場体験に来ていた中学生のおふたりといつもの職員で運動会スタートです。

中学生の『おや おや おやさい』の読み聞かせで、走る気分を盛り上げ、1つ目のかけっこです。白いゴールテープ目がけて一直線!「よーい」の構えも走っている姿もさまになっていました。

DSC08078.JPG       「写真に写らないくらい速い!」   

次は障害物競走。集中して細い道や飛び石、丸太わたり(のようなもの)に挑戦しました。3種類の道があったのですが、繰り返し挑んでいました。

8085 修正.jpg       「みんなの集中力すごい!」

最後の種目は借り物競争。メモに書かれたものを探しにいきます。メモとボランティアさんのかぶっているお面の絵を見比べて探しました。借り物競争でみんなが集めたものは、5種類あり、すべてそろえるとカレーのパズルになります。パズルはお母さんと協力して完成させました!

DSC08095.JPG        「にんじん発見!」

そのあとはトコトコ定番のサーキットです。まだまだみんなのパワーは尽きません。

DSC08107.JPG

今回のプログラムの最後は、再び中学生による絵本の読み聞かせ。『ぞうくんのさんぽ』を気持ちをこめて読んでくれました。よく通る声で、話に入り込みました。

DSC08111.JPG

次回のトコトコは11月9日です。プログラムのあとには、来館者のみなさんと一緒に行う避難訓練をやる予定です。お時間のある方はご協力お願いします。by やま

                

  • 2017/10/14

楽しかったね、パン作り

今日は、「はじめてのパン作り」に8組のご家族の参加がありました(おばあさん、お父さんの参加もありました)

今日特に印象に残ったご家族が2組ありました。

お母さんと女の子(3歳3カ月)が楽しくおしゃべりをしながら、互いに好きなパンを作る姿はとても微笑ましかったです。

DSC07189.JPG

おばあさんと男の子(3歳)はパンの生地にたくさん触れて、作ることを楽しんでいました。男の子はオーブンに入ったパンが焼き上がるのを待ち遠しそうに見ていました。

DSC07186.JPG

みなさんも親子でコミュニケーションをとりながらパン作りを楽しんでみませんか?

10月は、「親子でパン作り」10月15日(日)11:30~12:30 対象・4歳以上の子どもと保護者 定員・8組 参加費・200円 当日参加者本人がエレベーター側受付で申込用紙に記入(先着順)

「はじめてのパン作り」10月26日(木)11:00~11:30 対象・2歳以上4歳未満の子どもと保護者 定員・8組 参加費・200円 事前予約9月29日(金)より電話受付(先着順)

を予定しています。ぜひご参加ください。 by くろ

  • 2017/08/31

『はじめての小麦粉ねんど』

 浜松こども館のはじめてシリーズでは、作品を作るのではなく、単純な素材で五感を使って親子で自由な発想や創造を楽しんでもらう時間となっています。

今日は、小麦粉ねんどを作りました。DSC06298.JPGDSC06301.JPGDSC06299.JPGDSC06304.JPGDSC06302.JPG「小麦粉ねんどに夢中です!!」

by Kichi & たけ

  • 2017/05/24

親子でコミュニケーション

今日の「いっしょにあそぼ!ねんね・ごろんの赤ちゃんと」には、19組38人の親子が参加しました。ゆったりとした穏やかな雰囲気の中で、手遊びやわらべうた、ふれあい遊びを行いました。お母さんと赤ちゃんがお互いを見つめ合いながら、親子のふれあいを楽しんだり、コミュニケーションを深めたりしていました。また、お母さん同士のコミュニケーションタイムでは、子育ての悩みや疑問点を話し合い、盛り上がっていました。次回は6月6日(火)10:30~11:30です。みなさんのご参加をお待ちしています。by くろ

DSC06290.JPG「今日行ったわらべうた・ふれあい遊び」

ゆらゆらボート

ここはとうちゃんにんどころ

ミックスジュース

いちりにりさんり

  • 2017/05/23

いっしょにあそぼ!ヨチヨチちゃんと

いっしょにあそぼ!シリーズ、「ヨチヨチちゃんと」のプログラムが行われました。

「ヨチヨチちゃんと」は、歩行ができるようになった乳幼児が親子で楽しく運動遊びを行う場です。手あそび、ふれあいあそび、よういドン!、トンネル、ボールあそびなど、盛りだくさん。できるところから参加して頂いています。今日は31組の親子が集まりました。「始めは見てたのに、参加できるようになって楽しそう、嬉しい!」との声も聞かれます。小さいことから挑戦してみたり、友達の様子を見て真似てみたり、1時間という短い時間内で普段とは違うお子様の様子が見られます。お家の人が笑顔で子どもといっしょに喜びを感じ、拍手が自然におきる、そんな元気で暖かい「ヨチヨチちゃんと」にぜひ遊びに来てみませんか。次回は5/31(水)です。by KICHI

IMG_6055.JPGトンネルをくぐってお母さんのところまでGO!

IMG_6053.JPGお山を登ってま~す

  • 2017/05/17

「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」

  今日はホールにて「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」を行いました。

 「トコトコちゃんと」には毎回元気いっぱいのお友だちが来てくれるので、みんなが思い切り体を動かせるような遊びを考えてみました。

 パラバルーンは、みんなでバサバサしたりボランティアさんやお母さんたちがお山にしてくれた中に入ったりして、にこにことっても楽しそうでした。ボールを投げ入れて高く上げて、いちにのさん!でバルーンを一気に降ろすとボールが火山のように大噴火!ワーッと歓声が上がりました。(ちなみにバルーンはカラーポリ袋で作ったお手製ですよ(^^♪)

 「よーいどん!」のコーナーでは、走る途中にある牛乳パックで作ったボックスを、どーんと崩して、帰ってくるときはもとに積み上げるという内容にしました。子どもたちは壊すことが大好きなので、きっと崩すことは楽しんでくれるかなと思っていましたが、反面、元のように積み上げるのは楽しんでくれるかな...とちょっと不安でした。でも、お友だちみんな、ボックスを両手で抱えて頑張って積み上げることに挑戦してくれていました。頑張ったね!

 他にもマットを使ってごろごろしたり、サーキット遊びをしたりして、汗びっしょりになって体いっぱい遊んで行ってくれました。

 次のトコトコちゃんは6月8日(木)になります。梅雨でお外で遊べない日が続く頃だと思います。またこども館にきて思い切り体を動かして遊ぼうね!待ってるよ!

IMG_5965.JPGIMG_5968.JPG修正.png

  • 2017/05/11

いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと

今日は「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」に23組の家族が来ました。「トコトコちゃんと」では、おうちの人と一緒に走ったり、ボールを投げたり、ジャンプしたり、からだをたくさんつかってあそびます。またふれあいあそびや手あそびなどのおうちでできることも紹介しています。今日は動物園に行ったつもりで、動物の真似っこをしました。チーターになってホールいっぱい走り回り、ぞうになって、ドスン!と1歩ずつ大きく歩きました。うさぎになって、ぴょんぴょんジャンプに、カンガルーになって大ジャンプもしました。親子で汗をにじませながらいろいろな動物に変身しました。

DSC06070.JPG次はボランティアさんのところへ走ってジョーゼットを取りに行き、「魚がはねて」を歌いながらジョーゼットであそびました。ふわっと投げてキャッチしたり、肩にくっついてマントになったり、頭にくっついてあわあわシャンプーになったり.最後はおふとんになっておやすみなさい・・・いっぱいあそんだのでちょっと休憩です。

DSC06077.JPG座ったまま、もうすぐこどもの日なので新聞紙で「かぶと」をつくりました.おうちの人に折ってもらい、トコトコちゃんたちは折り目にアイロンがけをしてお手伝い。すてきなかぶとができました。

DSC06078.JPG

そのあとも、すべり台やトンネルであそぶサーキットも元気にやり、パネルシアターも親子で見ました。参加したみなさんが元気いっぱいあそんだので楽しい1時間になりました。

次回は5月11日(木)10:30~11;30 です。ぜひあそびに来てください。by やま

今回の内容

◎手あそび・・・「キャベツの中から」「ちいさな庭」「はじまるよ」「パンダうさぎコアラ」「魚がはねて」

◎ふれあいあそび・・・「バスにのって」

◎パネルシアター・・・「ぴょーん」



  • 2017/04/27

いっしょにあそぼ!ハイハイ赤ちゃんと

今日は、「いっしょにあそぼ!ハイハイ赤ちゃんと」に16組の家族が遊びに来ました。  

ハイハイ赤ちゃんでは、ハイハイ遊びやいろいろなふれあい遊びを親子で楽しんでいます。赤ちゃんは広いホールで伸び伸びとマットの上や坂道を好奇心一杯でハイハイしています。

4月生まれのお誕生日会も行いました。

DSC06042.JPG

ハイハイタイムでは赤ちゃんが階段を登ったり、マットの上をハイハイしたりして親子で楽しく遊びました。

DSC06053.JPG

今日は、お父さんも参加して、おはなしタイムでは子育ての悩みや疑問などをグループで話しながら交流を深めていました。

DSC06054.JPG

次回の「いっしょに遊ぼう!ハイハイ赤ちゃと」は516日(火)です。  by H.O


  • 2017/04/25

いっしょにあそぼ!ねんね・ごろんの赤ちゃんと

今日は、「いっしょにあそぼ!ねんね・ごろんの赤ちゃんと」のプログラムを6階ホールで行いました。3カ月~9ヶ月の赤ちゃんとお母さん21組が参加しました。このプログラムは親子で手遊びやわらべうた、ふれあい遊びなどをゆったりとした雰囲気の中で楽しみます。赤ちゃんは、お母さんの笑顔が大好きです。今日は、ジョーゼットという布を使うふれあい遊びを行いました。その遊びの中でお母さんにたくさん微笑みかけてもらった赤ちゃんは、本当にうれしそうな表情をしていました。このプログラムで体験したことを、家庭で親子のコミュニケーションのきっかけにしていただけたらいいなと思います。

DSC05991.JPGのサムネイル画像

また他にも、お話タイムという時間を設けています。少人数のグループに分かれ、お母さん同士自由にお話をします。赤ちゃんのお話が中心ですが、時折お母さんが自分の話をすることもあります。ほっと一息つくリラックスできる時間になっているのではないかと思います。そして、同じ子育て中のお母さん同士の交流が、友達づくりの場にもなっています。ぜひ多くの方に参加していただけたらと思います。次回は523日(火)です。お待ちしています。 byくろ

DSC05994.JPG


  • 2017/04/18

はじめてシリーズ ~はじめてのえのぐ~

 今日は1歳児から3歳児の親子を対象としたプログラム、「はじめてのえのぐ」に26組、57人が参加してくれました。ありがとうございます。

 前回は、身体全体で絵の具の感触を味わってもらいました。作品は、ワークショップ前に掲示してあります。

 今回は、ワーク全体に敷き詰めた紙に絵筆を持って思い思いの色を付けたり描いたりしてもらいました。使った絵の具の色は、黄色と青色、そして赤色です。このプログラムは、作品の出来栄えではなく、絵の具に触れていく過程の中で子どもたちに3種類の色が次第に重なっていく様子や、様々な太さや長さの線が描かれていく楽しさを味わってもらいたいと願った活動です。

 ママたちも童心に戻って一緒に楽しむ姿が見られ、ダイナミックな作品が出来上がりました。今後、館内に掲示する予定です。是非ご覧になってください。   by館長

<今後のはじめてシリーズ> 10:30~11:30 7Fワークショップ 無料

 はじめてのぺったん 12/7(水)  はじめての新聞ビリビリ 1/11(水)  はじめての小麦粉ねんど 2/1(水)  はじめての土ねんど 3/1(水)

 IMG_4425.JPGIMG_4410.JPGIMG_4434.JPG

  • 2016/11/02

いっしょにあそぼ!ハイハイ赤ちゃんと

 浜松こども館では、子育て支援事業として平日のプログラムに力をいれています。なかでも、「いっしょにあそぼ!」シリーズは、保育士の資格をもつ職員が中心となり、発達段階に合わせたプログラム内容を工夫しています。

 今日は、「ハイハイ赤ちゃん」にとって必要な運動や動きを取り入れた、ふれあい遊びを紹介しました。また、「ハイハイタイム」では、広いホールの中で楽しくハイハイできるよう環境設定をしてみました。子育て中のママのための「お話しタイム」は、気軽な雰囲気の中でコミュニケーションをとっていただける時間として人気です。プログラムに参加していただいたママ同士お友だちになってもらえたら、こども館にとってこんなに嬉しいことはありません。多くの方のご参加をお待ちしています。  by館長

<11月の「いっしょにあそぼ!」シリーズ> 10:30~11:30

 ねんね・ごろんの赤ちゃんと  11/1(火)、22日(火)

 ハイハイ赤ちゃんと      11/15(火)、29(火)

 ヨチヨチちゃんと       11/9(水)

 トコトコちゃんと       11/24(木)

DSC04436.JPG

DSC04438.JPGDSC04437.JPG

 

  • 2016/10/25

いっしょにあそぼ!ねんね・ごろんの赤ちゃんと

 さわやかな秋晴れの一日、平日のプログラム「ねんね・ごろんの赤ちゃんと」に、32組64人が集まってくれました。ありがとうございます。

 2カ月から11カ月と様々な月齢の赤ちゃんに、発達段階に合った手遊びや親子の触れ合いを楽しんでもらいました。

 浜松こども館では、ねんね・ごろんの時期からの言葉のシャワーを大切に考えています。そこで、このプログラムは、楽しみながら親子のコミュニケーションを味わっていただけるよう内容を工夫しています。さらに、気軽な雰囲気の中でのママさん同士の「お話しタイム」も設けています。

 今日は、職業体験の中学生も一緒に参加し、赤ちゃんとの触れ合いを経験しました。ご協力ありがとうございました。     by館長

<次回のねんね・ごろんの赤ちゃんと>

 11月1日(火)、11月22日(火)10:30~11:30

 DSC04407.JPGDSC04408.JPG

  • 2016/10/18

はじめてシリーズ ~はじめてのぺったん~

 浜松こども館では、1歳児から3歳児の親子を対象としたプログラム、「はじめてシリーズ」を平日の午前中に行っています。

 このプログラムは、乳幼児が身体全体を使い新聞やねん土など身近な素材に触れる活動をとおして、豊かな感性を育めるように活動内容が工夫されています。

 7月の「えのぐ」から9月の「ちょっきん」、そして、今日は「「ちょっきん」で切った紙に糊を貼る体験、「はじめてのぺったん」を行いました。

 赤ちゃんが初めて触った糊の感触を楽しみながら夢中になって遊ぶ集中力に驚くとともに、それを温かく見守るママの姿が印象的でした。

 いつの間にか一人一人の「ぺったん」が集まり、ダイナミックな「はじめての木」が出来上がりました。来館の際には、7Fワークショップ前にある赤ちゃんたちの力作を是非鑑賞してみてください。 by館長

<今後のはじめてシリーズ>

 えのぐ11/2(水)  ぺったん12/7(水)  新聞ビリビリ1/11(水)                                                         小麦粉ねんど2/1(水)  土ねんど3/1(水)IMG_4221.JPGIMG_4225.JPGIMG_4231.JPG

                                                                                             

  • 2016/10/05

いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと~トコトコオリンピック~

 今日は、「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」のプログラムがありました。暑い中、18組36人の親子が参加してくださいました。ありがとうございます。

 今日のメインの活動は、「トコトコオリンピック」でした。そりリレー、玉入れなどのトコトコオリンピック種目で盛り上がり、ホールは笑顔であふれていました。

 次回の「いっしょにあそぼ!トコトコちゃんと」は、9月8日(木)に予定しています。次回も、トコトコちゃんが全身を使って楽しく遊べるよう、内容を工夫していきます。お楽しみに!    by館長

IMG_3572その2.jpgDSC04022.JPGDSC04026.JPG

  • 2016/07/14

いっしょにあそぼ ~ねんねごろんの赤ちゃんと~

 今日は猛暑の中、「ねんねごろんの赤ちゃんと」に43組(87人)のパパ・ママがやってきてくださいました。ありがとうございます。

 トーンチャイムの音色が心地よかったのか、プログラムを終えホールから出てきた赤ちゃんの中には、すやすやと気持ちよさそうに眠っている赤ちゃんがいました。

 パパ、ママの笑顔や、赤ちゃんの健やかな表情は、担当者にとってはこの上ない喜びです。そして、次回もよりよいプログラムを目指して頑張ろうと前向きな気持ちになり、元気をいただきます。ありがとうございます。

 ところで、こども館は全館冷房の施設です。ホールでプログラムを実施する際には、赤ちゃんが過ごしやすい室温に気を配るようにしています。皆さん、暑い夏は、こども館のプログラム「いっしょにあそぼ」シリーズで心地よい時間を過ごしてみませんか。

 <いっしょにあそぼプログラム 10:30~11:30 6Fホール>

  ねんねごろんの赤ちゃんと  7月 5日(火)実施済み

  ハイハイ赤ちゃんと     7月19日(火)

  ヨチヨチちゃんと      7月20日(水)

  トコトコちゃんと      7月14日(木)

DSC00966.JPGIMG_3347.JPGIMG_3351.JPGIMG_3336.JPG

  • 2016/07/05

いっしょにあそぼ ハイハイ赤ちゃんと

今日のプログラムは、「いっしょにあそぼ ハイハイ赤ちゃんと」です。

開館前のホールは、すっかり準備が整い、担当が最終打ち合わせをしています。1時間のプログラムの流れを真剣に確かめる二人は、ベテラン保育士です。しかし、何度経験してもプログラム前は緊張するそうです。

今日は、多くの人に親しまれている歌や絵本を中心に、プログラム内容が組まれています。中でも、メインは赤ちゃんが大好きな音色、ハンドベルとトーンチャイムによる「七夕」です。ボランティアさんも含め、2か月前から練習を始めてきました。今日がお披露目、参加してくださる皆さんに楽しんでもらえるよう、最終練習をして本番に臨みます。

※今日は、46名の皆さんがプログラムに参加してくださいました。雨が降る中、赤ちゃんを連れてこども館に来ていただき、ありがとうございました。

DSC03869.JPGDSC03866.JPGDSC03876.JPG

  • 2016/06/28

ミュージックコンサート ~フルートとピアノ~

 6月のミュージックコンサートは、フルートとピアノ演奏でした。外は梅雨空にもかかわらず124名の来場者があり、親子で楽しんでいただきました。

 こども館のコンサートは、赤ちゃん連れオッケーなため、大人も子どもも自然体で音楽に触れ、演奏者と一体となって楽しんでいただけるのが特徴です。

 フルートの音色に惹かれ、演奏者のところにトコトコと歩み寄る赤ちゃん。

 それを温かく見守りながら、赤ちゃん目線になってフルートを奏でてくださる演奏者。

 二人は、見えない音でつながっているようでした。

 フルートとピアノの優しくやわらかな音のシャワーを浴びて、ママの腕の中ですやすやと寝入ってしまう赤ちゃん。

 演奏が終わった後、パパに抱っこで鍵盤を触らせてもらい、満足げに帰っていく男の子。

 こども館のミュージックコンサートは、それぞれが様々な楽しみ方で音楽に触れていただけるコンサートとして、人気のプログラムです。

IMG_3218.JPGDSC03723.JPG

  • 2016/06/16

トコトコちゃんと

今日のテーマは「子どもの日」。「よ~い、ドン!」では子どもたちがかしわもちカードをとりました。

IMG_2945.JPGIMG_2947.JPGのサムネイル画像

「今日のお天気はな~にかな?」

IMG_2928.JPG

  • 2016/04/28

はじめてのちょっきん

23日(水) はじめてシリーズで今日は「はじめてのちょっきん」が行われました。

今回は19人の親子が7階ワークショップに集まってくれました。

楽しい手遊びで準備体操した後さっそく、はさみを手にちょっきん!今日初めてはさみを手にした子も多く、最初はなかなか上手に切れませんでしたが、お家の人やボランティアさんに見守られ、何度もチャレンジするうちにみるみる上達し、ちょっきんちょっきんと音を楽しんでいました。

25日(金)に、同じく7階ワークショップで、10:30から「はじめてのぺったん」があります。今回ちょっきんしたものを今度はのりでぺったんとくっつける遊びをします。さらに、みんながぺったんしたものを館内に飾ります。ぜひ参加をお待ちしております。

DSC02836.JPGDSC02837.JPGDSC02840.JPG

  • 2016/02/04

はじめての新聞ビリビリ in ホール

16日(水)はじめてシリーズではじめての新聞ビリビリが行われました。

今回は35人の親子が広いホールで思いっきり遊びました。

最初は緊張した様子の親子もいましたが、親子で新聞を引っぱり合ったり、穴を開けて覗いたりビリビリやぶいていくうちに緊張もほぐれ、後半は皆で新聞の雪を降らせたり大きな布の上で新聞を踊らせたり、新聞プールを楽しみました。

次回はじめてシリーズは23日「はじめてのちょっきん」、25日「はじめてのぺったん」を1030分~11307階ワークショップにて開催いたします。参加をお待ちしています。

018.JPG025.JPG023.JPG

  • 2016/01/11

はじめてのえのぐ

この本当に解放された時間に心が釘付けとなりました。

全身でえのぐを感じるなんて・・・今しかできないんだろうな。今だからできるんだろうな。

20150701 はじめてのえのぐ.png20150701 はじめてのえのぐ①.png20150701 はじめてのえのぐ②.jpg20150701 はじめてのえのぐ③.jpg

  • 2015/07/01

FMハロー 生出演!

今日は、月一回恒例のFMハローでのこども館案内の日で、4月から始まった「お父さんと遊ぼう」と5月から始まる「いっしょに話そう!イヤイヤ期」を紹介しました。お聴きになった方々は今までとの違いに何か気が付いたでしょうか?

とても盛り上がったいた!という印象を受けた方はさすがです。

その理由は、この4月にFMハローさんがザザシティ中央館の4階に引っ越しをしてきたため、スタジオに生で出演できるようになったからです。

これまでは、スタジオが離れていたこともあって、電話でのやりとりでした。それはそれで良さもあったのですが、直接パーソナリティの方と話ができるというこで、これからは、写真や実物も使いながら案内ができるのかなと思っています。

毎月第3水曜日の午後1時10分くらいから出演していますので、是非お聴きください。ザザシティ4階のスタジオの様子を直接見ることもできますよ。

4.17FMハロー.JPG 

  • 2013/04/17

のんびり屋の鬼登場!

2月3日は節分。豆まきをやったご家庭も多いと思います。

こども館では、ちょっと遅れて昨日、鬼が来ました。

「いっしょにあそぼう!よちよち・トコトコ」の中で、マッチョで可愛い鬼が現れました!

子どもはお父さんやお母さんが鬼をやっても、こわがったりしますよね。いつもと違う風貌、雰囲気はさっと感じ取ります。こども館の鬼に対してもそうだったようです。中には泣く子もいたりして・・・。でも、お母さんと一緒に遊んだこととともに、可愛い鬼のこともちょっと覚えていてくれると嬉しいです。

よちとこ2月6日①.JPG よちとこ2月6日②.JPG よちとこ2月6日③.JPG

 

  • 2013/02/07

身体も心もぽっかぽか~「羊たちと親子で体づくり」~

 隔月で開催している「羊たちと親子で体づくり」は、2~3歳児とお父さん、お母さんを対象とした親子でのふれあいあそびです。

 講師は、(有)きのいい羊達の磯ヶ谷先生と浜松大学のお兄さん・お姉さんで、1時間たっぷり楽しく体を動かして遊んでいます。

 今回は、磯ヶ谷先生と5人の大学生の他に、職場体験に来ている3人の中学生のお姉さんも加わり、とても賑やかに行われました。

 10時半の開始時間前から、6階ホール内にはトンネルやマットが広がり、まずは、サーキット遊びが始まりました。

 サーキット遊びの次は、体操、かけっこ、ボールあそび、お母さんが抱っこして高い高いに飛行機遊び・・・次から次へと遊びが続きます。

 こども館にある遊具をたっぷり使っての活動で、「こんな遊び方もあるんだ!」と、こちらも参考になりました。

 職場体験の中学生は、初めは緊張していましたが、先生の声掛けもあって、徐々に溶け込み、一緒に走ったり、子ども達を抱っこしたりと楽しく参加していました。

★★ 今後の予定 ★★

平成25年1月10日(木)・3月7日(木) 時間はいずれも10:30~11:30

対象:2,3歳児とお父さん、お母さん 参加費:一家族 200円 定員:30組(当日受付、先着順)

 

11月15日 羊.JPG 11月15日羊②.JPG 11月15日羊③.JPG
11月15日羊④.JPG 11月15日羊⑤.JPG 11月15日羊⑥.JPG
11月15日羊⑦.JPG 11月15日羊⑧.JPG 11月15日羊⑨.JPG

 

  • 2012/11/15

「おかわり!」「おかわり!」「おかわり!」~伝えたい『だし』の味~

今日は、快晴!行楽日和。そして、県内市内いろんなところでは、イベントやお祭りが…。そんな中、こども館へ足を運んでくれた皆さんに…伝えたいこの味を!!当初、小学生だけだった対象を「どなたでもご参加ください♪」ではじまりました『伝えたいだしの味』。

 顆粒だしをつかうご家庭も多いんじゃないかと思われる昨今。我が家もそうですが、この日は違いますよ。なんと!煮干しから…、こ~んな大きな昆布から…、かつお節から…、だしを取っての味比べ。そう、本当に贅沢な時間なんです。

 まずは、かつお節を削る体験から。初めは、うまく削れなかった子どもたちも二回目には、“シュッシュッ”とリズミカルな音が聞こえてきました。自分で削ったかつお節を自分で食べてみる!手がとまらない様子でした。講師の三浦さんのお話しの間もついつい手がのびてしまう。その様子からとっても美味しいのがわかります。

1番だしを取った後の昆布をきざんでだし醤油で和えたものを試食。「おかわり~!」「おかわり!!」「おかわり!!!」これまた、とまらない。だしもだしがらもりっぱな一品になりますね。

煮干しの頭とワタの外し方を教わり、食べてみる。さぁ、だしを取る前の煮干しと取った後の煮干しの大きさを比べてみよう!…と思ったら、あ!煮干し全部食べちゃった(笑)またまた、美味しすぎました。「頭も食べたい」そんな声まで聞こえるほどに!(比較は下の写真にて)

 最後に、今日取った昆布とかつお節のだしでお餅入りのお吸い物にしてみんなで試食しました。まずは、ひと口そのままで飲み、その後、かつお節を足したものと味比べ。旨みが17倍もUP♪

私もちいさい頃におじいちゃんの家でかつお節を削ったなぁなんて思い出しながら、参加したこの日。きっと、参加してくださった皆さんもいつかこのこども館での体験を、舌の記憶を思い出してくれるかな。

 

~★☆今後の予定☆★~

・平成24年12月26日(水)管理栄養士みちるさんの~レシピのない料理 冬~

 対象:小学1~6年生

・平成25年1月27日(日)チャチャッと手開き~イワシとイカ~

 対象:4歳以上の子どもと保護者

11月3日だし.JPG 11月 だし②.JPG 11月3日 だし③.JPG
11月3日 だし④.JPG 11月3日 だし ⑤.JPG 11月3日 だし⑥.JPG

 

 

  • 2012/11/11

ぴっぴの取材ママ体験記「移動ベビーマッサージ」

移動こども館 にこにこベビーマッサージin西区

こども館で人気のプログラムのひとつ、『にこにこベビーマッサージ』がこども館をとび出しました。
今回の会場はイオンモール浜松志都呂2階のイオンホール。ママたちにとってはとても身近な場所です。
私は上の娘が赤ちゃんの時に、こども館での『ベビーにこにこマッサージ』に参加したことがあります。今回は久しぶりに、6か月の次男と一緒に参加しました。参加者は2か月~10か月の赤ちゃんでした。
時間よりも少し早めに着いたのですが、人気ぶりはこども館で行われるときと変わりません。広いホールがすぐにいっぱいになっていきました。
移動こども館での『にこにこベビーマッサージ』は常に人気で、会場に入りきれず参加できない人もいるようです。少し早めの受付が確実です。
会場の床の上には、こども館が用意してくれたきれいな白いじゅうたんが敷かれていました。ねんねやはいはいの赤ちゃんが多いので、衛生面への配慮はとてもうれしかったです。
会場内ではこども館のスタッフの方がバスタオルを敷いたり、荷物を持ったりとていねいに誘導してくれます。

123_R.jpg P6080936_R.JPG P6080938_R.JPG
P6080939_R.JPG P6080943_R.JPG  

 

 

まずは、こども館のスタッフさんによる手あそびからスタート。赤ちゃんの手や足を動かしながら、母子ともに身体と気持ちをほぐしていきます。
そして、助産師さんにバトンタッチ。ここでもまずはマッサージをするママの身体をほぐすところから始まりました。ママが緊張していると赤ちゃんにも伝わってしまうのでしょうね。実際に触れる手をこすり合わせて温めることがスタートのポイント。そして、「今からマッサージをはじめるよー」と頭からつま先にかけて優しくなでながらあいさつ。急に始めると赤ちゃんもびっくりしてしまうからです。
さあ、いよいよマッサージのスタートです。まずは足から。付け根から足首に向かってこすります。足の外側から内側へ、そして足の裏。その都度、「ここは手のひらでね」「ここは指先を使って」とマッサージの仕方を教えてくれます。ひとつひとつ教えてくださるので、ゆったりとした気持ちで子どもと向き合うことができます。
わが家では常に姉、兄が中心でバタバタとした中にいる次男。なかなかゆっくりとした時間が取れないのですが、今回はふたりきりの時間を満喫することができました。
マッサージも足からお腹、背中とくると次男はうっすらと汗ばんできて、血行がよくなってきているのが分かりました。マッサージにかかる時間は約20分ほどですが、赤ちゃんにとってはかなりの運動量になるようです。
次男はマッサージ後半からぐずりだしました。でも「途中で眠くなっても、ぐずってしまっても、その子のペースでいいですよ」と助産師さん。抱っこをしたり授乳をしたりしてもOKだそうです。「自分の子に合う方法で大丈夫よ」、そんな一言にも安心します。
マッサージ終了後には、助産師さんのお話。今回はこれからの季節に知っておきたい、熱中症についてです。熱中症にならないためのポイントをわかりやすくお話ししてくださいました。毎回、季節に応じた内容をお話ししてくれるそうです。
知っているのと、知らないのでは大きな違い。子どもと楽しく過ごすためのちょっとしたポイントを知ることができます。
これでプログラムは終了ですが、その後もしばらくは助産師さんの子育て相談やママ友達の交流の場として会場が開放されます。普段の子育てで気になっているちょっとしたことも気軽に助産師さんに相談ができるとあって、すぐに相談待ちの列ができていました。
スタッフの手遊びタイム → ベビーマッサージ → 助産師さんの小話 → 相談&交流タイム という流れは、こども館で実施されている『赤ちゃんにこにこマッサージ』のプログラムと一緒です。

こども館から遠くに住んでいる方にもこども館の楽しさを知ってもらおうという思いからスタートした移動こども館。実際に今回の参加者は西区在住の方が多く、こども館は遠くて行ったことがないという方もいました。また、上の子の時にはこども館に行っていたが、下の子はなかなか時間が取れずに足が遠のいてしまっている方も多かったです。そんな方たちにとって、身近な場所でこども館を体験できることはとてもありがたいですね。今回の参加を機に「こども館に行ってみよう」「他のプログラムも面白そう」という方も多くいました。
ショッピングモール内で行う大きな魅力として、駐車場代の心配がないという点もあります。子どもが小さいと、どうしても車での移動が中心。こども館に行くにも例外ではないでしょう。そんな時、家計を預かるママとして気になるのが駐車場代金の存在。でも、この移動こども館では気にする必要がなくて参加しやすいという声が多数聞かれました。
プログラム終了後も、ランチをしたり、買い物をしたりとゆっくりできるのもママたちの楽しみのひとつ。赤ちゃんマッサージでわが子とゆったりと触れ合い、その後はショッピングモールで気分転換をして過ごすことができます。

この移動こども館『にこにこベビーマッサージ』ですが、今年度は全部で8回、西区のほかに、北区と浜北区で開催予定です。
お近くの方はぜひ参加してみませんか。赤ちゃんとゆったりとした穏やかな時間が過ごせます。広報はままつやこども館のホームページをチェックしてみてくださいね。
 

  • 2012/06/30

はじめてのえのぐ

今年度から始まった「はじめての〇〇」。本日は始まって以来のたくさんの参加者で、とても賑やかでした。

今回はえのぐ用の筆の他に、身近な素材として手作りの太さや形の違う新聞筆を、作り方も含めて紹介しました。新聞独特の軟らかさ、硬さに、上下左右に大胆に使う子。スタンプのようにペタペタ押して使う子。思い思いの表現で楽しんでいました。「新聞でこんなに楽しめるなんて!」と、お母さんたちにも好評でした。

「これしか遊べなかった…」という時々耳にするお母さんの言葉を参考に、遊びが続きやすい環境、集中しやすい環境についても、今日用意した道具や環境を見ながらお話しました。「お母さん(まわりの大人)も、環境の中に重要に含まれますので、今日はどれだけ汚れても構わないという気持ちで出来るだけ見守ってください。そして、一緒に楽しんでください。」と…。実際、お母さんたちの関わりがとても上手で、惹きつけられる姿がたくさんありました。遊んだ後には、「広い所で思い切りできてよかった。」「家では出来ないことがやれてよかった。」と、嬉しい言葉がたくさん聞けました。

リピーターさんが増えているのも嬉しいです。

6月27日えのぐ①.JPG 6月27日えのぐ②.JPG 6月27日えのぐ③.JPG
6月27日えのぐ④.JPG 6月27日えのぐ⑤.JPG 6月27日えのぐ⑥.JPG
6月27日⑦.JPG 6月27日⑧.JPG 6月27日⑨.JPG

 

  • 2012/06/27

ハーモニカコンサート

11日は、こども館では恒例になっている、ハーモニカ奏者の山口牧さんによる「ハーモニカコンサート」がありました。

 

ハーモニカは他の楽器に比べて比較的小さな楽器かも知れません。

しかし、その音色にはおとなもこどもも聞きいってしまう大きな魅力があります。

今日もおじいちゃんやおばあちゃんから赤ちゃんまで、たくさんの人が山口さんのハーモニカに魅了されていました。

 

5月ハーモニカ①.JPG

今日初めて会った2人。すっかりなかよしです。

 

5月ハーモニカ②.JPG

なかよくなった2人は山口さんの後ろで踊り始めました

 

5月ハーモニカ③.JPG

山口さんのハーモニカからもう目が離せません!!

 

5月ハーモニカ④.JPG

音色につられてだんだん前へ・・・。特等席です♪

 

5月ハーモニカ⑤.JPG

曲の間に持ってきて下さったハーモニカの紹介。

5月ハーモニカ⑥.JPG

ハーモニカと言っても色んな種類があるんですよ。

 

山口さんは赤ちゃんが泣いても、すぐそばまで来ても、やさしいまなざしで見つめてくれます。

音を聞いて、こどもか様々な反応する・・・ それをそのまま素直に表現させてあげたい。

そんな思いがこども館のコンサートにはあります。

ですからお母さんたちもお気になさらず、こども館のコンサートへお越しください☆

 

次回は6月8日(金)11:00~11:30 フルートのコンサートです。

息のぴったり合った野牧さんのフルートと新井さんのピアノがとても心地よいですよ♪

 

  • 2012/05/12

羊たちと親子で体づくり

今日は、今年度初めての「羊たちと親子で体づくり」がありました。

動物たちと一緒に遊ぶわけではありません。「きのいい羊たち」という、静岡市を拠点に20年近く、子どもたちの身体や親子のふれあいを遊びを通して豊かにする活動をしている人たちなのです。

 

「遊び」という共通のことで縁あってつながったので、「羊たち」という名前を付けさせてもらいました。

今日は、浜松大学の学生さんたち7名も協力してくれて、お父さん、お母さん、子どもたち、お兄さん、お姉さんが一緒になって、走り、跳び、投げて、遊ぶ時間になっていました。

次回は、7月13日の木曜日にありますよ。是非、いい汗をかきに来てください。

ちなみに明日は、こども館では恒例になっている、山口牧さんのハーモニカコンサートがあります。一度聴いてみてください。必見です!

5.10羊①.JPG 5.10羊②.JPG
5.10羊③.JPG 5.10④.JPG
5.10羊⑤.JPG 5.10羊⑥.JPG
5.10羊⑦.JPG 5.10羊⑧.JPG

 

  • 2012/05/10

はじめての土ねんど

4月25日①.JPG 4月25日②.JPG 4月25日③.JPG
4月25日④.JPG 4月25日⑤.JPG 4月25日⑥.JPG

『はじめての〇〇』をテーマに、「単純な素材で親子で自由な発想や創造を楽しもう」という思いで、本日から始まった新プログラム。今回の素材は、こども館では土日のプログラムでおなじみの土ねんど。事前に、「お子さんのの発想や発言も楽しみながら遊んでみてください」と声をかけると、のびのびと遊ぶ中でも言葉を意識していることも感じとれ、「ころころ」「ぺったんこ」「ぷにぷに」「にょろにょろ」「できた!」など、お子さんの声も保護者の声もたくさん聞こえてきました。また、初めてお子さんがねんどに触れたという1歳半の三組の親子からは「こんなに遊べるんだね」「ねんどなんて、私も久しぶり!」と、弾んだ声が聞こえてきました。

 

一歩下がって全体を見ると小さくちぎったねんどが広がり、立体・平面的な作品が並ぶ大きな子の参加が多い土日との違いが感じられました。広がった小さなねんどから、小さな手で思いのままにたくさん遊んでくれたことが伝わってきました。

 

  • 2012/04/25

ねんね・ごろんのあかちゃんと

4月24日①.JPG 4月24日②.JPG

今日は暑いくらいの日ですね。そんな中、こども館では「いっしょにあそぼ! ねんね・ごろんのあかちゃんと」がありました。

またまた説明になりますが、昨年度までの「はじめてのことばあそび」です。こちらも、『いっしょにあそぼ』の仲間として、タイトルも新たにスタートしました。

内容は今までと同じです。参加したみんなでことばあそびやわらべうたを唄ったりして、赤ちゃんに話しかける、語りかける時間です。

 

今日は、一番小さい子で3か月。5~6カ月の子が多かったそうです。

赤ちゃんは、周りの音や声をよ~く聴いているんだと思います。(表情も)

子どもが話し始めると、「わっ、自分の話し方(口癖)にそっくり!」なんて感じることありませんか?

なんといっても、一番身近で、そして大切な環境は家ですもんね。そこで、話す言葉はやっぱり大事なんだと思います。

この時間が、家でのことば、日々の語りのちょっとしたヒント、きっかけ、楽しみにつながってくれるといいな~と願っています。

 

「ねんね・ごろんのあかちゃんと」は、原則第二、四火曜日の10時30分から11時30分までやっています。

ちなみに次回は5月8日(火)です。お待ちしています。

  • 2012/04/24

にこにこベビーマッサージ

4月20日①.JPG

 

今日は、「にこにこベビーマッサージ」。時間になると続々と赤ちゃんが集まり、50組以上の参加がありました。

 

これだけの人数の赤ちゃんを一度に見ることはないので、圧倒されると同時に、とっても幸せな気分でした。でも、育児中のお母さんたちは、日々生活しているわけで、いろいろな思いがあるんだろうなと思います。このひとときが、少しでもプラスの何かになればいいな~と思っています。

 

さてさて、この「にこにこベビーマッサージ」は、こども館では、原則第一、三、四の金曜日、午前10時30分から12時頃まで開催しています。事前予約は必要ありませんが、盛況でもあるので、開始時刻に余裕を持って来館されることをおすすめします。

 

また、この「にこにこマッサージ」は、移動して市内の3か所の場所でも開催する予定です。

当面の予定です。

6月8日(金) 志都呂イオン(西区) 10時30分~11時30分

7月13日(金) プレ葉(浜北区) 10時30分~11時30分

*ともに、事前の予約は必要ありません。開始時間に余裕を持って、直接会場にお越しください。

  • 2012/04/20

いっしょにあそぼ! よちよち・トコトコ

4月18日②.JPG 4月18日①.JPG

今日は「いっしょにあそぼ!よちよち・トコトコ」がありました。

昨日同様、昨年までは「トコトコひろば」というタイトルで開催していたものです。

タイトル通り、よちよち歩きやトコトコ歩くことのできる子どもたちが集まって、走ったり、お母さんたちと一緒に体を動かしたりして過ごす時間です。

第一、第三水曜日に開催する予定ですが、他のプログラムとの兼ね合いで、第三がなかったり、第一がなかったりすることもありますので、その都度お問い合わせいただくか、ホームページの催し案内またはこども館カレンダーで確認してください。

今日も本当に元気な姿がたくさんありました。

歩けるようになった喜びって、とてつもなく大きいんだろうなと感じました。見える景色、スピード、聴こえる音・・・。その喜びをお母さんたちもきっと感じているんだろうなと思いました。

 

  • 2012/04/18

いっしょにあそぼ! ハイハイ赤ちゃんと

4月17日①.JPG

今日は「いっしょにあそぼ! ハイハイ赤ちゃんと」がありました。

3月までは、「ハイハイひろば」というタイトルで開催していましたが、『いっしょにあそぼ』の仲間として新たにスタートしました。

主な対象はこれまでと同じ0歳と1歳児です。ハイハイをし始めの赤ちゃん、ハイハイ上手な赤ちゃん、これからハイハイをする赤ちゃんが集まって、お母さんたちと一緒に体をいっぱい動かして遊ぶ時間です。

原則第一と第三の火曜日、10時30分から11時30分に開催しています。事前の予約は必要ありません。開始時間に余裕を持ってお越しいただければ、ほぼ参加できます。(もし事前に様子を知りたい時はお気軽にお電話ください。)

今日もたくさんの赤ちゃんが、いろいろな表情を見せてくれていました。それ以上に、その様子を観ている、一緒に遊んでいるお母さんたちの嬉しそうな、にこやかな表情が印象的でした。

  • 2012/04/17

ぴっぴの取材ママ体験記「ハイハイひろば」

ボールでハイハイ.jpg

ぴっぴの取材ママさんが1月24日(火)に行われた「ハイハイひろば」を取材してくれました。

詳しくは、『ぴっぴの取材ママ体験記』をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

  • 2012/01/31

赤ちゃんって、スゴイ!圧倒されるその眼差し

赤ちゃんに、じ~っと見つめられて、ドギマギしたこと、ありませんか?

笑って話しかけても、大抵の場合は赤ちゃんて、すぐには笑わないんですよねぇ。何だかこちらの心の中を見抜かれているようで、だんだん恥ずかしくなってくるんですよ((笑)。だから益々一生懸命、手を変えてはいろいろアヤしたりして・・・。心のどこかで(私、バカみた~い)と思いながらね。

で、やっと赤ちゃんが笑うと、とっても嬉しくてね。いつの間にか周りの大人がみんな笑っている・・・なんてことが、毎日のようにあるんです。赤ちゃんって、スゴイ!

11月5日(金)の「赤ちゃんニコニコマッサージ」でも、赤ちゃんにまた圧倒されました。

 

授乳タイムで、お母さんと笑って話している間、ず~っと職員の顔をジ~っと見つめていました。 

会話の音声も聞きいっているような眼です。

 

 安心し切ってあ母さんの目をじっと見つめている赤ちゃん。

こういう時は、この親子の大切な時間を傍から壊してはいけないなあと感じます。

授乳の時間もそうですが、赤ちゃんもあ母さんも、互いに目と目でちゃあんと会話をしているんですね。

赤ちゃんにとっては、こんな「愛されている」実感の蓄積が大切なのでしょう。

 

 お母さんは、いつもよく自分に見せてくれる『極上の』笑顔を知っているので、その極上の笑顔を職員に見せてくれようと、いろいろ試すのですが、やはり職員のことをじ~っと真面目な眼差しで見つめていたのです。

これは、何度目かにやっと笑った1シーンです。

ありがとう。『極上』の笑顔は、きっといつもお母さんが赤ちゃんに見せているのでしょうね。

 赤ちゃんは、大人の助けがなければ生きていけません。だから、赤ちゃんが、こうしてじ~っと見つめたり、泣いたり笑ったりする全てが、生きていくための必死な姿なのかもしれません。本当に、愛おしくなりますよね。  
  • 2010/11/06

ここでも!笑顔とお話の輪が・・「移動こども館~赤ちゃん大集合in東区~

10月27日(水)当日は、さわやかな秋晴れ。浜松市東区に「赤ちゃん大集合!」がおじゃましたのは今回が初めて。

会場の天竜公民館に集まった、赤ちゃんもお母さんも、た~くさんおしゃべりして、た~くさん遊んでました。

     

「いないいないばあ~」お母さんたちの温かい声と笑顔に、赤ちゃんたちも身体全体で喜んでいます。お母さんたちは、わらべうた遊びやゲームにとても積極的。お母さん同士もすぐに打ち解けていました。

 

 「髪いっぱい あっていいよねぇ。」

「いつも何時頃起きるぅ?」

などと、互いに気軽に話しかけていました。

「ちょっと抱っこさせてぇ。」と、月齢の違う赤ちゃんを抱っこする姿も・・・。

 
 

 2ヶ月から11ヶ月の赤ちゃんとお母さんたちが集まったのですが、お母さんたちが和んでいるのを感じているかのよう。

不思議なくらい!赤ちゃん同士も集まって「あ~あ~」と、しきりに会話(?)を交わし、見つめあい、何やら互いに交信していました。

 

  • 2010/10/27

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE

一覧ページに戻る