浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館 今日の風景

いまこそドッヂビー~大人もあそぼっ!

 ただいまこども館では冬の特別プログラム「現在こそ 正月あそび~大人もあそぼっ!~」を行っています。そのプログラムでひと盛り上がりした後のホールで、再び子どもも大人も一緒に遊んでいる場面に出会いました。それはボランティアのお兄さんがこどもたちとやり始めたドッヂビーです。

 初めの何回戦かは子どもたちだけで行っていたのですが、あそびも終盤、子どもたちの多数決により「こども対大人」で行うことに決定しました。大人ってボランティアさんと職員の2人しかいないけど...と職員は冷や汗をかいていましたが、「お母さんがやればいいじゃん」「お父さん呼んでくる!」とこどもたちが仲間を増やしてくれました。大変めずらしい、こどもVSおとな(ボランティア、職員、お父さん・お母さんの5人)の対決です!

 お互い奮闘していると、お父さんが新たに加わり、高校生のお兄さんたちまで加わり、とても賑やかなドッヂビーになりました。大人に対して容赦のないこどもたち、全力でぶつかる大人たち、子どもに優しい高校生のお兄さん、その場にいた全員が本気であそんでいたので、みんなの目がキラキラ、盛り上がる声の絶えない素敵な時間でした。

 異年齢や多世代の交流やふれあいって仕掛けても思うようにいかないものです。今日の風景を見て、やはり子どもたち自身の力で遊び込んでいくその力にはかなわないなと改めて感じました。

DSC08849.JPG

 土日の午後、こども館に来るとドッヂビーであそんでいる場面に出くわすことがあると思います。そんなときは、ぜひホールをのぞいてみてください。子どもも大人も大歓迎です!一緒にあそびましょう!

DSC08850.JPGDSC08851.JPG


  • 2017/12/17

5月31日「放課後こども館」

水曜日は「放課後こども館」というプログラムを行っていて、集まった小学生と職員、ボランティアで遊びます。

 今日は2時過ぎからぞくぞくと小学生が遊びに来てくれました。大勢の学生ボランティアさんと一緒に、長縄やドッチビーをしたり、けん玉や皿回しをしたりして、自由に時間を過ごしました。あちらこちらから元気に遊ぶ声が聞こえてきて、にぎやかな午後のこども館になりました。

みんなでけん玉の話を聞いています。

DSC06387.JPG

ボランティアさんと全力でドッチビー!

DSC06386.JPG

 こども館の終わりを知らせる音楽が鳴るころまで、たくさんあそんでいったようです。いろいろな遊びに挑戦して充実した放課後を過ごせたのではないでしょうか?来週の水曜日も「放課後こども館」があります。たくさん遊びたい子、待ってます!

  • 2017/05/31

こども館の一コマその1

浜松市立西小学校の6年生の女の子仲良し4人組が、おもしろいものをみつけました。

「中から見たカプラの風景」です。外から見ることはあっても、中から見ることはあまりないですよね。素敵な発見をありがとう。 by くろ

DSC06144.JPGDSC06145.JPG

ちなみに外側から見たカプラ。テーマは「ペットボトル」

DSC06146.JPG

  • 2017/05/03

5月3日 伝承遊び

 今日はお天気もよく、こども館は家族連れでゆったりとした一日でした。

そんな中、子ども達と職員が一緒になって、得意な職員から技やコツを教わりながらたくさん遊びました。子ども達は皿回しやこま回し、竹馬など何度も何度もチャレンジし、気づけばお父さんお母さんもいつの間にか夢中でチャレンジ。子どもも大人も成功すると「やったー!できた!」と思わず叫ぶ声が。すると周りの子たちも一緒に「すごい!すごい!」と喜びを分かち合う、そんな素敵な一日となりました。伝承遊びは遊び継がれているだけあって、昔も今も変わらず子どもだけでなく大人をも夢中にしてしまう不思議な力を持っていますね。

 このゴールデンウィーク、家族みんなで伝承遊びに没頭してみませんか。  by H.O DSC06135.JPGDSC06141.JPG  

  • 2017/05/03

楽しそうだな~

子どもたちが集まって、ワイワイ言いながら楽しそうに遊んでいました。

職員も交じって。「カロム」というボードゲームをやっていたそうです。

一緒に遊んではないのですが、近くにいてみんなでワイワイやっているのを見ているだけで楽しくて、いい気分になりました。なんでだろう? By S

DSC05883.JPGDSC05884.JPG

  • 2017/04/05

けん玉女子

春休みに入って、日に日に小学生の姿が多くなってきています。そんな中先日、職員と一緒にけん玉で遊んでいる小学生4人組がいました。

30分くらいでしょうか、職員を中心に丸くなってワイワイいいながら。でも真剣に。けん玉でつなげっているのがとても楽しそうな雰囲気でした。

こういう昔からある遊びって、男女も年齢も関係なくできるし、一人でもたくさんでも遊べる魔法のような遊びだなって今日の4人組をみて改めて感じました。

この4人組が素敵だなと感じたことがもう一つ。遊び終わったあと、4人揃って職員に「教えてくれてありがとうございました。」と挨拶にきたことです。清々しい4人組でした。

DSC05826.JPGDSC05827.JPG



DSC05835.JPG

  • 2017/03/23

こども館で中学生が遊ぶ

こども館には中学生も高校生も遊びに来ます。不思議ですが、それがこども館の特徴でもあります。ただ、身体は大きいし、スピードもあるし、ハラハラする存在でもあります。たいてい一度はスタッフから「危ないので気を付けて」と声を掛けられています。

今日の中学生もそんな感じだったのですが、最後に「さずが!」と感じさせてくれる遊びをしていきました。

カプラを円柱状に積んで、小さい子たちでは届かない高さまで高く積み上げていました。ダイナミックさも、バランスも、チームワークもさすが中学3年生という遊びでした。真剣に遊ぶ中学生はカッコよかったです。

DSC04866.JPGDSC04867.JPG

  • 2016/11/03

開館15周年記念

浜松こども館は、平成131122日に開館した子どものための文化施設です。おかげさまで今年度15周年を迎えることとなりました。多くの方に利用していただいたおかげです。ありがとうございます。

浜松こども館では、これまで応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込めて、1113日(日)午後1時より記念のセレモニーを行います。是非お越しください。

当日、開館先着150名様には、ボランティアによる手作りの記念品をプレゼントさせていただきます。セレモニー終了後には、「こま回し大会」を行い、それぞれの部門の「一番長く回せるチャンピオン」を決定します。就学前のお子さんから大人の方までどなたでも大歓迎です。多くの皆さんの参加をお待ちしております。

by 館長

DSC04431.JPGDSC04432.JPGDSC04433.JPG

  • 2016/10/22

つぶやき川柳(ことば遊び)

 浜松こども館では、月ごとのテーマに合わせて来館者が自由に参加できる「川柳コーナー」を設けています。ご存知ですか。

 7・8月のテーマは、「夏」でした。131名とたくさんの方が、それぞれの思いを言葉に託してくださいました。ありがとうございます。作品は、情報コーナーに掲示してありますので、来館の際ご覧になってください。

 また、応募作品の中から、今月の「館長賞」「大人賞」「こども賞」を選びました。皆さんの感性の豊かさに驚かされます。事務室前掲示板に川柳大賞として紹介していますので、こちらもご覧ください。

 なお、9月からのテーマは、「天気」です。エスカレーター側受付カウンターに用紙がありますので、気軽にことば遊びを楽しんでください。 by 館長 

IMG_4008.JPG                                                                                

IMG_4007.JPGIMG_4009.JPG

  • 2016/09/10

朝顔の種とり

夏も終りに近づき、夏休み最後の土曜日、浜松こども館に遊びにきてくれた来館者と朝顔の種とりを楽しみました。

大勢の人が食事や休憩に利用するドリンクコーナーは、6月半ばから朝顔のグリーンカーテンがたくさんの花を咲かせながら夏の日差しをやさしく遮り来館者の憩いの場となりました。

朝顔の種とりには33人の参加者が集まり、葉の影に隠れた種を見つけると嬉しそうにコップに集めていました。最後に集めた種の一部をお手伝いのお礼にプレゼント、来年お家でも朝顔のカーテンが広がるとうれしいです。

DSC04201.JPGDSC04206.JPGDSC04208.JPG

  • 2016/08/27

土ねんどで遊んだよ!

今日は、「ずっしりペタペタ 土ねんど」を行いました。たくさんの親子の方に参加していただきました。ありがとうございました。その中で、大勢で遊びに来て下さったご家族がいらっしゃいました。おじいちゃんが見守る中、子ども達もお母さんもおばあちゃんもみんな夢中で、土ねんどの感触を楽しんでいるようでした。

明日も13:00~行いますので、よろしかったら遊びに来て下さいね。byくろ

IMG_3683.JPGIMG_3684.JPG

  • 2016/07/23

思い出の曲をリクエスト

 事務室にいると、突然、館内から歌声がきこえてきました。ホールに出てみると、子どもたちがピアノの弾き語りをしているボランティアさんを囲んで「虹」という曲を歌っていました。周りには、ママたちが温かな眼差しで子どもたちを見つめていました。

 子どもの歌声は、大人の心を引き付ける魅力をもっています。土曜日の午後、こども館に響いた歌声に心が洗われる思いがしました。

 お話を伺ってみると、同じ幼稚園を卒園したお友だち同士がこども館に集まり、楽しい時間を過ごしたということでした。館内に響いていたのは、卒園式で歌った思い出の曲をリクエストし、転校することになったお友だちを囲んで歌っていたその歌声でした。

 素敵な歌声を聞かせてくれた1年生の皆さん、ありがとうございました。

 皆さんも、弾き語りをしているボランティアさんがいるときは、思い出の曲をリクエストしてみてはいかがでしょう。

IMG_3471①.jpgIMG_3473.JPG

 

  • 2016/07/10

楽しそうなパパ友に出会いました!

DSC03846.JPGDSC03843.JPGDSC03849.JPG奥様たちが友人の結婚式に出席している間、パパたちは浜松こども館に集って遊んでいるとのこと。誰がどの子のパパなのかわからないくらい、パパたちも子どもたちも自然体で実に楽しそうでした。実はパパたち、大学の時からの友人同士だそうです。本当に嬉しい出会いでした!

  • 2016/06/25

こども館に素敵な音色が・・・

今日は日曜日。たくさんのお客様がこども館にお見えくださり、大人も子どもも笑顔いっぱいで遊んでいました。

こんな日は、赤ちゃんの笑い声や、日頃お仕事で忙しい父親に思いきり甘える「パパ~」の声。けん玉やコマで

遊んでいて思わず叫ぶ「できた~」の歓声等、館内には様々な声が響き渡ります。

今日のこども館は、そんな響きとともにボランティアさんによるシンセサイザーの演奏が館内に流れていました。

素敵な音色とともに過ごす日曜の午後でした。DSC03708.JPGIMG_3192.JPG

  • 2016/06/16

なかよし家族さん

ある日曜日、ホールで素敵な家族さんに出会いました。

静岡市から遊びに来てくださった、お父さん、お母さん、男の子3人兄弟。

みんなで楽しく、長縄遊びをしていました。お父さん、お母さんが回す長縄で「せーの」と元気いっぱい飛ぶ子ども達。とても温かい雰囲気をもった家族さんでした。

こども館の土日や祝日は、ご家族で遊びに来て、楽しく過ごされている方が多いです。

『まるで家にいるようなリラックスして過ごせる場所』でありたいなと思います。

IMG_3119.JPG

IMG_3117.JPG

  • 2016/06/11

竹馬、開店!

これまでしばらく竹馬がお休みでしたが、またいつでも遊べるようになりました。

「竹馬あそべます」の看板がエレベーター側の受付に出ていたら、竹馬の貸し出しができます。受付に「竹馬かしてください!!」と声を掛けてくださいね。

IMG_2975.JPGIMG_2977.JPG

のるためのコツは、倒れるくらい前に重心をかけることです。

看板が出ている時はぜひ遊んでみてください。

(ただし、館内が混んでいる時は倒れたり、ぶつかったりしてケガをする危険が高くなるのでお休みになります。ご理解ください。)

  • 2016/05/19

ボールプール

昨日の夕方、高校1年生が56人で遊んだ跡です。

DSC00552.JPG

  • 2015/12/05

かくれんぼ

今日も14人が遊びに来ました。半分が先週も来た人たちでした。

宿題やって、自由に遊んで(オセロやったり、ツイスターをやったり)、みんなで「かくれんぼ」をしました。

かくれんぼの最後の子は時間一杯まで見つかりませんでした!どこに隠れていたと思います?

次の「放課後こども館」は63日(水)です。

DSC02850.JPGのサムネイル画像DSC02852.JPG

  • 2015/05/27

放課後こども館

昨日は、「放課後こども館」の初日でした。

5つの小学校から14名の子どもたちが遊びに来ました。

一緒に宿題をやっている風景です。記念すべき風景です。

DSC02633.JPG

  • 2015/05/21

今日の「オニごっこ」

子どもたち同士、そして子どもと職員があっという間に仲良くなっていました。魔法みたい。

6.14オニごっこ.JPG 6.14オニごっこ②.JPG
6.14オニごっこ③.JPG 6.17オニごっこ④.JPG

 

  • 2013/06/14

高校1年生とカプラ

浜松こども館にはたまに高校生や大学生が遊びにきます。

「なつかしいな~」って言いながら。その時、とっても可愛い顔をしています。

今日も高校1年生の男子3人組がカプラをやったり、折り紙をしたりして過ごしていました。

そして、カプラでは熱心にこんなものを創っていました。

6.1高1カプラ.JPG

  • 2013/06/02

今日の「おにごっこ」

今日も午後から「おにごっこ」をやりました。

スタートは男の子4人くらいでしたが、徐々に増えて、最終的には20人くらいに。

男の子と女の子のグループ、4歳と5,6年生の子どもたちと、うまく交わっていない子ども同士が交わっているのか交わっていないのかわからないまま始まって、終わって、なんとなく交わったような、だけどやっぱり交わっていないようで。始まる前と終わった後の顔の表情を見て、そんなことを思いました。それぞれの満足度は違うけど、「まあ、やるだけやった」という表情でした。でも、それでいいのかも…。

 

自分は最後の氷オニに参加。途中から足がもつれ、7階まで追いかける力は残っていませんでした。バテバテでした。

5.29オニ①.JPG 5.29オニ②.JPG

始まりはホールから。職員も真剣!

途中休憩を挟みながらも、男の子たちは2時間近くおにごっこを。
5.29オニ③.JPG 5.29オニ④.JPG
後から来た子たちは宿題をやってから。 館内でのおにごっこの始まり!
5.29オニ⑤.JPG 5.29オニ⑥.JPG
ああしたい、こうしたいといろいろ意見が出ます。 全力!
5.29オニ⑦.JPG 5.29オニ⑧.JPG
必死! まずは終わってやれやれ。
5.29オニ⑨.JPG 5.29オニ⑩.JPG
息つく暇もなく次は「ろうそくおに」へ。 おににタッチされたら「ろうそく」になる。
5.29オニ⑪.JPG 5.29オニ⑫.JPG
やれやれ。 まだやりたそうだけど。それぞれなんとなく心も身体もほぐれている、そんな感じがします。

 

  • 2013/05/29

ついに!!!

鬼ごっこをやりました。子ども同士や家族ではたまにやっている姿を観るのですが。職員が仕掛ける鬼ごっこをやってみました。

とにかく楽しい!(疲れるけど)。これに尽きます。子どもの気持ちがよくわかります。

この楽しさを知ってしまって、さて、これからどうするか。小さな一歩だけど、実は大きな一歩かもしれない。

今日は職員もよく眠れるだろうな。

 

5月15日オニ.JPG 5月15日オニ (ホール).JPG

まずは準備体操。

 

最初はホール内で。

 

5月15日オニ(学生参戦).JPG 5月15日オニ(逃げる).JPG

浜松学院大学の学生参戦。

 

追いかける。逃げる。

 

5月15日(捕まえる).JPG 5月15日オニ(ふやしオニへ).JPG

捕まえる。

 

みんな集まって、いよいよ最後のふやしオニへ。

 

5月15日オニ(ふやしオニはじまり).JPG  
ふやしオニ、はじめ~!  

 

  • 2013/05/15

5月のFMハロー

今月のFMハローでは、「いっしょにあそぼ!ねんねごろんのあかちゃんと」と「コマ検定」の紹介をしてきました。コマを実際に持って行って紹介していましたが、伝わりましたか。

(ちなみに担当する職員は毎回変わっています。)

今日は、応援に行った職員がスタジオの中まで入らせていただきました・・・。FMハローさんありがとうございます。またお邪魔します!

5月15日 FM 飯塚さん.JPG 5月15日 FM中から②.JPG

 

  • 2013/05/15

ミステリーカプラ

GW前半の3日目。全体的にゆったりしていて、どこの場所でものびのびとたっぷりと遊んでいます。フロアーをくるくる回っている人。乳幼児広場でくつろぐ人。コマができるまで何度も何度もチャレンジする人。「染め紙」や「モクモク蒸しパン」で遊ぶ人。それぞれに好きな場所、居心地のいい場所で見つけて過ごしています。

 

と、そんな中、職員が「すごい作品があります!」と飛んできて、記録してきました。それが下の写真です。

カプラで遊んだことがある人はわかると思いますが、ここまで積むのは根気がいるし、何よりとても綺麗な形になっています。イッタイ ダレガ ・・・。

ただ、発見した時は人がおらず・・・。作品だけが残っていました。

ミステリーサークルならぬ「ミステリーカプラ」です。

というのは冗談だとして、ここまで夢中になって過ごしてくれたことに感謝です。

また創ってください!

4.29カプラ①.JPG 4.29カプラ②.JPG

 

  • 2013/04/29

こども館の過ごし方~代休編~

今日からGW前半の始まり!天気も良くて、こども館ものんびりです。快適です。

さて昨日の風景です。

昨日は、「小学生の日!」と思うほど、開館から、小学生が勢いよく遊びに来ていました。

佐藤小に、白脇小、鴨江小に西小、そして富塚中と。

幸い午前中のプログラムはベビーマッサージで、赤ちゃんたちはホールに集まっていたので、小学生や中学生があちこちで、存分に遊んでいました。たまにはいいですよね。というか、小学生や中学生だって、遊びたいだろうし、発散したいんですよね。そんな気持ちにこども館もできる限り寄り添えたらな~と思っています。

多くの子どもたちが結構長時間遊んでいるので、今日はどんな予定で来ているのかな~と思い、ちょっと話を聞いてみました。

<5年生の男の子のグループ>

・映画を観てから来た。(12時を過ぎていたけど)ポップコーンをたくさん食べたので、まだお腹がすいてない。すいたら、何かを買って食べるかも。こども館には何回も来ている。

<6年生の女の子と男の子のグループ>

・開館と同時に来た。3時くらいまでいる予定。お昼はお弁当を買ってきて食べた。ついこの間、3月にも遊びに来た。幼稚園の頃はよく来ていた。

<4年生の女の子グループ>

・10時15分くらいに来た。4時半くらいに帰る予定。家からお弁当を持ってきた(自分で作ってきた子も!)。

仲間で相談したり、計画したりして、それぞれの過ごし方をしているんだな~と微笑ましく感じました。同時に、たくましいなって。

友達と「今日どうする?」って、話し合って、「こども館行くか!」って誰かが言って、「そうするか!」と仲間が賛成して。そんな会話に「こども館」が登場してくることが嬉しいです。

以上、代休の日のこども館の過ごし方でした。

 

IMG_7122.JPG 4.26代休②.JPG 4.26代休③.JPG
ホール前でコマに夢中 おしゃべりも楽しいひととき ボールプールでのびのびと
4.26代休④.JPG 4.26代休⑤.JPG 4.26代休⑥.JPG
中学生はカプラに夢中 お弁当のあとはおやつを食べながら、おしゃべりタイム。 駆け回る。

 

  • 2013/04/26

何気ないことだけど、

3月19日ドッチビー②.JPG 3月19日 ドッチビー③.JPG  

春休みに突入という感じで、朝から「さあ、遊ぶぞー!」という子どもたちがたくさん来ています。

そんな中、4時過ぎくらいから、閉館まで、ホールで、子どもたちだけでドッチビーをやっていました。何人ずつかのグループが寄り集まって。一番年上は、中学生か高校生くらい。小学生の男女が入り混じって。

何気ない風景です。だからこそ、壊したくない時間だと思いました。大人が仕掛けたわけではない、子どもたちだけで創っているこの時間を。

あそびの神様を一足先に見た気がしました。

  • 2013/03/19

職人のように・・・

黙々と・・・

1月19日 ドミノ.JPG 1月19日 ドミノ②.JPG

ただ黙々と・・・2時間以上・・・

1月19日 ドミノ③.JPG

微調整を加えながら・・・の完成! 形も様々!

1月19日 ドミノ④.JPG 1月19日 ドミノ⑤.JPG 1月19日 ドミノ⑥.JPG

 

周りからの「緊張する~」の声。集中して創っているのは5年生の男の子。

”必要以上に近づかない”の暗黙のルールで、一定の距離を保ちつつ、見守る周りの様子も微笑ましかったです。

そんな周りの様子も気にせず、黙々と並べる集中力に胸を打たれました。見習いたいです。

子どもたちはきっとこんなキラキラする力を持っているはずです。

  • 2013/01/19

明日の午前中は「ねんど遊び」ができます!

明日、18日(木)の午前中は予定ではプログラムはないですが、急きょ、ワークショップで「土ねんど遊び」をやります。 

中学生のお兄さんやお姉さんもいますよ。

是非遊びにおこしください。お待ちしています!

10月18日ねんどお知らせ.JPG

 

  • 2012/10/17

平日の午後・・・おりがみ

乳幼児のいるご家庭では平日の午後はどうのように過ごしているのでしょうか? 

 

こども館では、午前中は年齢に応じた様々なプログラムを日替わりで実施しています。

そして午後は・・・プログラムはなく、それぞれのペースで、それぞれの時間をゆったり過ごしていただいています。

 

今日は、そんな午後の時間のひととき、おりがみの得意なボランティアさんたちが、3枚ゴマ作りを子どもたちと一緒にしてくれました。

このゆるやかな時間が自分は好きです。

10月9日(おりがみ).JPG

 

  • 2012/10/09

9月23日(日) 3時からは「うたダン!」

うたダンポスター.JPG

こども館常連の1年生の女の子が『うたダン』というタイトルをつけて、ポスターも作ってくれました。

ありがとうね。

 

今週の23日(日)の午後3時くらいから、6階のホールで『うたダンひろば』があります。

えーっ、そんなのカレンダーに載ってなかったよと思うでしょうが、やります。カレンダーに載っているのはあらかじめ時間の設定が必要だったり、事前に準備やお願いすることが必要だったりするプログラムが中心に載っています。でも、こども館はプログラム以外の時も普通に遊ぶことができるし、その時、その時の気分や雰囲気でこんなことしよっか、ということもたくさんあります。ドッチビーもそうだし、おりがみや皿まわし、けん玉なんかはプログラムにはないけどやっています。その方が本来の遊びだけど。

 

というわけで、そんなノリで、23日に『うたダンひろば』があります。演奏が得意なボランティアさんの周りで、みんなが知っている歌を歌ったり、ダンス?したり、う~ん、つまりみんなでワイワイやりましょう!という時間です。こうしましょう、ああしましょう、ということはありません。その時に集まった人たちが気持ちのいいようにやっていきます。とってもゆるやかです。

今、こんな曲がいいな~と候補のあがっているのは

「かえるのうた」「にじ」「ぜったいもっと好きになる」「風になりたい」「上を向いて歩こう」「世界にひとつだけの花」などです。

1人より2人、2人より3人・・・そこに集まった人たちと一緒に歌うときっと気持ちいいだろうな。と思っています。

お待ちしています!

  • 2012/09/21

ぴっぴの取材体験記 『ぬいぬい』

今回は、こども館を裏側から支えてくださっているボランティアの方々を紹介します。

 

みなさんは、ままごとコーナーにある布のおもちゃで子どもたちと遊んだことがありますか? 先日息子たちと遊びに行った際、「これは誰が作っているのだろう?買ったものかな?」と気になっていました。聞けば、こども館のボランティアさんたちの心のこもった手作りだとか。毎週火曜日の午後に、『ぬいぬい』というグループの皆さんが作っているとのことです。

 

裁縫が好きな人、得意な人が集まって、ままごとコーナーなどにある遊び道具を作っています。こども館にあるほとんどの布おもちゃは『ぬいぬい』のお手製。その他にも、館内の掲示物の作成、ソファーの修繕なども担当しています。メンバーは40代~80代で現在12名。なかには、こども館の開館当初から11年間続けている方もいるそうです。

 

こども館ができた当初、布製のおもちゃはありませんでした。「布の温かみが伝わるおもちゃを作ろう」という当時の館長さんの一声で、足踏みミシンを自宅から運び、材料も全て持ち寄って作り始めたのがきっかけです。

 

 

作業室を訪ねてみました。

お邪魔して驚いたのは、皆さんの生き生きとした表情。楽しくおしゃべりをしながらも、縫いものの手は止まりません。みなさんそれぞれに得意分野があり、布からイメージしたり、型紙起こしから始めたり、思い思いに作品を作っているそうです。

 

気を付けなければいけないのが、針。

万が一、作品に針が残っていたら危険なので、針箱の中に徹底して戻しています。

 

たくさんの子どもたちが遊びに来る夏休みや冬休みの後には、汚れがひどいものや布がすり減って中の綿が飛び出てしまったものが出てきます。

 

汚れのひどいものはお洗濯。破れたものはひとつひとつ布を張り替えて綿をきれいにし、再び子どもたちが楽しく遊べるように直してくれます。毛が抜けてしまったパペット人形を、目立たないように同色の毛糸で毛並みを作っているのには驚きました

 

さて、この日は新しいおもちゃが仲間入りする日。

かわいいケーキたちが机の上に並んでいました。1種類につき5個作り、だいたい1日でできてしまうとのこと。お裁縫の苦手な私は感激しました。できあがったケーキは、クリームの立体感が出ていたり、フルーツのつぶつぶ感が表現されていたり、本物と間違えそうなぐらいおいしそうでした。明日の朝、一番に来た子はラッキーですね! 「新しいおもちゃを見て、子どもたちがどんな反応をするのか楽しみ…」とみなさん笑顔でした。

毎週、閉館時間際におままごとコーナーを片付けながら、おもちゃのチェックをしているそうです。

すり減ったものや、汚れたものを間引いて、新しいものと入れ替え、ケーキ屋さんだったら、お皿もいるよね、フォークもあったほうがいいんじゃない?皆さん楽しそうにアイデアを出し合っていました。

 

本当に前向きで、明るく、元気で、エネルギッシュな方々です。この活動のいいところは?と聞くと、「幅広い年齢の方々が集まっているので、お互いにいい刺激を受けています」「ワイワイ世間話をしながら作業するので、リフレッシュにもなります」「自分たちが楽しく作った作品で、子どもたちが遊んでくれるのがとてもうれしい」と笑顔で教えてくれました。

 

こども館を陰から支える『ぬいぬい』のみなさん。

普段は表に出ないけれど、こども館を訪れる子どもたちのために一生懸命頑張ってくださっています。心のこもった作品に触れて、のびのび遊べる子どもたちは幸せですね。

これからも、素敵な作品をたくさん作っていただきたいです。

 

9月4日 ぬいぬい①.jpg 9月4日 ぬいぬい②.jpg
9月4日 ぬいぬい④.jpg 9月4日 ぬいぬい⑦.jpg
9月4日 ぬいぬい⑤.jpg 9月4日 ぬいぬい⑥.jpg
9月4日 ぬいぬい⑨.jpg 9月4日 ぬいぬい⑩.jpg

 

  • 2012/09/19

今日、ドッヂビーやる?

今日もいい天気です。こども館は昨日より賑わっています。午前中にはボランティアさんによる読み語り、そして、「パンづくり」「土ねんど」をはじめ、館内のあちこちでいろいろな人たちが交って遊んでいます。

午前中から常連の子たちがちょこちょこ遊びに来ていて、

「今日、ドッヂビーやる?」

と何回か声を掛けられました。

午後、いつものボランティアが活動に来て、いつものようにドッヂビーを使ったドッヂボールのルールの試合が始まりました。

今ではいつもの風景ですが、ここに至るまではいろいろありました。これからもいろいろあると思います。でも大事にしたいことは、なるべく大人の関わりを薄くすること。

今日の様子を観ていても、ちょっと上のお兄ちゃんたちの言うことはなんだかんだ言っても聞いているんですよね。

ボランティアさん、これからも頼むね。みんなのおかげです。みんなの力です。

9月9日ドッチ.JPG 9月9日ドッチ②.JPG
9月9日ドッチ③.JPG 9月9日ドッチ④.JPG
9月9日ドッチ⑤.JPG  

 

 

 

 

  • 2012/09/09

新しいねんど登場!

あっという間に9月も6日が過ぎました。こども館も徐々に通常の状態に戻っています。

そんな中、今日は、これからの「土ねんで遊ぼう」や「移動こども館~ねんどがドーン~」などで使う土ねんどに新しいねんどを練って加えました。

こども館で使っているねんどは愛知県瀬戸市から取り寄せたねんどで、彫刻用と陶芸用をミックスして練って使用しています。

久々に新しいねんどを練って触れましたが、艶といい、ふんわり感といい活きがいい状態でした。

実際に使うのは今週からだと思います。遊びに来たみなさんは、新しいねんどがわかるかな~?

もしわかったら職員にさりげなく教えてくださいね。

9月5日ねんど.JPG 9月5日ねんど②.JPG
9月5日ねんど③.JPG 9月5日ねんど④.JPG
   
   

 

  • 2012/09/06

いろいろな過ごし方

今日も暑いですね。

職員にとって毎日、毎日いろいろな遊び方や過ごし方をしているのを観るのはとても楽しみです。同じ子どもであっても決して同じということはないですから。その日の気分、一緒にきた仲間、天気、空気などによっていろいろな姿が観れます。だからこそ、これが正しいっていうことはないんんでしょうね。今が大事ですから。

今日は屋上で団体さんたちが気持ち良さそうに、楽しそうにお昼を食べながら過ごしていました。屋上もさぞかし嬉しかったと思います。天気の良い日の屋上はこんな使い方もできますよ。

8月27日屋上.JPG 8月27日屋上②.JPG
   
   
   
   
   

 

  • 2012/08/27

屋上にて。

庭園7月②.JPG 庭園7月①.JPG

今こども館の屋上には、こんな可愛い花がたくさん咲いています。

2年くらいかかって、ここまで広がりました。

ここはザザシティの7階になりますが、初めて訪れた方はこんなビルの上に緑があるんですね~と驚きます。天気の良い日は気持ちいいし、癒しのスポットでもありますよ。これからはゴーヤなどの緑のカーテンが窓際を覆うっていく予定です。皆さんも、遊びに来た時にどんなふうに成長しているかのぞいてみてくださいね。

  • 2012/07/06

しゅっしゅぽっぽ♪

ホールでとってもいい雰囲気で遊んでいるよ、早く、早くとせかされて、撮りました。

静岡市から遊びに来てくれたそうです。

子どもたちが、とっても、とっても楽しそうでした。お父さん、お母さんが後ろで、一緒になって笑顔でいてくれるからだと思います。大人の気持ちや表情は、子どもに伝わるんだと思います。そして、子どもの気持ちがまた大人に伝わって。そんな電車に乗ったら、きっと、楽しいでしょうね。良い風景をありがとうございます。

6月11日ホール.JPG 6月11日ホール②.JPG
6月11日ホール③.JPG 6月11日ホール④.JPG

 

  • 2012/06/11

中学生の力!職場体験2日目。

今日は、恒例の「フルートコンサート」があり、イオンモール志都呂では「移動こども館~にこにこベビーマッサージ~」があり、どちらも盛況でともに100人以上の参加者がありました。ありがとうございます。託児も飛び込みありで、職員がとんだり、はねたりしている一日でした。

 

でも、今日の風景として報告したいのは、中学生の職場体験の姿です。

今日の午後は、彼らに任す活動を多くして、それぞれに考えて、遊んだり、かかわったりする時間にしました。

そんな中で生まれた風景です。きっかけは「風船」です。そんなの簡単じゃん、って思いますか?

重要なことは、彼ら自身が考えて、行動したことだと思います。そんな中学生の力に拍手です。

それにしても、いい顔だな~。優しい顔だな~。こっちまで笑顔になります。ありがとう!

6月8日富塚.JPG 6月8日東部.JPG

 

  • 2012/06/08

職場体験

今日は、今年度初の職場体験がありました。体験した学校は富塚中学校と東部中学校。

初日で、しかもちょうど親子プログラムがない中だったので、なかなか大変だったんじゃないかと思います。

でも、6人の顔には意欲が現れていました。こっちがしっかりしなきゃ!と感じました。

職場体験は、自分たちにとっても、普段の自分たちの仕事を振り返る、いつも何をやっているんだろうと考えさせられる時間でもあります。

明日は2日目です。「おえかき」や「カプラ」などの遊び場に中学生がいますので、是非声をかけてください。そして、遊んでください。

6月7日職場体験(富塚).JPG 6月7日職場体験カプラ.JPG
6月7日職場体験カプラ②.JPG  

 

  • 2012/06/07

屋上で。

今日は、月曜日。代休の学校もあったようで、朝から小学生が遊びに来て、元気に遊んでいます。おかげで、賑やかです。

そんな中、屋上で気持ち良さそうに、楽しそうに遊んでいる姿に出会いました。今の季節、屋上は確かに気持ち良くて、隠れた遊びスポットなんですよね~。やっぱ、小さい子にはわかるんだろうな。感じるんだろうな。

6月4日屋上③.JPG 6月4日屋上④.JPG
6月4日屋上.JPG 6月4日屋上②.JPG

 

  • 2012/06/04

舞台裏!

今日は、「にこにこマッサージ」があり、団体では焼津の石津保育園さんが来てくれました。

全体的にゆとりがあったこともあり、あちこちで遊んでいる姿がありました。

特にお母さんたち自身が竹馬をやったり、フラフープをやったりして遊んでいるのが印象的でした。

 

5月25日石津保①.JPG 5月25日石津保②.JPG
5月25日石津保③.JPG 5月25日石津保④.JPG

 

館内はこのような様子でしたが、職員は一緒に遊んだり、託児をしたりしながら、次に向けてのいろいろな準備をしています。

5月25日三角.JPG 5月25日広場.JPG
三角の準備です。生みの苦しみ、いや楽しんでいます。 乳幼児広場の準備です。どんなふうになるでしょうか。
5月25日苗搬入①.JPG 5月25日苗搬入②.JPG
屋上の苗、土、肥料の搬入です。 28日の月曜日に来館者と一緒に植え付けをします。是非、お越しください。

 

  • 2012/05/25

お絵かきコーナー

今日は、情報広場に即席で「お絵かきコーナー」を作ってみました。コーナーと言っても、模造紙を9枚張り合わせた大きな紙とクレヨンがあるだけですが。

これからもこういう遊びコーナーをちょっとずつ増やしていけたらと思っています。ままごとコーナーがあって、乳幼児広場があって、お絵かきコーナーがあって、という感じで。そうすれば、いつでも遊べますもんね。

 

ちなみに、来週の木曜日の午前中も同じように「お絵かきコーナー」がありますよ。

5月24日おえかき②.JPG 5月24日おえかき.JPG

 

  • 2012/05/24

「パン屋」さん開店!

といっても、こども館の「ままごとコーナー」の話です。

ご存知の方も多いとは思いますが、こども館の「ままごとコーナー」にある果物や野菜、魚、スプーンやお弁当箱、人形、人形の洋服などはほとんどがボランティアさんの手作りです。それはまあ、見事です。「ごっこ」の世界ですが、これだったら、より真剣になるだろうなと感じます。大人が観ても感動します。手作り、しかも大量生産ではないものの良さは子どもも大人も関係なく伝わってきます。

 

その中のワンコーナーの「八百屋さん」が模様替えをして、「パン屋さん」になりました。

今日は早速その「パン屋さん」で、親子がその世界に浸って、気持ち良さそうに遊んでいました。

お腹いっぱいになっただろうな。きっと。

5月23日ままごと①.JPG 5月23日ままごと②.JPG
5月23日ままごと.JPG 5月23日ままごと③.JPG

 

  • 2012/05/23

ミーティングデー

今日はリトミックの日。裏では、今後の運営、事業計画のための打ち合わせやミーティングがいくつかありました。

いろいろな人たちとつながりを持ちながら遊び場を創っていますが、そのための下準備も重要な仕事です。

5月21日次世代.JPG 5月21日富塚中.JPG
浜松市役所次世代育成課との月の定例会です。前月のこども館の様子を報告しながら、お互いに意見を交換しています。 6月7、8日と職場体験学習に来る富塚中学校の2年生3人が、事前の打ち合わせに来ました。7日、8日は彼らとともプログラムにはない遊びをしようかなと思っています。

 

この後、飛び込みでザザシティ西館にあるスターバックスさんとも打ち合わせがありました。つながって、新しい何かが生まれといいな!

  • 2012/05/21

いつもの日曜日

ちょっとどんよりした日曜日です。

「遊べますか?」「どんなことができますか?」というお問い合わせがあります。

対象の子どもさんに合わせながら、説明はしますが、なかなかうまく伝わらないことも事実です。

特に、大人は気になるところかもしれません。でも、子どもはそんなことはおかまいなく、どんどん探検しながら、好きな場所で、好きなことをやっています。

 

こんなふうに遊んでいるので、是非ご参考に。ほとんど同じ時間帯の様子です。

今日、5月20日、いつもの日曜日の風景です。

5月20日おやつ①.JPG 5月20日お誕生日.JPG

フルーツオムレット作り(7階おやつ工房)

 

お誕生日お祝い中(6階エレベーター側)

 

5月20日カプラ.JPG 5月20日ジェンガ.JPG

カプラに夢中。中学生の姿も。(6階)

 

ジェンガをする3人組。(6階情報広場)

 

5月20日ドリンク.JPG 5月20日なわとび.JPG

ドリンクコーナーで休憩中。(7階)

 

ボランティアとなわとび(6階ホール)

 

5月20日ねんど.JPG 5月20日ワニトンネル.JPG

「土ねんどで遊ぼう」(7階ワークショップ)

 

わにトンネルの背中で遊ぶ。(6階)

 

5月20日屋上①.JPG 5月20日新しい風景.JPG
屋上で追いかけっこ(7階) 新しい風景(6階と7階のあいだ)

 

  • 2012/05/20

東山保育園さんが遊んでいます!

今日はあいにくの雨・・・ですが、『雨に強いこども館』ということで、豊橋の東山保育園さんが親子で利用してくださっています。ありがとうございます。

時間まで、たっぷり遊んでください。

4月26日①.JPG 4月26日②.JPG

 

  • 2012/04/26

三代で遊ぶ!

4月21日①.JPG 4月21日②.JPG 4月21日③.JPG
     

 

午前中、おじいちゃんが高い竹馬を借りにきました。昔の感覚が戻ってくると、見事のれるよに。その様子を観ていた娘さんたち夫婦やお孫さんたちが興味を持って、みんなで練習。

おじいちゃんがお父さんを支え、見事のれるように。

次に、おじいちゃんがお孫さんを、お父さんが息子さんとそれぞれ支えて練習。のるとろこまではいかなかったけど、子どもたちはもちろん、おじいちゃん、娘さん夫婦もとっても楽しそうで、笑顔が絶えませんでした。周りにいる人たちも笑顔に。

 

こういう遊びは、こういう時間は、きっと子どもたちの心に残っていくんだろうと思います。どんな高価な遊びよりもきっと。

 

ちなみに一番うまくのれていたのは、お母さんでした!お母さんに拍手。

  • 2012/04/21

館内に響きわたる音♪

4月19日演奏.JPG

木曜日は、午後から大人向けの「ヨーガ」がある日です。そのため、午前中はとてもゆ~ったりしているのですが、今日はそんな中、職員がクラビノーバで自由に演奏をしていました。

 

演奏を聴きながら、遊んだり、仕事をしたり・・・。

 

こんな日常も良いものです。

 

プログラムではないので、定期的ではないですが、これからはたまに音のあるゆったりとした時間をこども館で過ごすことができるかもしれませんよ。

 

お楽しみに。

  • 2012/04/19

なんかいい感じ

4月14日①.JPG 4月14日②.JPG

今日の情報広場とホール前の様子です。

いろいろな人たちがいて、いろいろな遊びをしているのがわかりますか。

将棋、おりがみ、ディアボロ(中国コマ)、独楽。この他にも、読み聞かせ、ねんど遊び、パン作りがありました。

それぞれに、職員やボランティア、講師がいて、子どもも大人も好きなところで、じっくり遊んでいる。

誰に言われるわけでもなく、自分で。人がいて、遊びがあって、その調和がとっても「いい感じだな~」と感じた一日でした。

私たちが大事にしたい、そしてつなげていきたい風景です。

そういえば、今日は新東名の開通でした。

  • 2012/04/14

カプラの中から、ピース!

「ねえねえ、カプラを高く積んだから、見に来て~」と小学生に声を掛けられて、カプラコーナーに行くと確かに「お~、すごい!」と唸るほどのカプラが円形に積み上がっていました。

 

創っていたのは、小学校の同級生とその中の一組のお父さん。眺めていると、

「中に1人入ってるだに!」と。 「えっ?」と見ても、姿が見えず、でも確かに声はする。

お父さんが「もう1時間以上創っているんですけど、ずっと入っているんですよ」と、笑いながらお話ししてくれました。

てっぺんから撮った姿がこれです。

IMG_2977.JPG  

ちょっと感動というか、衝撃というか、芸術というか。もっと大きいドーム型に組んだ中に入っているのは何度か観たことはありますが、自分の肩幅くらいの中にずっと入っているのは、初めて見ました。しかも1時間以上・・・。

中に入っている感想はどう?と聞くと、「ずっと立っているから疲れてきた~」と。そりゃ、そうだ!

でも、一緒に積んでいるお父さんや子どもたちがとっても楽しそうなんです。いろいろ声を掛けながら、ワイワイ言いながら、積んだんだな~と思いました。こういうことができる子どもたちは幸せだな~と感じました。

子どもの頃、ちょっと薄暗いところに入ったり、もぐったり、秘密基地に入ったりした時のにおいとか風景ってなんとなく覚えていませんか?

カプラは崩れちゃうけど、外の子も中の子もきっとこの風景は記憶に残っていくんだろうなと思います。特に中に入っていた子は。だって、なかなかこんな体験できないですもんね。

カプラの囲まれた風景ってどんなんだろう?

IMG_2980.JPG IMG_2982.JPG
いい仲間だね。 見えますか?

 

  • 2011/12/11

居心地のいい場所・・・

 

 

 

 

 

 

IMG_2846.JPG

館内をまわっていたらこんな光景に出合いました。「危ないよ」と声を掛けようとしましたが、本人はとっても居心地が良さそうで・・・

きっと、自分で楽しい場所、居心地のいい場所を見つけてここにいるんだな、と思い、お母さんも近くにいたので、写真を撮りました。

またどっかで会おうね!

 

 

 

 

 

  • 2011/11/10

2歳、3歳、4歳、

館内が賑わっている中、ささやかながら、お誕生日のお祝いをしました。

えみりちゃん、4歳!さあ、みんなでハッピーバースデーの歌をうたおうとした時、おばあちゃんが、ジャーンと、こども館で作った、2歳と3歳の時のバースデーカードを出してくれました。

驚いたのと同時に感動しました。大事にしていてくれて嬉しいな~という気持ちと、ちゃんと大きくなっているんだよねという気持ちと。

 

 2歳、3歳、4歳のカードです。手形もちょっとづつ、大きくなっています。う~ん、いいな~。

 

   えみりちゃん、おめでとう!そして、ありがとう。

  • 2011/05/29

4時間 夢中!

 今日は、ホントに良い雰囲気。

 雰囲気が遊びを創る、第2弾です。

   
   
   
   
   
   

 

これもカプラを使っての大作です。カプラコーナーにあるカプラをほとんど使ってあると思います。

完成したのが2時半頃。どのくらい時間がかかったのと聞いたらなんと「4時間」だとのこと。逆算すると10時半から…。確かに、その頃からいたような気配はしていましたが。

 

造ったのは高校2年生の2人。話を聴くと、今までにも何回か来ていて、その都度カプラでいろいろなものを造っていて、それを携帯にも保存してあって見せてもらいました。過去のものもそれぞれ創造性豊かに造ってあり、感心しました。その中でも、使った量といい、造りといいかなり良い出来栄えだと言っていました。

 

何がかきたてるのかな~といろいろ聞いてみました。

元々、2人とも造ったりするのは好きだそうです。

一人の彼が、こども館に来た時に、カプラの存在を知り、面白いものがあるぞと言って、友人を誘ったのが始まりだそうです。きっと、彼らの夢中スイッチがONになったのだと思います。

 

それから、何回か2人で遊びに来ては、いろいろなものを造っているそうです。

そして、前回とは違うものをイメージして造っていくことが楽しいそうです。

2人とも言っていました。

 「同じものは2度と造れないもんな。」

それだけに、楽しみながらも、集中して造っているんだと思います。

 

でも、それにしても、4時間夢中になっているってすごいと思いませんか。

本当に、本当に、好きなんだろうな。子どもたちはきっと、それぞれがそんな力を持っているだと思います。そんな瞬間をこども館で観れた、こども館で発揮してくれたことを嬉しく思います。ありがとう。

 

また、電車に乗って来てください。

  • 2011/04/10

汗いっぱいかきました!

 今日は、今月3回目の親子での、体遊びがありました。

 毎回内容がちょっとずつ違うのですが、基本は「遊び」。遊びながら、いろいろな体の動きを自然と身に付けていってくれればいいな~と。しかも親子で。遊ぶことは子どもだって、大人だって大好きですもんね。

 

 こども館としても、1時間これだけホールを使って、動き回るということはあまりなかったので、新たな可能性を感じさせてくれたような気がします。

 今日は、お父さんの参加率が高かったようです。

 大人が元気だと、子どもも元気だなと思いました。元気というのは、何も体をパワフルに動かすことだけではないです。子どもが夢中になってやっていることを、見守る眼差し。その目が元気だったり。表情が元気だったり。かける一言が元気だったり。そんな姿の大人が近くにいれば、子どもも元気になるのかなとこの体遊びを通して感じました。

   
 これは、準備体操です。宙返り!  これも準備体操。でんぐり返り。

 

   
 子ども対大人のしっぽとりゲーム。みんな真剣です。でもこの頃になると、大人がだいぶ疲れてきています…  たっぷり遊んだあと、逆上がりに挑戦!

 

   
 最後はお父さんに協力してもらって、抱っこリレー。  そして、終わったあとは、お父さん、お母さんに肩たたき。

 

 今日は、最後にお父さんに協力いただき、抱っこリレーをしました。子どもたちは、楽しくしょうがないのか、繰り返し、繰り返し並びます。お父さんたちも、次から次へと抱っこしていきます。

 なんとも言えない光景でした。子どもたちは、どんなお父さんに抱っこしてもらっても喜んでいます。お父さんは、自分の子以外の子どもを抱っこしても笑顔です。そんな時間がしばらく続いていました。いいな~と思いました。

 

 こういうひと時を生み出してくれた、きのいい羊達のみなさん、ありがとうございます。また、よろしくお願いします。

  • 2011/03/27

風の紙芝居師、たけちゃん参上!

数日前に急遽来ることが決まった、「風の紙芝居師、たけちゃん」。

 

こども館に長崎から風のようにやってきて、大型紙芝居より大きい、大きい、大きい紙芝居「空色のカマキリ」を演じてくれました。

   
   

 

 実際に観た職員によると、通常イメージする「紙芝居」の範囲は超えていて、一つの舞台を演じている、そんな雰囲気だったそうです。たけちゃんが、うたったり、飛んだり、歩いたり、止まったり。そんな世界に、子どもたちも、大人も、惹きこまれていったようです。

 

 たけちゃんの言葉を借りれば、紙芝居がたけちゃんに不思議なパワーを与えている、そうです。それほど、紙芝居に力があるんだと思います。

 

 またいつか、風のようにやってくるのを楽しみにしています。ありがとうございます。

   
   絵もとっても素敵です。これを観るだけでも価値があります。

  • 2011/03/06

あっちも こっちも 元気な声!!!

 2日ほどぐつついた日が続きましたが、今日は気持ちのいい天気になりました。

 それを待っていたかのように、朝からたくさんの親子と6つの団体が遊びに来てくれています。

 

 これだけ一緒になると、賑やか、賑やか! でも、こども館にとっては何より嬉しいことなのです。

 もう、好きなだけ、思い切り遊んでいいよ~という気持ちでいっぱいです。

 どこに行っても、目を輝かせて、真剣に遊んでいる姿を観ることができました。

 青城小学校(磐田)のみんな、やまびこ保育園のみんな、成子幼稚園のみんな、城北幼稚園のみんな、三ヶ日保育園のみんな、駅南幼稚園のみんな、今日はいっぱい遊んでくれてありがとう!

 

 さらに、いつものように遊びに来てくれたみなさん、「トコトコひろば」に参加してくれたみなさんもありがとうございます。

   
 ボールプールの様子です!元気いっぱい!  サウンドはこんな感じ。太鼓が見えないよ~

 

   
 ホール前はこんな感じ。コマにチャレンジしています!  カプラコーナー。ここは黙々とやる雰囲気です。

 

   
 ままごとコーナー。こんな状態でも、それぞれがちゃんとごっこ遊びをしているんです!  ホールでは「トコトコひろば」。親子で、動き回っています!

 

 
 ホールのお昼の風景です。待ちに待ったお昼の時間ですよね。みんないい顔をしています。たくさん遊んだ後は、やっぱり美味しいだろうな~。

  • 2011/03/02

いろいろな世代と

 今日は、浜松シティマラソン。いろいろな年齢の人たちが、それぞれに目標をもって、走っていることと思います。

 

 こども館では、走ってはいませんが、2世代、3世代といろいろな年齢の人たちが交じり合って、遊んでいました。そんな風景をご覧ください。

   
 こども館で意外と人気なのが、輪投げ遊び!今日も、おばあちゃんとお孫さんの3人で、繰り返し、繰り返し遊んでいる風景に出会いました。とにかく、みんな真剣!だからこそ、「また次!」とエンドレスで遊んでいたんだと思います。ちなみに、一番上手なのは「おばあちゃん」だそうです。さすがです!  

 

     

 その近くでは、おじいちゃんとお孫さんの2人で「忍者」で、真剣に遊んでいる風景に出会いました。

 お互いにそんなに多くは話しません。集中している時はそうですよね。でも、ちゃんとお互いを意識はしているんです。

 「どうだ!」と言わんばかりのおじいちゃん。うまくバランスがとれています。  崩れても、また再チャレンジしている2人です。何回も何回もできる、それが遊びです。

 

 

  おじいちゃん、おばあちゃん、そして子どもたちにとって、こうやって真剣に遊ぶことのできる時間って、とっても貴重だと思います。素直に羨ましいです。ありがとう!

   

 今日は、異年齢で遊ぶ「遊びのじかん」がありました。長縄でいろいろ遊びました。職員も交じっています。

 これは何をやっているところかわかりますか?

 右の写真は「いろはにこんぺいとう」をやっているところです。

この後、8の字もしていました。

  • 2011/02/27

雪の日のこども館

 今朝は、雪国のような冷たさと、周りの景色でした。こども館の屋上庭園も一面雪景色でした。

 

     
  屋上の雪で職員がつくった雪だるまとその仲間です。普段見慣れていないので、大人も遊んでみたくなりますよね~。誰がつくったかは、こども館に来たら聞いてみてください!  朝一番の屋上の風景です。余分な音も、物も必要ない風景です。

 

 そのため、バスや電車が通常通り運行できなかったり、交通渋滞が起こったりと、いつもとは違う通勤や通学でなんとかたどり着いた、そんな方が多かったのではないでしょうか。こども館の職員もそういう状態でしたが、多少遅れても、怪我なく、事故なくメンバーがそろってホッとしました。

 

 こういう日のこども館はどういう様子になるんだろう?と不安というか、想像できない感じでしたが、「親子でLet's リトミック」には、2回で、72名の参加がありました。ありがとうございます。こんな日こそ、こども館かもしれません。

   ホールでのリトミックの様子です。「寒いよ~」「冷たいよ~」と言いながら入ってくる方が多かったです。リトミックで、心と身体もあたたかくなってくれたかな!?

  • 2011/01/17

まだまだ冬休み?!

 3連休初日。学校が始まったと思いきや、またすぐに休み!子どもたちは、まだまだ冬休み気分だと思います。(受験生は違うと思うけど…) その証拠に、今日も館内のあちこちで、子どもたちの遊ぶ声が響き渡っていました。

 

 そんな中、次のようなご意見をいただいたので紹介します。

 

「愛知県からインターネットで調べてきました。娘2人は大きなボールプールやタワーに大満足だったようです。

 ぜひまた来たいです。(次回はクッキングに挑戦したいそうです。)

 ボランティアの方も沢山みえて、安心できます。」

 

 ありがとうございます。こども館に足を運んで、館内の様子や、子どもたちの遊ぶ姿を生で見て、こういう気持ちなったくださったことが何より嬉しいです。励みになります。

 

  では、まだまだ冬休みのようなこども館の今日の風景です!

   
 「おやつのじかん」は今月から、『ふわふわ蒸しパン』です。これは今日、子どもたちが実際に作ったものです。美味しそうでしょ~。今日は午前、午後とも定員一杯でした。

ついに、こども館に『しょうぎブームの到来か!』と感じさせるほど、盛況でした。講師の先生も大忙しでした。

 

 

 

   
 「わくわくスタジオ」も今月からテーマが変わり、「きる・けずる・みがく」が始まりました。何を切るかって?それは当然「木」です。今日もみんな狂ったように、きって、けずって、みがいていたそうです。  今日のホール前の風景です。コマで遊ぶ人、ダンボール迷路で遊ぶ人、ボランティアさんがキーボードで弾く曲を立ち止まって聴いている人と、いろいろな人たちがいろいろなことをしながら交じり合う、子どもも大人もいる素敵な空間ができていました。

 

  • 2011/01/08

幼馴染の中学生

 今日は、お昼過ぎから、徐々に館内が賑やかになってきました。5,6年生や中学生もいましたが、館内にゆとりがあるせいか、空間を上手く使って遊んでいたように感じました。やはり、心も空間も”ゆとり”があると落ち着きが違うのかな~。

 

 さてさて、そんな中今週もカプラコーナーで、中学生が夢中になって遊んでいました。

   
 ちょっと照れながらも、並んでくれました。2人は鷲津中学。もう1人は浜松西中だそうです。中学は違っても、幼馴染は変わりません。

 こ~んな感じに積み上げました。かなり高くて、見上げるほどです。

 

 3人は、現在中学2年生。小学生からの幼馴染で、小学生の頃からちょくちょくこども館に遊びに来てくれているそうです。

 今日は、1時間くらいかけて、カプラコーナーで、プラネットシアターの天井にあと何センチかで届きそうな塔を創っていました。

 この塔に彼らの特徴がとてもよく現れているんです。3人で1つ。しかも、限界まで。少し話を聞かせてもらいましたが、仲がいいのはもちろん、なんとなく3人の雰囲気が似ているんです。仲の良さもいろいろあると思いますが、遊びにもそれが出るんだなと感じました。昔からの友達だから、そんなに気張らなくても、息が合って、どんどん積み上がって、出来ていったんじゃないかな、と。幼馴染っていいな。

 

 

   
 下から見上げるとこんな風に見えます。迫力ありますよね!  その後も、3人でコマを回したりして遊んでいました。

 

 遊んでいる、それぞれに物語があったり、意味があったり。そんな姿を毎日観れるこども館です。

 今度はいつ来てくれるのかな?待っています。

 

  • 2010/12/05

中学生だって、遊びます!

 今日も、程よい人数で、それぞれがこども館のあらゆる空間で存分に遊んでいるように見えました。

 そんな中、中学生も遊びに来ていました。こども館は、中学生、高校生も遊びに来ていい場所なのです。ただ、やはり体も大きいし、遊び方もダイナミックなので、どうしても目立ってしまうんです。思い切り遊んでもらいたいなと思う反面、小さい子もいるので、スタッフとしては「加減をしながら遊んでね」と、声を掛けることも多くなります。

 

 さて、今日の中学生はどんな風に遊んでいたかと言うと、これをご覧ください。

   プラネットシアターの天井近くまで積み上げています。根気がいります。

 

 カプラコーナーでは、市内の中学2年生9人が、1時間半くらい夢中になって、遊び、最終的には「さすが中学生!」というものを創りあげていました。

   
 最初の様子はこんな感じ。それぞれ、自分のスペースで作り始めていました。  それぞれが、個性的なものを、しかも夢中になって創っているので、通りかかる人たちも注目していました。

 

   
 形もすごいけど、丁寧に積み上げらているので、美しいです。  こちらはドミノ。そして、箱を利用しての作品。

 

 情報コーナーでは、また違う市内の中学3年生が、映画の帰りにこども館に寄って、遊んでいました。

   とても真剣に対戦していました。どっちが勝ったんだっけ?

 

 この2グループに共通しているのは、来館してすぐに写真のような風景にはなっていないこと。ホールで、ドッヂビーで思い切り遊んだり、ボールプールやコスモネットで飛び跳ねたり。(途中、途中はスタッフから、注意も受けていましたが…)一通り、体を動かして、最後は落ち着いて、集中して、写真のような場所で遊んでいました。

 それから、それぞれ回数は違うものの、小学生の時に、こども館に遊びに来ていたこと。ある中学生は、「週一で来てた。」と照れながら話してくれました。

  

 中学生だって、こういう時間や空間が当然必要だと思います。たまには、勉強や部活、親のことを忘れて、遊ぶ。遊びにレベルは必要ないと思います。点数も必要ないです。いかに楽しいことが見つけられたか。そして、どれだけ夢中になれたか。気持ちよくなれたか。そんなことが大事なんだろうと思います。なかなかこども館という限られた中で、しかもいろいろな世代の人たちがいる中で、満足することは難しいかもしれませんが、今日の中学生たちは上手に遊んでいました。とても、いい顔をしていましたから。

 

 最後にもう一つ、2つのグループに共通していたこと。それは、散々遊んだ後、片づけをしっかりやっていたことです。特に、使い終わったオセロとコマを元の場所に丁寧に戻していたのが印象的でした。 さわやかでした。

 また遊びに来てください。

 

 

  • 2010/11/28

カプラで、つながる!?

 昨日の風景です。

 

    2人で、カプラをドミノのように並べていました。よくある風景です。
    カプラコーナーの周りを、
    こ~んな感じで、
    ぐるっと一周!
    たまに崩れます。でも大丈夫!ところどころに、ちゃんと倒れ防止カプラがあります、
    ちょっと崩れると、一人は作業。もう一人は、その横で踊る!

 

 カプラコーナーでよく見かける風景なのですが、2人で途中、途中崩れながらもせっせと並べていました。

 2人のコンビネーションが絶妙で。基本は2人で並べる作業をしているのですが、崩れると、一人が運び、それを一人が並べる。またある時は、一人が作業をし、一人が踊る。さぞかし仲のいい友達同士なんだろうなと思い、話しかけると、

 

「ううん、一緒に来たわけじゃないよ。今日、ここで、知り合ったの。」

 

 一人は、浜松。一人は磐田。

 お母さんに聞くと、その場で意気投合して夢中で遊んでいるとのこと。

 

 子どもってすごいな~!!!

  • 2010/11/24

ずーっと、ずっとフラフープ!

 館内を歩いていたら、中学生ボランティアに声をかけられました。

 「この女の子、もう30分以上フラフープを回しているんですよ~!!!」

 それはすごいな~と思ったので、立ち止まって、その様子を観ながら、話をしました。

 

 

   

 

 年長さんで、今日はお父さんと静岡から来たとのこと。

 手は使えるし、移動もできるし、このまま食事もできるんじゃないの、などとたわいもない話をしていましたが、その間もずっと回しています。

 

 お父さんは、ちょっとは離れたところに居て、その姿を微笑ましく観ている様子でした。

 お互い、この距離感がいいんだろな~と感じました。

 お父さんとも話をしましたが、

 「来てから、ずっとフラフープをやっているんですよ。ねぇ。」

と楽しそうに、面白そうに話をしてくれました。

 

 お父さんとそんな会話をしている間も、まだ回しています。

 だんだんフラフープを回している姿が彼女の自然な姿のように見えてきました。

 

 「何が面白いのかな~?」「何で続けているのかな~?」「飽きないのかな~?」と、大人は考えてしまうのですが、そんなこと聞くのは野暮だなと思い、止めました。

 きっと、お父さんはそのことをわかっているんだと思います。

 

 自分の好きなことを見つけた時、 自分の好きなことを存分にやれる時、自分のスイッチがポンッと入った時の、子どもたちの集中力、持続力、爆発力がすごいことを今日も魅せてもらいました。

 大人ができることは、そういうことが発揮できような環境を作って、あとは邪魔しないことかな・・・。

 

 そんなことを思いながら、ふと女の子を見ると、まだフラフープを回していました!

 かれこれ1時間近く。もうすぐ、お昼です。ホントにこのまま食べるかも!

   

 

 静岡から、また遊びに来てくださいね。待っています。

  • 2010/11/14

「こども館」育ちの野菜

   
 採りたて、新鮮な野菜です。  ゴーヤはこんな感じで育っています。

 猛暑にもかかわらず、こども館の屋上では今年もいろいろな野菜が育ちました。地上7階でも、立派に成長するんですね。

 運が良ければ、一緒に収穫することもできますよ。屋上で、野菜を見ている職員を見たら、声をかけてくださいね。

 

  • 2010/08/30

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE

一覧ページに戻る