浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

こども館 今日の風景

幸せな一日の始まりはミュージックコンサート

普段なかなかコンサートに行けないお母さんに、ぜひ間近で心行くまで聴いてもらいたい。

そのような想いで始まったミュージックコンサート。

本日のフルートとピアノのコンサートに、たくさんの親子が来てくださいました。

DSC09596.JPG優しく包まれるような野牧さんのフルートの音色と軽快な新井さんのピアノの音色がホール全体を包み込み、親子が癒される時間となりました。

DSC09594.JPG野牧さんがフルートを演奏しながら親子の近くへ行くと、子どももお母さんも嬉しそうな表情になりました。

DSC09606.JPG野牧弘周さん(フルート演奏)、新井陽子さん(ピアノ演奏)素敵な演奏をありがとうございました。

DSC09611.JPG次回は7月10日(火)に「サクソフォンとピアノのコンサート」を予定しております

ぜひ、お越しください。        by KICHI

  • 2018/06/12

いまこそドッヂビー~大人もあそぼっ!

 ただいまこども館では冬の特別プログラム「現在こそ 正月あそび~大人もあそぼっ!~」を行っています。そのプログラムでひと盛り上がりした後のホールで、再び子どもも大人も一緒に遊んでいる場面に出会いました。それはボランティアのお兄さんがこどもたちとやり始めたドッヂビーです。

 初めの何回戦かは子どもたちだけで行っていたのですが、あそびも終盤、子どもたちの多数決により「こども対大人」で行うことに決定しました。大人ってボランティアさんと職員の2人しかいないけど...と職員は冷や汗をかいていましたが、「お母さんがやればいいじゃん」「お父さん呼んでくる!」とこどもたちが仲間を増やしてくれました。大変めずらしい、こどもVSおとな(ボランティア、職員、お父さん・お母さんの5人)の対決です!

 お互い奮闘していると、お父さんが新たに加わり、高校生のお兄さんたちまで加わり、とても賑やかなドッヂビーになりました。大人に対して容赦のないこどもたち、全力でぶつかる大人たち、子どもに優しい高校生のお兄さん、その場にいた全員が本気であそんでいたので、みんなの目がキラキラ、盛り上がる声の絶えない素敵な時間でした。

 異年齢や多世代の交流やふれあいって仕掛けても思うようにいかないものです。今日の風景を見て、やはり子どもたち自身の力で遊び込んでいくその力にはかなわないなと改めて感じました。

DSC08849.JPG

 土日の午後、こども館に来るとドッヂビーであそんでいる場面に出くわすことがあると思います。そんなときは、ぜひホールをのぞいてみてください。子どもも大人も大歓迎です!一緒にあそびましょう!

DSC08850.JPGDSC08851.JPG


  • 2017/12/17

三枚ごまを回したよ

今日のボランティアさんによる「おりがみあそび」は、「三枚ごま」を折りました。3才~小学5年生の子ども達、お母さん、お父さん、おばあさんの参加があり、様々な世代の方がみんなで一緒におりがみを折りました。「三枚ごま」は折った後、できたもので遊べるおりがみなので、何度も回して遊びを楽しむ姿が見られました。

次回は7月1日(土)の13:00~14:00です。「金魚」を折ります。みなさんぜひ遊びに来てくださいね。

by くろ

DSC05686.JPGDSC05687.JPG

  • 2017/06/17

絵本って楽しいね

今日の「おはなしさん」は、おはなしのこべやと乳幼児広場の二か所で行いました。おはなしのこべやは、小さなお部屋になっているので静かな雰囲気の中でじっくりと絵本の世界へ入ることができます。乳幼児広場は、広い場所でみんなと一緒にお話を聞くことができます。今日は「ぴょーん」の大型絵本をみんなで聞き、かえるやうさぎの真似をしてジャンプもしました。次回は6月24日(土)13:30~14:30です。みなさんぜひお越しくださいね。

by くろ

DSC05657.JPGお父さんの姿もたくさん見られました。お父さんと一緒に絵本を聞くのもいいですね。

  • 2017/06/10

花の植え付け

今日はお天気にも恵まれ、7階屋上庭園で、初夏から秋に向けて咲くお花の植え付けを行ないました。

月曜日でしたが、幼稚園や小学校の代休で遊びに来たお友だちやリトミックに参加された親子など、たくさんの方がボランティアさんとともに屋上庭園のプランターに用意された花の苗をやさしく丁寧に植えました。

まだお花が咲いていない苗もあります。どんなお花が咲くか楽しみですね。こども館に遊びにきた時には屋上庭園のお花を是非見に来てください。  by H.O

DSC06420.JPGDSC06418.JPGDSC06427.JPGDSC06425.JPGDSC06434.JPG

  • 2017/06/05

5月31日「放課後こども館」

水曜日は「放課後こども館」というプログラムを行っていて、集まった小学生と職員、ボランティアで遊びます。

 今日は2時過ぎからぞくぞくと小学生が遊びに来てくれました。大勢の学生ボランティアさんと一緒に、長縄やドッチビーをしたり、けん玉や皿回しをしたりして、自由に時間を過ごしました。あちらこちらから元気に遊ぶ声が聞こえてきて、にぎやかな午後のこども館になりました。

みんなでけん玉の話を聞いています。

DSC06387.JPG

ボランティアさんと全力でドッチビー!

DSC06386.JPG

 こども館の終わりを知らせる音楽が鳴るころまで、たくさんあそんでいったようです。いろいろな遊びに挑戦して充実した放課後を過ごせたのではないでしょうか?来週の水曜日も「放課後こども館」があります。たくさん遊びたい子、待ってます!

  • 2017/05/31

よみかたりさん

今日はボランティアさんによる「よみかたりさん」があり、34人の方が来てくださいました。母の日の由来のお話や絵本の読み語り、クイズ、人形劇「はらぺこあおむし」、歌「ぞうさん」と、盛り沢山の内容でした。大人も子どもも真剣な表情で見たり、時には「クスッ」と笑ったり、楽しい時間を過ごしました。「よみかたりさん」は毎月第二日曜日の10:50~11:20に開催しています。来月もみなさんのお越しをお待ちしています。by くろ

IMG_6008.JPG

    クイズ「遠足ゴーゴー」 子ども達の元気なお返事がありました

IMG_6011.JPG   「はらぺこあおむし」のちょうちょう  きれいなちょうちょうに変身したね

  • 2017/05/14

おはなしさん

今日は「ボランティアさんによるおはなしさん」を行いました。

25人の方が参加してくださいました。ありがとうございました。

絵本が大好きな子ども達が多く、どの子も楽しそうに絵本を見ていました。

特に人気のあった絵本が「きんぎょがにげた」でした。絵本にふれながら「ここにいるよ」「みつけた」と子ども達のうれしそうな言葉が聞こえてきました。

IMG_4630.JPG

また、ボランティアさんとの一対一のかかわりの中で自然な会話が生まれ、温かな雰囲気になっていました。私もステキな場面に出会うことができて幸せな気持ちになれました。byくろ

IMG_4628.JPG

  • 2016/11/20

おりがみあそび

 浜松こども館では、毎月2回、おりがみボランティアのキュッキュさんによる「おりがみあそび」を実施しています。昨日は、キュッキュさんが情報広場で「風船うさぎ」と「三枚ゴマ」の折り方を教えてくれました。「三枚ゴマ」は、折り紙を三枚使いカラフルで回しやすいのが特徴です。

 昨日は、お子さんと一緒に親子で参加してくださるお父さんもいらっしゃいました。折り紙をとおして、親子で楽しく遊ぶ姿が印象的でした。

 次回の「おりがみあそび」は、10月の第1・第3土曜日です。「トンボ」と「バッタ」を作りますが、人気の「三枚ゴマ」もリクエストしてみてください。優しく教えてくれますよ。皆さんも、「おりがみあそび」をとおして親子の触れ合いを楽しんでみませんか。   by館長

IMG_4057.JPGIMG_4049.JPGIMG_4054.JPG

  • 2016/09/18

 「ままごとコーナー」

 8月のこども館は、夏休みもありたくさんの来館者で賑わいました。夏の特別プログラムにも多くの方が参加してくださいました。ありがとうございました。

 9月に入り、こども館の館内環境が秋バージョンに少しずつ変わっていきます。ままごとコーナーでは、着せ替え人形の洋服が秋冬用に入れ替わりましたが、お気づきでしょうか。

 前回紹介した、「ぬいぬいさん」手作りの洋服のお披露目です。どれもかわいいデザインばかりで、小さなお子さんも楽しんでいただけると思います。手作りの温かさを味わいながら、親子で遊んでみてください。IMG_3990.JPG

 他にも、夏から秋に入れ替わったところがありますよ。探してみてください。  by 館長

※ヒント エスカレーター側受付

IMG_3992.JPG

  • 2016/09/02

きせかえ人形の洋服 ~秋冬物を新調~

 ボランティアの「ぬいぬいさん」が2か月ほどかけ、きせかえ人形の洋服を新調してくれました。今回は、夏が終わってから館内に出される秋冬物になります。洋服は、赤ちゃんが触っても安全なように、ボタンを使わず、ひとつひとつ丁寧に仕上げられています。

 きせかえ人形は、乳幼児広場北側の「おままごとコーナー」にあります。こども館に来たら、手作りの温かさを感じるきせかえ人形で遊んでみませんか。                                                by 館長

IMG_3553.JPG                   IMG_3552.JPG                   IMG_3556.JPG

  • 2016/07/12

平成28年度 中高生ボランティア募集

今年度も中高生ボランティアを募集します。

下記の要項に従って、希望者は個人で浜松こども館までお申込みください。

申込み締切は7月15日(金)となっています。(ただし、先着順ですので定員になり次第締め切りとなります)

平成28年度 中高生ボランティア募集案内

photo_DSC2508s.jpg

  • 2016/06/20

ボランティアさんのお仕事 その2

今日は「よみかたりさん」のお仕事を紹介します。

「よみかたりさん」のメンバーが集まり、人形劇『雨のむこうに』の練習を行いました。語りと音楽に合わせて、人形の動きや位置、出てくるタイミングなど、何度も意見を交わし合いながら練習しました。人形や小道具もすべて手作りの物です。雨をテーマに、男の子と動物たちの温かい交流を描いた素敵なお話です。

6月12日(日)10:50~11:20に行います。みなさん、ぜひ見に来て下さいね。

IMG_3158.JPGIMG_3162.JPG

  • 2016/06/07

ボランティアさんお仕事紹介 その1

こども館には、たくさんのボランティアさんがいます。

みなさんと一緒に遊ぶ、プログラムのお手伝い、おはなし、花の世話などいろいろなところで活躍しています。また、みなさんの目には見えないところでも大きな力になっています。今日はそのようなボランティアさんのお仕事を紹介します。

プログラムやよみかたりさんで行う「パネルシアター」の修理をしているボランティアさん。はさみやのりを使って、細かいところも丁寧に直しています。

みなさんの前に出る時にはぴかぴかになっています。じっくり見てみてください。

DSC03544.JPG

  • 2016/06/03

UFO

昨日の「おりがみあそび」の時間でのこと。

テーマは「くるま」。参加していた男の子は四角に折るところをちょっと違ってしまい三角に。でもボランティアさんはそれを修正するわけではなく「これだとUFOだね~。タイヤを3つもらっておいで。」と笑顔で声をかけました。男の子は嬉しそうにタイヤを3つ貼りつけて、見事UFOを完成。その後、くるまも作り、満足した様子でした。

DSC01264.JPG

  • 2015/07/05

中学生・高校生ボランティア募集!

今年度も、中学生・高校生ボランティアを募集します!

昨年度は16校から55名の応募をいただき、活動してくれています。

園児や小学生を中心に、赤ちゃんから幅広い世代が集う「遊び場」を一緒に創る人を待っています。

応募締切は76日(月)です。

締切日までに、中学生は担当の先生に、高校生は直接浜松こども館に申し込みをしてください。

20150627185914-0001.jpgのサムネイル画像

  • 2015/06/27

「一般ボランティア募集」のお知らせ

今年も一般ボランティア募集の時期が来ました。

下記の要項で募集しますので、関心のある方は是非ご応募ください。

不明な点等ございましたら、遠慮なく浜松こども館(℡ 450-9111)までご連絡ください。

たくさんの人との出会いを楽しみにしています。

一般ボランティア募集.png

  • 2013/06/04

舞阪中学校の職場体験

早いもので11月に入りました。ついこの間、夏休みが終わった気がするのに・・・もう冬休みの足音が聞こえてきそうです。

今月は職場体験月間!というわけではありませんが、2週間くらいの間に4校の職場体験があります。その間に浜北のプレ葉に移動のベビーマッサージに行ったり、浜松短期大学にねんど実習に行ったりとこども館もあちこち動いています。

まずは、先頭をきって今日、舞阪中の2年生が職場体験に来ました。

今日は、親子ふれあいのプログラムがないので、どうやって体験してもらおうかと思っていましたが、そんな心配はいりませんでした。

ボールプールやままごとコーナー、ホール前で、とても優しく、自分たちも楽しそうに、小さい子とかかわっていました。

自分たちで動いて、見つけていく姿勢が素晴らしいと思います。自分より子どもとのかかわり方が上手かも、と感じました。

明日は2日目です。楽しみにしています。

11月1日舞阪.JPG 11月1日舞阪②.JPG

 

  • 2012/11/01

平日の午後・・・おりがみ

乳幼児のいるご家庭では平日の午後はどうのように過ごしているのでしょうか? 

 

こども館では、午前中は年齢に応じた様々なプログラムを日替わりで実施しています。

そして午後は・・・プログラムはなく、それぞれのペースで、それぞれの時間をゆったり過ごしていただいています。

 

今日は、そんな午後の時間のひととき、おりがみの得意なボランティアさんたちが、3枚ゴマ作りを子どもたちと一緒にしてくれました。

このゆるやかな時間が自分は好きです。

10月9日(おりがみ).JPG

 

  • 2012/10/09

ぴっぴの取材体験記 『ぬいぬい』

今回は、こども館を裏側から支えてくださっているボランティアの方々を紹介します。

 

みなさんは、ままごとコーナーにある布のおもちゃで子どもたちと遊んだことがありますか? 先日息子たちと遊びに行った際、「これは誰が作っているのだろう?買ったものかな?」と気になっていました。聞けば、こども館のボランティアさんたちの心のこもった手作りだとか。毎週火曜日の午後に、『ぬいぬい』というグループの皆さんが作っているとのことです。

 

裁縫が好きな人、得意な人が集まって、ままごとコーナーなどにある遊び道具を作っています。こども館にあるほとんどの布おもちゃは『ぬいぬい』のお手製。その他にも、館内の掲示物の作成、ソファーの修繕なども担当しています。メンバーは40代~80代で現在12名。なかには、こども館の開館当初から11年間続けている方もいるそうです。

 

こども館ができた当初、布製のおもちゃはありませんでした。「布の温かみが伝わるおもちゃを作ろう」という当時の館長さんの一声で、足踏みミシンを自宅から運び、材料も全て持ち寄って作り始めたのがきっかけです。

 

 

作業室を訪ねてみました。

お邪魔して驚いたのは、皆さんの生き生きとした表情。楽しくおしゃべりをしながらも、縫いものの手は止まりません。みなさんそれぞれに得意分野があり、布からイメージしたり、型紙起こしから始めたり、思い思いに作品を作っているそうです。

 

気を付けなければいけないのが、針。

万が一、作品に針が残っていたら危険なので、針箱の中に徹底して戻しています。

 

たくさんの子どもたちが遊びに来る夏休みや冬休みの後には、汚れがひどいものや布がすり減って中の綿が飛び出てしまったものが出てきます。

 

汚れのひどいものはお洗濯。破れたものはひとつひとつ布を張り替えて綿をきれいにし、再び子どもたちが楽しく遊べるように直してくれます。毛が抜けてしまったパペット人形を、目立たないように同色の毛糸で毛並みを作っているのには驚きました

 

さて、この日は新しいおもちゃが仲間入りする日。

かわいいケーキたちが机の上に並んでいました。1種類につき5個作り、だいたい1日でできてしまうとのこと。お裁縫の苦手な私は感激しました。できあがったケーキは、クリームの立体感が出ていたり、フルーツのつぶつぶ感が表現されていたり、本物と間違えそうなぐらいおいしそうでした。明日の朝、一番に来た子はラッキーですね! 「新しいおもちゃを見て、子どもたちがどんな反応をするのか楽しみ…」とみなさん笑顔でした。

毎週、閉館時間際におままごとコーナーを片付けながら、おもちゃのチェックをしているそうです。

すり減ったものや、汚れたものを間引いて、新しいものと入れ替え、ケーキ屋さんだったら、お皿もいるよね、フォークもあったほうがいいんじゃない?皆さん楽しそうにアイデアを出し合っていました。

 

本当に前向きで、明るく、元気で、エネルギッシュな方々です。この活動のいいところは?と聞くと、「幅広い年齢の方々が集まっているので、お互いにいい刺激を受けています」「ワイワイ世間話をしながら作業するので、リフレッシュにもなります」「自分たちが楽しく作った作品で、子どもたちが遊んでくれるのがとてもうれしい」と笑顔で教えてくれました。

 

こども館を陰から支える『ぬいぬい』のみなさん。

普段は表に出ないけれど、こども館を訪れる子どもたちのために一生懸命頑張ってくださっています。心のこもった作品に触れて、のびのび遊べる子どもたちは幸せですね。

これからも、素敵な作品をたくさん作っていただきたいです。

 

9月4日 ぬいぬい①.jpg 9月4日 ぬいぬい②.jpg
9月4日 ぬいぬい④.jpg 9月4日 ぬいぬい⑦.jpg
9月4日 ぬいぬい⑤.jpg 9月4日 ぬいぬい⑥.jpg
9月4日 ぬいぬい⑨.jpg 9月4日 ぬいぬい⑩.jpg

 

  • 2012/09/19

今日、ドッヂビーやる?

今日もいい天気です。こども館は昨日より賑わっています。午前中にはボランティアさんによる読み語り、そして、「パンづくり」「土ねんど」をはじめ、館内のあちこちでいろいろな人たちが交って遊んでいます。

午前中から常連の子たちがちょこちょこ遊びに来ていて、

「今日、ドッヂビーやる?」

と何回か声を掛けられました。

午後、いつものボランティアが活動に来て、いつものようにドッヂビーを使ったドッヂボールのルールの試合が始まりました。

今ではいつもの風景ですが、ここに至るまではいろいろありました。これからもいろいろあると思います。でも大事にしたいことは、なるべく大人の関わりを薄くすること。

今日の様子を観ていても、ちょっと上のお兄ちゃんたちの言うことはなんだかんだ言っても聞いているんですよね。

ボランティアさん、これからも頼むね。みんなのおかげです。みんなの力です。

9月9日ドッチ.JPG 9月9日ドッチ②.JPG
9月9日ドッチ③.JPG 9月9日ドッチ④.JPG
9月9日ドッチ⑤.JPG  

 

 

 

 

  • 2012/09/09

インターンシップ

今日は土曜日。雨が降ると思ったのですが、今のところ晴れています。8月にボランティアの説明会を受けた中学生、高校生ボランティアが実地研修で活動に来てくれていて、フロアーは活気があります。

さて夏休みの話になりますが、今年も、こども館には4つの大学から5人の学生がインターンシップとして職員とともに活動をしました。インターンシップは毎年受け入れていますが、5人というのは近年では最も多い人数でした。それだけに、こども館のあらゆる場所で職員と同じように活動をしてくれて、毎日が土日のような8月はとても頼りになりました。

インターンシップは当然参加する学生さんにそれぞれの目的があって活動するわけですが、受け入れる自分たちもとっても勉強になる期間でもあります。

「こども館とはどういう施設なのか」

「職員として大事なことは」

「子どもや親とかかわる時に意識することは」

など活動に必要なことを自分なりの言葉で説明したり、教えたりします。普段は当たり前のようにやっていることでも、こうやって伝えたり、言葉にすると改めてこども館のことや職員としての心構えを意識する機会となり、身が引き締まります。

さらに、学生の動きを観ることは自分たちの動きやかかわりを振り返る機会にもなるし、鏡にもなります。

表情や言葉掛け、関わりが上手な場面はとっても参考になりますし、もうちょっとこうなるといいのにと思う場面では、もしかしたら自分がそうなっているかもしれないし、どんなアドバイスをすればよいのか考える機会になります。

さ~て、今年のインターンシップの活動はどうだったでしょうか?それはそのまま今の自分たちの関わりそのものかもしれないな~と感じています。

最後に一つ。インターンシップの皆さん、これだけどっぷりたくさんの子どもや親とかかわる機会は今後もそうないと思います。だからこそ、大事にしておいてください。

坪井さん、桑野さん、鶴見さん、高林さん、曽我部さん、お疲れ様でした。

また遊びに来てください。

 

坪井.JPG 坪井②.JPG
鶴見.JPG 鶴見②.JPG
曽我部.JPG 曽我部②.JPG
桑野.JPG  
高林.JPG 高林②.JPG

 

  • 2012/09/08

12日の「大・中・小」

感じること。

大きい遊び。中っくらいの遊び。小さい遊び。どれも楽しいってこと。

身体のサイズが大きいから大きい遊びをするわけじゃない。身体のサイズが小さくても大きい遊びをするってこと。

今やっている「大・中・小」でこんなことを改めて感じています。日々遊んでいる姿を観て。

12日の風景です。

2012.8.14 父と娘  002.jpg 2012.8.14 父と娘  003.jpg
お父さんと娘さん。  
12日山内くん.JPG 12日山内くん②.JPG
山ちゃんと子どもたち なんかいいよな~
12日情報.JPG 12日サウンド.JPG
小さい身体で サプライズの演出。サウンドで大型絵本。
12日ワーク.JPG 12日ワーク②.JPG
ボランティアと小さい子、っていうより 兄弟みたい。
12日ワーク③.JPG 12日ワーク④.JPG
親子で。いい笑顔だな~。 30匹のパンダが登場するミニすごろく。

 

  • 2012/08/13

一般ボランティア説明会開催中

今週一週間は、今年度の一般ボランティアの説明会を行っています。

継続の方が50名くらい、新規の方が30名くらいで、いろいろな世代との新たな出会いがあり、これからの活動が楽しみです。

6月23日ボラ説明会.JPG

 

  • 2012/06/23

24年度 中学・高校生ボランティア募集

今年も、浜松こども館という遊び場を一緒に創ってくれる中学生、高校生ボランティアを募集します。

次のような気持ちのある人たちからの応募をお待ちしています。

 

☆小さい子と遊ぶことが好きな人

☆どんなことができるかわからないけど、自分を試してみたい人

☆継続して活動できる人

 

応募締切 6月25日(月)

応募方法

 中学生:学校を通じての申し込みになります。担当の先生に申し出てください。

 高校生:個人での申し込みになります。直接または電話でこども館(053-450-9111)へ。

5月27日大石君②.JPG IMG_3012.JPG

 

  • 2012/06/19

中学生の力!職場体験2日目。

今日は、恒例の「フルートコンサート」があり、イオンモール志都呂では「移動こども館~にこにこベビーマッサージ~」があり、どちらも盛況でともに100人以上の参加者がありました。ありがとうございます。託児も飛び込みありで、職員がとんだり、はねたりしている一日でした。

 

でも、今日の風景として報告したいのは、中学生の職場体験の姿です。

今日の午後は、彼らに任す活動を多くして、それぞれに考えて、遊んだり、かかわったりする時間にしました。

そんな中で生まれた風景です。きっかけは「風船」です。そんなの簡単じゃん、って思いますか?

重要なことは、彼ら自身が考えて、行動したことだと思います。そんな中学生の力に拍手です。

それにしても、いい顔だな~。優しい顔だな~。こっちまで笑顔になります。ありがとう!

6月8日富塚.JPG 6月8日東部.JPG

 

  • 2012/06/08

花の植え替えをしました!

今日は待ちに待った、先日作った「ふっかふかの土」にお花を植える日!!

天気も良くて植え替えには絶好の日となりました。

事前にお知らせ&参加の呼びかけはしていたものの、本当に参加してくださる方がいるか内心ドキドキで迎えた11時・・・・・

ドキドキ・・・ドキドキ・・・

ついに11時を迎えると、たっくさんの方が参加して下さいました!

その様子をちょっとお見せします。

 

ブログ用.JPG ブログ用 (3).JPG

顔が見えないのが残念ですが・・・こども館でお花の手入れをしてくださっているボランティアの  “はなはな”さんです。

今日もこどもたちと関わりながらたくさんのお花を植えてくれました。

芳川北小学校のみなさん。運動会の代休でこども館に遊びに来てくれていました。友達と協力しながら植えてくれました。

 

ブログ用 (2).JPG ブログ用 (4).JPG

姉妹で植え替えを手伝ってくれました。

一緒に来ていたお父さんに「植えたよっ」のピース!

お母さんと、一緒に「大きくな~れ、大きくな~れ」と願いをかけながらたくさんお水をあげてくれました。

 

ブログ用 (5).JPG ブログ用 (6).JPG

リトミックの後に参加してくれました。

シャベルで土を掘ったりお水をあげることに興味深々!笑顔いっぱいで植え替えしてくれました。一生懸命頑張った後は、おなかが空いたみたい♪

「植えましょう♪植えましょう♪」とオリジナルソングを歌いながら植えてくれました。

お母さんが植えたお花の苗に優しく上手に土をかけてくれていました。

 

暑い中みなさんありがとうございました!!

みなさんが植えてくださったお花は大切に育てますので、ぜひぜひ「大きくなったかな~」様子を見にきてくださいねっ♪ 

  • 2012/05/28

高校生

高校生と小さい子。

なんかいいなと思いました。その「なんか」は何だろう?

みなさんは何を感じますか?

5月27日大石君①.JPG 5月27日大石君②.JPG 5月27日大石君③.JPG
5月27日大石君④.JPG 5月27日大石君⑤.JPG 5月27日大石君⑥.JPG
5月27日大石君⑦.JPG 5月27日大石君⑧.JPG 5月27日大石君⑨.JPG

 

  • 2012/05/27

読み語り

昨日は乳幼児広場でボランティアさんによる読み語りがありました。

 

5月26日読み語り①.JPG 5月26日読み語り②.JPG 5月26日読み語り③.JPG
     

ふだんから絵本が大好きな家族。

「いつもはじいじが読んでくれるよ」と言う男の子。

車の絵本が大好きな子。

絵本の世界に入り込んで、思わず動きを真似してしまう子。

8ヶ月・・・初めて絵本に触れた子。

 

今日も色んな家族と色んな絵本がふれあいました。

次回は6月9日(土)13:00~です。 みなさんもぜひ・・・♪

 

  • 2012/05/27

ふっかふかの「土づくり」

今日は、ボランティアグループ「はなはな」さんたちと一緒に、屋上のプランターの土づくりをしました。

まずは、今まで植えていたチューリップ、ビオラやムスカリの花を片付けました。

まだキレイに咲いていたお花もありましたが、ごめんなさい・・・。

その後、プランターに新しい土や肥料を足してせっせとまぜると・・・・・

ふっかふかの土のできあがり♪

茶色くてふっかふかな土を見て「おいしそう~」との声も!

チョコレートにも見えますが、残念ながら食べられません(笑)

今日作ったふっかふかの土に夏~秋にかけて咲くお花を植えます。

お花の苗が予定通りに届けば・・・

 5月28日(月) 11:00~12:00(雨天時は6月4日(月)に変更)に植え替えを実施します。

どなたでも参加できますので、ぜひお花を植えたり、ふっかふかの土を見に来てください♪

苗が届かなかったら・・・ごめんなさい。

5月14日土①.JPG 5月14日土②.JPG

 

  • 2012/05/14

4歳から14歳へ

こども館が10年経ったということは、みんなそれぞれ10年歳を重ねてきたということ。

どんな10年だったでしょう。

 

今日ボランティアに来ていたK君は、今年こども館ボランティアに登録し、ちょくちょく活動にきてくれています。そんな彼は、実は4歳の頃からの常連さんでした。当時はKちゃんと呼んでいましたが。あれから時間も経った、今年、ボランティア研修会に来ている彼を発見!とてつもなく身体が大きくなっていたので、ビックリしましたが、面影があり、確かにあの時のKちゃんでした。

 

10年経った今は、ボランティアとして子どもたちや大人に優しくコマの回し方を教えています。遊びに来ていたKちゃんから、ボランティアのK君へ。こども館で歩みが見れることがとても嬉しいです。つながっていることを嬉しく思います。

この後は、ホールで子どもたちとドッヂビーで思い切って遊んでいました。副審をやりながらも自分も夢中になって真剣に遊んでいました。遊んでいる時の表情はあの時と変わっていませんでした。安心、安心!

IMG_3008.JPG IMG_3012.JPG IMG_3015.JPG

 

  • 2011/11/23

10周年記念品プレゼント、2日目!

昨日に引き続き、10時の開館から開館10周年記念品の手作り「はぴたん」を来館した子どもたちにプレゼントしました。昨日は平日ということもあり、一日かけての~んびりプレゼントをしました。

今日は、祝日ということもあって、朝から記念品目当ての人もいたりして、25分でプレゼントは終了しました。ありがとうござます。

 

200個近い「はぴたん」が浜松こども館の願いとと一緒に、子どもたちとともに、あっちこっちで元気に見られるといいな~と思います。

20周年の時まで持ち続けている人がいたら、是非20周年の時に持ってきてね。20周年は、2021年11月22日です!

IMG_2998.JPG いい笑顔。ありがとうね。
IMG_3002.JPG 作ってくださったボランティアさんも一緒に。
IMG_3007.JPG 昨日の中日新聞にも載りました!

 

  • 2011/11/23

ありがとう!開館10周年!!

今日はこども館の開館記念日。そして10周年の節目の日でもあります。

10年間継続できたことに、心から感謝します。ありがとうございます。

今日の来館者には、記念品として、こども館ボランティアさんが手作りしてくださったマスコット人形の「はぴたん」をプレゼンとしています。(先着100名様)

明日もプレゼント(先着70名様)を用意していますので、是非遊びにお越しください!

IMG_2989.JPG IMG_2988.JPG

 

IMG_2979.JPG IMG_2984.JPG

 

  • 2011/11/22

開館10周年記念 来館者プレゼント!

IMG_2872.JPG

浜松こども館は、みなさんのおかけで、11月22日(火)に開館10周年を迎えます。

そこで、感謝の気持ちをこめて、11月22日、23日の両日、来館した方々に(対象は、小学生以下の子ども)手作りの記念品をプレゼントします!

記念品は、浜松こども館のマスコットキャラクター「はぴたん」の人形です。

これは、こども館のボランティアさんが今年の8月から一つ一つ、丁寧に、心を込めて作り上げてきたものです。

世界に一つしかない作品です。

こども館は人と人のつながりを大事にしてきた場所です。

こども館は市民のみなさんとともに創りあげてきた場所です。

「はぴたん」には、これからもそんな想いを大事していきたい、ということが込められています。

お楽しみに! ご来館をお待ちしています。

 

◆ 配布日時 11月22日(火)     午前10時から  先着 100名

        11月23日(水・祝)   午前10時から  先着    70名

◆ 配布対象 子ども(小学生以下のお子さんに限らせていただきます。)

    おたおおおおたのshみに

 

 

 

 

 

 

  • 2011/11/16

職場体験(舞阪中)

10、11日と舞阪中学校、2年生が職場体験に来ました。

11日の2日目には、「はじめてのことばあそび」に入って、活動しました。

親でもない、おじいちゃん、おばあちゃんでもない、おばさん、おじさんでもない、そんな世代と遊んでいる小さい子の表情って、また何かいいんですよね~。そんな表情につられてか、中学生もとても優しい顔になるんです。意義ある職場体験になっています。

IMG_2847.JPG IMG_2863.JPG
IMG_2859.JPG IMG_2867.JPG
IMG_2864.JPG IMG_2868.JPG

 

  • 2011/11/12

平成23年度 中学生・高校生ボランティア募集

 浜松こども館では、平成23年度の「中学生・高校生ボランティア」を募集します。

   浜松こども館は、

   〇 子どもたちの遊びたい気持ちを応援する場所です。

   〇 大人が安心して子どもたちを見守り、声をかけながら成長を楽しみにする場所です。

   〇 赤ちゃんからお年寄りまで、様々な人たちが集い遊ぶ場所です。

 このような場所で、ボランティアをやってみたい中学生・高校生の中で、次の項目が当てはまる人は、是非応募してください。お待ちしています。

 ◇ 年間を通して、活動できる人

 ◇ 小さい子と遊ぶことが好きな人

 ◇ やってみたい気持ちのある人

1 活動内容

  ☆ あそび・・・「あそびのじかん」や「おりがみひろば」、コマ、ドッチビー、なわ跳びなどで小さい子

                     たちと遊びます。

  ☆ つくる・・・「ワークショップ」や「おやつ工房」で小さいをサポートしたり、かかわったりします。

2 申し込み

  ☆ 中学生は、説明会希望日を担当の先生に申し出てください。(学校を通して申し込みをします。)

  ☆ 高校生は、個人で直接または電話で浜松こども館に申し込んでください。

3 説明会

  平成23年7月23日(土)~8月7日(日) 時間 10時~12時(予定)

4 登録

  説明会、実地研修を経て、登録となります。 *詳細については、説明会時にお伝えします。

5 締め切り

  6月22日(水)

 

       
       
  • 2011/06/07

「はなはな」さんの活動

 昨日、ボランティアさんたちが7階屋上の「クローバーの小道」の土の植え替えをしてくださいました。(「の」が多くてごめんなさい。)

   
 黒っぽくみえる土のところに、新たにクローバーの種をまきます。  どんな風景になるか、楽しみです。

 

 これまでも、土の植え替えや種まき、収穫などその度にボランティアさんも活動をして、季節を感じる屋上を創ってくれていました。

 今年からはその活動を定期的にやろう!ということになり、名前も「はなはな」と名づけて始動しています。

 今日の活動を少しだけ見させてもらいましたが、土を触ったり、緑をみたり、風を感じたりするのはいいですね~。みなさん、とっても穏やかに見えました。それから、一緒に何かをやる、というのもいい時間だなと感じました。そんな想いが、このこども館んを創っているんだと思います。ありがとうございます。

 

 間もなく、今年度の一般のボランティア募集が始まります。こども館は地域の方々の想い、活動によって支えられています。このような活動もありますので、関心のある方は是非ご応募ください。

   
 花がら摘みもやってくれました。  土の中にはこんな命も…

  • 2011/04/23

ボランティアさんによるハンドベル演奏 春ヴァージョン

 いよいよ今日から、春休み特別プログラム「みんなでおみせやさん~土ねんどの巻~」が始まります。

 それに先立って、こども館ボランティアさんたちが「ハンドベル」演奏をして、温かい雰囲気をつくってくれました。

   
   

 

 こども館のボランティアさんって、ほんとにボランティアなんです。それぞれ生活のある中で、子どもたちや子育て中の方のために、できることを見つけて、やってくださってます。こういう演奏にしても、練習の日程を調整して、この日を迎えます。

 

 地域の方がそういう時間をつくって、活動をしている、これこそ地域の力だな~と思います。この浜松にもそういう力はまだまだあるとこども館にいて感じます。プロはプロで素晴らしいですが、地域の人の顔が見えることも、またすごいことだと思います。

   
   

 

 今日、演奏を聴いた人たちにそんな気持ちも伝われば嬉しいです。

 子どもたちは、演奏が終わった後も、アンコールの曲「思い出のアルバム」を口ずさんでいました。

  • 2011/03/26

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。

 今年も、浜松こども館をどうぞよろしくお願いします。

 これまで同様、「子どもが子どもらしくいられる遊び場」をみんなで創っていきます。

 

 ちなみに、今年は来館者200万人と開館10周年という節目もあります。これまでの感謝の気持ちを込めながら、子どもの遊び場ってどういうのがいいんだろうということを、みんなで考え、伝えられる記念の時になるといいな~と思っています。

   
 ボランティアさんが作ってくれた飾りです。素晴らしいでしょ!ボランティアさん、ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。  こちらもボランティアさん制作の看板です。手作り感一杯の演出を自主的にしてくださいます。既成ではないのがこども館の自慢です!

  • 2011/01/02

ボランティアさんによるハンドベル演奏!

 今日は、冬特別プログラム「ダンボール~どう遊ぶ?」の初日です。

 それに合わせて、ボランティアさんたちが中心になって、ハンドベルの演奏をしてくださいました。

   
   

  • 2010/12/23

ボランティアさんの読み語り

 今日も気持ちの良い天気です。

 午後に向けて、館内に響く子どもたちの声が徐々に広がってきています。

 

 今日は第2日曜日なので、11時からサウンドプレイルームで、こども館ボランティアさんによる、読み語りがありました。

   「コンコンクシャンのうた」のパネルシアターです。男性ボランティアさんも活動しています。

 

 

 読み聞かせや人形劇、パネルシアターに興味があったり、好きだったりするボランティアさんを中心に、毎月1回、第2日曜日に活動をしてくださっています。メンバーはこども館オープンの時からの方も多く、毎月自主的に、精力的に活動をしてくれます。

 

   
 クリスマスにちなんだ紙芝居です。昔ながらのスタイルです。  最後は、みんなで「あわてんぼうのサンタクロース」を歌いました。

 

 この空間は、職員が主でやるものとはまた違う空気が流れています。ゆったりしているというか、それぞれのペースで、持ち味を生かした、微笑ましい時間になっています。ボランティアさんの良さってこういうところかなと感じます。職員がやるもの、専門の人がやるもの、ボランティアさんがやるもの。どれか一つではなく、いろいろあるのがいいんでしょうね。遊びに来た人も、いろいろ、好き好きに参加できるし。

 

 こども館ボランティアによる読み語りは毎月第2日曜日、11時からサウンドプレイルームでやっています。来月は、予定では1月9日(日)です。一生懸命練習をして、臨んでくれます。お楽しみに。

  • 2010/12/12

ボランティアから警察官に。

 今日も気持ちの良い天気です。

 

 昨日の出来事です。

 お昼過ぎ、事務室に「こんにちは!」と爽やかに、女の子が入ってきました。

 その子は、この夏までボランティア登録をしていた、現在高校3年生の女の子です。

 報告に来ました、というので、なになにと聞いて見ると、

 「警察官の試験に合格しました!」

と嬉しそうに報告をしてくれました。それを聴いた職員は、みんな自分のことのように喜び、Kさんにおめでとうの言葉をかけていました。

 

 彼女は、中学1年生からボランティア活動をはじめ、この夏まで、約6年間継続して活動をしてくれました。登録したばかりの頃は、まだ幼い感じで、友達とよく一緒に活動に来ていたのを覚えています。中学から高校への切り替えで活動に区切りをつける人が多い中で、彼女は継続し、就職活動の直前まで活動をしていました。

 決して派手ではないけれど、どこのかかわりでも、子どもでも大人でも、明るく、丁寧に接することができる貴重な人材でした。

 その彼女が、次のステップに選んだのが警察官。そして、見事にその第一歩を踏み出しました。

 

 こども館は、学校でも、家でもないので、教えたり、進路指導をしたりということは全くないです。ただ、そういうところではできない人とのかかわりや、時間、体験の場をちょっとだけ提供している、そんな感じです。そんな中で、それぞれが何かを感じてくれればいいな、と。

 

 彼女のことを、自分たちのことのように感じたのは、遊んだり、話をしたり、一緒に悩んだり、そういうことを共有してきた時間が長かったからかもしれません。

 

 そういう意味では、彼女が特別ではなく、こども館の活動をしながら、それぞれの道をそれぞれのペースで確かに歩んでいるボランティアさんは他にもたくさんいます。就職活動をしている人、社会人でありながらまた別の道に向けて勉強している人、定年後の生き方を見つけている人…

 そんな「生きている」、いろいろな人がいるからこども館は面白いんだろうし、そういう人たちに支えられているんだと思います。

 

 Kさんが、職員に向かって「ありがとうございました」と言っていましたが、逆にこども館からKさんにお礼を言わなきゃいけません。

 「ありがとう。」

 

   Kさんの勇姿です。正面から撮ろうと思いましたが、恥ずかしそうにしていたので、後ろからにしました。場所はKさんが、こども館の中で一番好きな、コマ回しのエリアです。

 

 また、フラッと遊びに来てくださいね。

  • 2010/12/06

ボランティアとともに…こども館9歳の誕生日!

 今日は、11月23日。勤労感謝の日で祝日です。こども館にも、たくさんの人が遊びに来てくれました。

 

 そして、昨日は、22日。浜松こども館の9回目の誕生日でした。今から、9年前の昨日、浜松こども館がオープンしました。オープンの何日か前には、隣の松菱が突然閉館になって、ビックリしたり…。そんなこともありました。

 

 ここまで、続けてこられたのは、来館者の皆さんをはじめ、かかわっていただいた多くの方々のおかげと感謝しています。

 特に、ボランティアさんの力はとても大きく、ボランティアさんなくしてはここまで歩んでこれなかったと思っています。

 そして、10年目にスタートを切った今日も、これまでと変わらず、ボランティアさんが館内の至るところで活動をしてくれました。

 

 

 

   
 貴重な20代のボランティアさんです。今日も、サウンドプレイルームの前で、閉館までキーボードを弾いてくれました。大人も子どもも立ち止まったり、聞き入ったりして。もう5年間くらい活動をしてくださっています。

 今日は、「ちょっと時間ができたから」と寄ってくださり、情報広場で折り紙をしてくれました。オープンからずっと継続して活動をしてくださっている方です。読み聞かせや川柳の字を書いてくれたりと多才です。      

     

 ここからは、貴重な男性ボランティア3人衆です。今年度登録をして、コマから、ねんど、野菜や花の植え付けにとオールマイティに活動をしてくださっています。頼りになります。

 同じく、今年度からの登録です。コマが得意で、教え方もとてもわかりやすく職員も参考になります。物腰のやわらかさは大人も子どもも安心します。  同じく、今年度からの登録です。ワークショップを中心に活動してくださっています。全体を観ながら、必要なときにサッと動いてくれて、子どもたちを見守ってくれています。

 

 

 ここに紹介したボランティアさんはほんの一部です。他にも、中高生ボランティアをはじめ、多くの志のある地域の方がいます。

 ボランティアさんは、それぞれ、特技や特性を生かして、こども館の様々なところに居てくれます。ホール前でコマを回したり、情報広場で折り紙を折ったり、サウンドプレイルームで太鼓を叩いたり…。まるで、近所のおじさんやおばさん、お兄さんやお姉さんのように。子どもたちはそんな中をその日の気分に合わせながら、好きな場所へ自然と寄っていきます。そして、家の人でもなく、学校の先生でもない、おじさんやおばさんに遊び方を教わったり、お兄さん、お姉さんと一緒に遊んだり。

 考えてみれば、元々知らない人同士なんですよね。でも、こども館という場所、遊びということを通してなら、そんな垣根をすっと飛び越えて、話したり、遊んだりできるんです。これはすごいな~と思います。

 

 人と人がすっと関わることのできるこの場所を、ともに創ってきてくださったのが、浜松の、地域のボランティアさんたちなのです。 オープンからずっと続けてくださっている方もたくさんいます。新しく加わった仲間の方もいます。それぞれのできることを、地道に、ボランティア精神でやってくださっているその生き方に頭が下がります。ありがとうございます。

 これからも、ともに創っていきましょう。

 地域のおじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃん、お兄さん、お姉さんが自然に居る、浜松こども館に是非遊びに来てください。

  • 2010/11/23

こども館 今日の風景

カテゴリー

エントリー

ARCHIVE

一覧ページに戻る