浜松こども館は,遊びを通じた多様な社会・文化体験と,交流機会を提供する施設です。

浜松こども館分室「ここ・い~ら」

お知らせ

平成28年度 一般ボランティア募集!

今年度の一般ボランティアの募集が始まっています。

申込みは「官製はがき」にて、締切は8月25日(木) 〔消印有効〕となっています。

関心のある方はまずは説明会に参加してみてください。お待ちしています。

詳しくは下記をご覧ください。

一般ボランティア募集要項.pdf

  • 2016/08/17

平成28年度 中高生ボランティア募集

今年度も中高生ボランティアを募集します。

下記の要項に従って、希望者は個人で浜松こども館までお申込みください。

申込み締切は7月15日(金)となっています。(ただし、先着順ですので定員になり次第締め切りとなります)

平成28年度 中高生ボランティア募集案内

  • 2016/06/21

ボランティアさんのお仕事 その2

今日は「よみかたりさん」のお仕事を紹介します。

「よみかたりさん」メンバーが集まり、人形劇『雨のむこうに』の練習を行いました。語りと音楽に合わせて、人形の動きや位置、出てくるタイミングなど、何度も意見を交わし合いながら練習しました。人形や小道具もすべて手作りの物です。雨をテーマに、男の子と動物たちの温かい交流を描いた素敵なお話です。

6月12日(日)10:50~11:20に行います。みなさん、ぜひ見に来て下さいね。

IMG_3158.JPG

IMG_3162.JPGのサムネイル画像

  • 2016/06/07

【臨時休館】6月8日(水)

6月8日(水)は館内施設点検及び清掃のため臨時休館とさせていただきます。

また7月以降の臨時休館日につきましては、次のように予定しております。

ご理解とご協力をお願いいたします。

【 平成28年度浜松こども館臨時休館日 】

平成28年

     7月13日(水)

     9月21日(水)

     10月19日(水)

     11月 9日(水)

平成29年1月25日(水)

     2月15日(水)

  • 2016/06/07

【臨時休館日】5月11日(水)

5月11日(水)は館内施設点検及び清掃のため臨時休館とさせていただきます。

また6月以降の臨時休館日につきましては、次のように予定しております。

ご理解とご協力をお願いいたします。

【 平成28年度浜松こども館臨時休館日 】

平成28年

     6月 8日(水)

     7月13日(水)

     9月21日(水)

     10月19日(水)

     11月 9日(水)

平成29年1月25日(水)

     2月15日(水)

  • 2016/05/09

【臨時休館】4月20日(水) 浜松こども館

420日(水)は館内施設点検及び清掃のため臨時休館とさせていただきます。

また5月以降の臨時休館日につきましては、次のように予定しております。

ご理解とご協力をお願いいたします。

平成28年度浜松こども館臨時休館日

平成28420日(水)

     511日(水)

     6 8日(水)

     713日(水)

     921日(水)

     1019日(水)

     11 9日(水)

平成29125日(水)

     215日(水)

  • 2016/04/11

【2月22日(月)閉館時間変更のお知らせ】

222日(月)は館内安全点検のため閉館時間を次のように変更いたします。

通常

2月22日(月)

閉館時間

午後5

午後1時30分

 *開館は通常通り「午前10時」です。

ご不便をお掛けしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。

  • 2016/02/19

【満員御礼】2/11映画『かみさまとのやくそく』の前売券完売

 年末より販売しておりました2/11(木・祝)上映の映画『かみさまとのやくそく』の前売券が、おかげさまで完売となりました。

 数多くのご購入、お問い合わせ、誠にありがとうございました。

 

 なお、前売券で定員に達しましたので、当日券の販売は行いません。予めご了承ください。

  • 2016/02/03

【更新】ぴっぴの取材ママ体験記

取材ママ:Rika

 浜松駅からは遠方に住んでいるわが家ですが、1年のうちに何回かは通う「浜松こども館」 。 この日もPチケ対応駐車場を活用し、遊びに行ってきました。

 今日のイベントは、いつも楽しく遊ばせてもらっている息子の大好きなボールプールのお掃除です! プール内を清潔に保つため、1か月に1回ほど、ボールの入れ替えが行われます。行く前から、「ボールプールおそうじたいになるんだ~」と楽しみにしていた息子。

CIMG1245.JPG  「ボールプールおそうじ隊」のお仕事は11時から。少し早めに着いたので、さっそくボールプールで遊ぶことに。他のおそうじ隊員たちも楽しく遊んでいました。11時前には、ボールプールの外に出て集まるように声がかかり、おそうじ隊員たちは整列します。みんなきちんと指示を聞いて並んでいました。今日の参加者は20人ほど。参加者の中には、以前にも参加したことのあるお友だちも何人かいたようです。

CIMG1256.JPG

 みんなで一緒に、1万個もあるという青白ボールの入れ替えをします。「まずは、バケツでボールをすくってダンボールの赤い線までボールを入れていくよ~」とスタッフさんが説明をしてくれました。この日はたくさんのボランティアスタッフの方もいらっしゃいました。

CIMG1265.JPGCIMG1271.JPG      

 1人1つずつバケツを受け取り、みんなでボールプールの中へ! 中に入るなり、さっそく仕事に取りかかります。参加者の中では最年少の息子。ちゃんとできるかなと少し心配に思っていましたが、表情は真剣そのもの! 一生懸命お仕事していました。バケツでボールをすくって入れると、あっという間にダンボールはボールでいっぱいに。スタッフさんが急いで新しいダンボールを持ってきてくれます。最後のほうになると、少ないボールを取り合うようにバケツに入れていた隊員たち。10分もしないうちにすべてのボールがダンボールの中におさまり、ボールプールも空っぽになりました。

CIMG1324.JPG CIMG1349.JPG   

 次に、空っぽになったボールプールをボランティアの方が掃除してくれます。子どもたちはいったん外に出て、掃除が終わるまで他の場所で遊んで待っていることになりました。再集合のアナウンスが入るのを待ちきれない息子は、遊びながらもプールの様子が気になるようです。

 しばらくすると「ボールプールおそうじ隊員のお友だち~」 と放送が入りました。隊員たちは待っていましたとばかりに走って戻ってきました。始めと同じようにきちんと整列して説明を聞きます。掃除が終わったプール内に、新しいボールを入れていきます。「合図に合わせて一斉にボールを出すよ~」と、スタッフさんから説明を受けます。

CIMG1361.JPG そして、ボールプールに入り、それぞれボールの入った袋の口を持つ子どもたち。合図を待ちます。「じゃあいくよー!」「5・4・3・2・1...」ボールを一斉に袋から出します。息子も真剣に自分の持ち場の袋を開き、見事、元通りの青白ボールプールに。子どもたちは新しくなったボールプールで、また楽しく遊んでいました。

CIMG1363.JPG 子どもたちにとって、遊びの延長線上で楽しむことのできる「ボールプールおそうじ隊」。とっても素敵な企画だと思いました。帰宅後、息子は母にも父にも「ボールブールおそうじたい、がんばったよ」 とうれしそうに何度も報告してくれました。頑張ったね! 楽しい1日になりました。

  • 2016/01/20

【更新】ぴっぴの取材ママ体験記

取材ママ:しば

 「アル・きると」という不思議な名前のイベントに興味をひかれ、5歳の娘と参加してきました。催し案内にあった「ハサミを使う」ということ以外、どんな内容なのかまったく想像できなかったのですが、部屋の入口に展示してあった作品を見たら納得。

 アルミホイルと黒い折り紙の組み合わせで、とてもステキな作品ができるんです。

160109_alk_01.JPG

 折り紙を何回も折り、折ったところをハサミで切ってから開くと、万華鏡のような模様が......。そんな遊びを子どもの頃によくやりました。それと同じ遊びです。

 スタッフさんからは、「アル・きると」とは「アルミを切ると、何ができる?」「アルミ切り絵を並べたらキルトのパッチワークのようになる」という2つの意味があるんですよ、というお話がありました。

 ハサミで切って偶然できる模様や、同じものは2つとしてできないことを楽しんでほしいとのことです。

160109_alk_02.JPG

受付には正方形のアルミホイル、お弁当用に使うアルミカップを広げた円形のもの、そして黒い折り紙が並んでいました。どれを使ってもかまいません。私たちは正方形のアルミと黒い折り紙を1枚ずつもらって机に座り、さっそく製作開始。

娘はアルミを何回か折って、ハサミを入れます。が! 力加減をまだよく知らない5歳児、広げるのに失敗してアルミをビリビリ破いてしまいました。が、そこは想像力でカバー。万華鏡っぽく、はあきらめて、別の作品を作り始めました。

160109_alk_03.JPG160109_alk_04.JPG  このイベント、未就学児はハサミが使えることと保護者同伴が条件。小学生以上はひとりでの参加が可能です。見たところ未就学児のほうが多いように見えましたが、みんなハサミを上手に使っています。薄いアルミを広げるところでうまくいかず破れてしまっても、そのアルミをいっぱい貼り付けたらひとつの作品になります。パパやママと一緒に工夫して作り上げている子がいっぱいいましたよ。

160109_alk_05.JPG160109_alk_06.JPG  小学生に聞いてみたところ、「アルミは切るのが簡単だけど、広げるのが難しい。黒い折り紙は、何度も折ってしまうと切るときに力が必要で難しいけれど、広げるのが簡単」とのことでした。この遊び、力加減を学ぶにもよさそうです。

 小学4年生の女の子は、かなり細かく切って作った作品を見せてくれました。「花火ってイメージで作ったよ。こんなの作るの、幼稚園以来かも。でもやってみたら意外に楽しい」ですって。次は何を作ろうか、友達と相談していました。

160109_alk_07.JPG

 ちなみに、小学生以上の子でも、もしひとりで来たりやり方がわからなくなったりしても大丈夫。ボランティアスタッフさんが何名もいて、手助けしてくれます。

 さて、アルミを切ったら、ノリで台紙に貼り付けて完成です。

 催し案内には「汚れてもいい服」という注意書きがありましたが、これは、このノリが服についても困らない服、とのことです。でも、テーブルには手を拭くための濡れたハンドタオルが置いてあったので、大丈夫でしたよ。

160109_alk_08.JPG

 作品をスタッフさんに渡したら、こども館の壁に貼り出してくれました。並んだ作品は、本当にパッチワークのよう。さまざまな感性で作られた作品に影響されて、娘はすぐに「もうひとつ作る!」とアルミを手に取りました。スタッフさんからは「いっぱい作っていってくださいね」とのありがたいお言葉が。最終的には5つくらい作品を作り、3つ目くらいからはアルミを上手に広げられるようになっていました。

 私たちが行った日はイベント初日で、今冬は全4回開催を予定しているとのことです。料金は無料、1時間で保護者含め90名近く入って大人気のイベントでした。また、開催時間の13:00~15:30の間なら入退場は自由です。

 寒い日に出かけるのはおっくうになりがちですが、こんな楽しいイベントが開かれているなら、子どもをまた連れていってあげたくなりました

  • 2016/01/14