はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 2009年5月

はままつ文化サポート対象事業「路上演劇祭Japan in 浜松 2009」

2009年5月25日

%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E6%BC%94%E5%8A%87%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AB.jpg

はままつ文化サポート対象事業 「路上演劇祭 Japan in 浜松 2009」が、5月24日(日)、砂山銀座サザンクロス商店街で開催されました。
当日はあいにくの空模様となり、開催場所を当初予定していたアクアモール(旧イトーヨーカドー浜松駅前店)から場所を移しての開催となりました。

%E8%B7%AF%E4%B8%8A%E6%BC%94%E5%8A%87%E7%A5%AD.jpg

市内外で活動している全6団体による個性的なパフォーマンスは、それぞれにメッセージを持たせつつも、子どもから大人まで幅広い年代で楽しむことができ、随所で笑いが起こるなど、盛り上がりをみせました。役者と観客の距離が近く、観客との一体感が生まれ、通りすがりの人も立ち止まって興味深く見学したりするなど、路上演劇ならではの様子もみられました。

最後に、出演した各団体の挨拶があり、実行委員会の代表を務める里見氏から「来年も引き続き開催したい」との話があると、観客からは大きな拍手がおこり、会場は最後まで大いに盛り上がりました。

%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%97.jpg

また、この公演に先立って4月から継続して行われたテーマ別のワークショップでは、参加者は様々な角度から表現するということの可能性とその魅力を学びました。

浜松市制記念式 記念公演  

2009年5月19日

当財団が企画・運営をおこないます、浜松市制記念式記念公演の 企画内容が決定しましたのでお知らせいたします。

  • 開催日時 2009年7月1日(水)
    式典 10:00~11:00
    記念公演 11:00~12:00
  • 会場 アクトシティ浜松大ホール
  • 記念公演内容
    浜松市が進めている音楽事業から育った若手演奏家が出演。
    市の文化事業に参加した思い出などを紹介しながらそれぞれの演奏を披露します。
    最後は出演者全員によるバンド維新2009の合唱曲「Ave maria」(新実徳英)を披露します。
    ・弦楽四重奏 (出演:小杉結
    ・金管 (出演:福井健太)
    ・ピアノソロ (出演:北村朋幹
    ・声楽 (出演:水船桂太郎)
    ・吹奏楽 (出演:浜松市立与進中学校)
    ・合唱 (出演:ジュニアクワイア浜松

シリーズ「音楽探訪」~ハイドン没後200年 ハイドン再発見~

2009年5月19日

%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

浜松市アクトシティ音楽院の恒例企画 『シリーズ「音楽探訪」』
ひとりの作曲家に焦点を当てながら作品や人物像に迫るこの講座、今年度は
ハイドンの没後200年を記念し 『ハイドン没後200年 ハイドン再発見~』を開催します。

講師は静岡文化芸術大学教授で音楽評論家としても活躍されています平野昭先生をお招きし、
ハイドンを題材にして映像やCDまたはミニコンサートを交えながら全5回にわたって、
その魅力を探ります。

第3回では、フォルテピアノ奏者小倉貴久子さんによるミニコンサート、
第4回にはヴァイオリン2台・ヴィオラ・チェロの弦楽四重奏によるミニコンサートも開催します。
どうぞお楽しみに。

  • 第1回 2009年5月27日(水)
  • 第2回 2009年6月3日(水)
  • 第3回 2009年6月17日(水)
  • 第4回 2009年6月24日(水)
  • 第5回 2009年7月1日(水)

会場:アクトシティ浜松研修交流センター音楽工房ホール、各回とも18:45~20:45の開催となります。
お申し込み方法等はこちらをご覧下さい。

はじめての能・狂言ワークショップ 整理券配布

2009年5月19日

%E7%BE%BD%E8%A1%A3.JPG

小・中学生向けにわかりやすく解説を加えた、「観る」「聴く」「体験する」ワークショップです。
小学校6年生の国語の教科書に掲載されている狂言「柿山伏」などを上演します。
どうぞご参加ください。

  • 日時 2009年6月29日(月)
  • 時間 午前の部 開場10:00 開演10:30 午後の部 開場13:00 開演13:30
  • 会場 アクトシティ浜松大ホール
  • 入場無料 要整理券
  • 整理券は、5/23(土)からアクトシティ浜松チケットセンターにて配布します。[各部先着250名]
  • 未就学児の入場はご遠慮下さい。
  • お問い合わせ先 浜松市文化振興財団事業部 053-451-1114

浜松文芸館「風紋のアンソロジー」の発刊

2009年5月18日

DSC_0062.JPG

浜松市文化振興財団編 『風紋のアンソロジー』が発刊されました。

この本は、浜松の文化風土にあって、やや見えにくくなっている「文芸・言葉」に焦点をあて、
浜松に関わりをもち現在活躍する17人の執筆者の随筆集です。

「漱石の作品に登場する浜松」、「藤沢周平作品の浜松」、「俳人たちと浜松」など執筆者が
テーマとするジャンルからの浜松が書かれているほか、
浜松市民文芸の創刊から16号までの創作の部選者を務めた藤枝静男の選評集を
刊行物としては初めて収録しています。

浜松文芸館、アクトシティ浜松インフォメーションセンターにて販売中(価格:500円(消費税込み) )
ですので、興味のある方は是非手に取ってみてください。

 ■執筆者
中西美沙子(作家)、松平和久(文芸評論家)、折金紀男(文芸評論家)、鈴木裕之(海坂・俳人)、
九鬼あきゑ(椎・俳人)、和久田雅之(文芸評論家)、鶴田育久(層雲・俳人)、
笹瀬節子(みづうみ・俳人)、 埋田昇二(詩人)、那須田稔(児童文学作家)、藤枝静男、
青木鐵夫(版画家)、齊藤タク(浜松文芸館館長)、 堤腰和余(朗読者)、
たかはたけいこ(エッセイスト)、青木あきこ(アートプランナー)、村上恵三子(ピアニスト)、
安池澄江(編集者)

■文庫版260ページ

音楽文化都市交流宣言

2009年5月15日

DSC_0048.JPG

浜松市と札幌市による「音楽文化都市交流宣言」が、
アクトシティ浜松にて締結されました。

 

「藤枝静男の書斎」公開

2009年5月13日
fujieda.jpg

藤枝静男さんは浜松市中区東田町で眼科医を営む傍ら作家活動を続け、 『田紳有楽』(谷崎潤一郎賞)、
『悲しいだけ』(野間文芸賞)など多くの作品を世に送り出しました。

藤枝さんの生誕100周年を記念し、昨年度浜松文芸館にて開催された
特別展「藤枝静男展」で展示された数多くの資料をベースに氏の作品と人物像を紹介するホームページ
「藤枝静男の書斎」を開設しました。 

藤枝静男氏の書斎写真をメイン画像に、浜松在住の文化人との交流、浜松市民文芸や
浜松百撰賞での論評などを掲載した「浜松と藤枝静男」、氏の直筆原稿や書籍の紹介、
志賀直哉をはじめとする多くの文化人との交流などを紹介しています。


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks