浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

コンセプト

浜松こども館理念

子どもは、内面に飽くなき好奇心を持っています。浜松こども館は、この子どもたちが子どもらしさを十分に発揮して、安心して思い切り遊ぶことができる愛情ある環境づくりを目指します。その中で多くの人とかかわりを持ち、社会性や創造性を高めていくことを期待します。なお、未来を担う大事な子どもを育てている親たちが、相互扶助のネットワークを広げ、併せて、子育ての専門的支援を受けながら、子育てを楽しむ環境を醸成します。
子どもがこの時期、心理的に安定した環境の中で体験し、心に思い描いたことは脳の長期記憶に組み込まれ、人生を豊かに人として幸せに生きる肥沃な土壌となるものと考えます。
こども館は、市民参加型の運営を目指していることから、中高生を含めた一般ボランティアの積極的な参加により、世代間の交流を深めることのできる運営とします。

運営理念

浜松こども館は、家庭でも、学校でも、職場でもない、すきまの様な貴重な場所です。「生きる力」がここで輝きます。

本来誰もが持っている「生きる力」が輝くために一番大切なことは、子どもや親たちがありのままで、多くの様々な人とかかわりを持つことです。そのために、こども館を、いつでも誰でも子どもが大人がボランティアがお年寄りが集える場所とします。遊び場づくりは、まちづくり

私たちは、このような遊び環境を創っていくために、次のことを大切にしていきます。

子どもたちの遊びたい気持ち・自分の力で「遊ぶ」ことを応援します。
大人自身が心にゆとりを持てる環境づくりを目指します。そして、大人が安心して子どもを見守り、
時には夢中になって遊び、声をかけながら子どもの成長を楽しみにする場所を創ります。
赤ちゃんからお年寄りまで、いつでも、いろいろな人たちが集い、遊ぶ場所を目指します。
利用者、ボランティア、地域の人たちとともに考え、実践し、遊び環境を創っていきます。