はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 2009年10月

幼児期からの献立クッキング「自慢なおやつ」編

2009年10月27日
image003.png

浜松市文化振興財団ではクリエート浜松にて、10月20日(火)に幼児期からの献立クッキング「自慢なおやつ」編を開催しました。
4歳から6歳のお子さんの保護者を対象にしたお料理教室です。
浜松大学の石田先生を講師に迎え、20名のお母様が参加してくれました。

最初に石田先生から料理の説明や、栄養についての知識の講義がありました。
食育をテーマにしたお教室なので、ためになることがいっぱい。
熱心にメモをとったり、お話を聞いているお母様が多くいらっしゃいました。

説明が終わると、早速おやつ作りに取りかかりました。
メニューは、おからを使ったクッキー、人参のパンケーキ、寒天を使ったプリンです。
どれも健康的で幼児期にはぴったりのおやつです。

お母様方はさすがに手際がよく、順調にお料理が進みました。
普段は、育児で大変な思いをされているお母様方も、今回の料理教室で楽しんでお料理をしていました。
同年代のお子さんをもつお母様同士、話も合い、料理教室が終わる頃には、皆さん親しくなられてました。 image012.png

image017.png

お味はというと・・・甘さを控えめにしたお菓子でした。
幼児には、普段私たちが食べているような甘さでは少し甘すぎるようです。
クッキーはおからが入っているのでパサパサした感じを想像していましたが、サクサクとした食感でとても香ばしい仕上がりでした。
パンケーキは、鮮やかなオレンジ色が食欲をそそり、食べてビックリ人参の味はほとんどせず、人参嫌いのお子さんでもいただけます。
プリンは寒天を使って固めてますので、作るのがとっても簡単。
でれもとても美味しく大人でも楽しめるおやつでした。

完成したおやつは、少しだけ食べて、家族のために持って帰る方が多く、その光景を見ると幸せな気持ちになりました。

次回の「秋の味覚・園児に喜ばれるレシピ」<シリーズ3>は11/3(火)クリエート浜松で開催します。
詳しくはこちらをごらんください。

第24回国民文化祭・しずおか2009

2009年10月24日

kodomo2.jpg

「第24回国民文化祭、しずおか2009」が始まりました。

浜松こども館では、「キッズアートフェスティバル」「遊びの文化フェスティバル」部門に出展しています。
会場はツインメッセ静岡南館で、内容は「モクモクつみき」を開催中です。
木をのこぎりで切って、けずって、やすりで磨く。
ただそれだけです。ただそれだけですが、夢中になる何かが体感できます。

26日(月)まで開催中しています。是非お越しください!

kodomo1.jpg kodomo3.jpg kodomo2.jpg kodomo1.jpg kodomo3.jpg kodomo2.jpg kodomo1.jpg

平成21年はままつ文化サポート事業 「少年少女合唱団オータム交流コンサート」

2009年10月20日

平成21年度はままつ文化サポート対象事業
「浜松少年少女合唱団 オータム交流コンサート」が、10月17日(土)福祉交流センターにて開催されました。

HP1070123.jpg

浜松少年少女合唱団は、「少年少女ならではの澄んだ響きと鋭い感性を磨きながら、合唱を通して音楽の美しさを味わい、楽しい雰囲気の中で豊かな人間性と美しい心を養うこと」を目的として1998年5月に結成されました。今年で11年目を迎え、現在は小学校2年生から高校3年生までの28名の団員が活動しています。

今回の演奏会では、ドイツからノイス室内合唱団カペラ・グヴィリナを迎え、交流コンサートという形で開催されました。ノイス室内合唱団カペラ・グヴィリナは、130余年の歴史を持つノイス・ミュンスター・コーラスを母体として、1989年にその教会の合唱指導者であるヨアヒム・ノイガルトにより編成された合唱団で、浜松少年少女合唱団とは2000年のドイツ演奏旅行を機に草の根交流を行ってきました。

前半はそれぞれの合唱団の独自のプログラムを披露。ノイス室内合唱団カペラ・グヴィリナはドイツの作曲家ブラームスやシューマンの作品のほか、日本民謡をベルギーの現代作曲家がアレンジした「8つの日本民謡」を巧みに歌い上げ、来場した観客を魅了していまました。浜松少年少女合唱団は、宮川彬良作曲の合唱組曲「少年の時計」を合唱。9月には宮川氏本人から指導を受けたこともあり、生き生きとその世界観を表現しました。後半はソプラノ・バリトンのソロ、子どもと大人の合唱、室内アンサンブルのために作曲された「子どもたちのミサ」を全員で熱演。会場は最後まで拍手が鳴りやまず、大いに盛り上がりました。

ACT New Artist Series No.70 松永貴志ジャズピアノ・コンサート

2009年10月19日

ANA%E6%9D%BE%E6%B0%B8.jpg

浜名梱包クラシックスペシャル アクト・ニューアーティスト・シリーズ

No.70「松永貴志ジャズピアノ・コンサート」が

1012日(月・祝)アクトシティ浜松 音楽工房ホールにて開催されました。

 

このシリーズも70回目となり、様々なジャンルの若手アーティストによるコンサートが

行われてきましたが、ジャズピアノはなんとシリーズ初登場。今回は坂崎拓也さん(B)、

竹田達彦さん(Ds)によるトリオでの演奏で、素晴らしいテクニック、楽しいトークの他、

松永さんの手元を大型スクリーンへ映し出すなど来場者を終始魅了させたコンサート

となりました。

 

今年度5回シリーズの第4回目は、フルーティスト南部靖佳によるコンサートが

1220日(日)に開催されます。

はままつ文化サポート対象事業 第5回記念浜松美術協会展

2009年10月16日

PA140786-1.jpg

107日から18日にかけて、クリエート浜松で、

「市民との絆をつくる 第5回記念浜松美術協会展」が開催されています。

この浜松美術協会は、県西部で普段は個人で活動されていたり教えている方達によって

結成されている会で、このような発表の場を設けたりするほか、デッサン会なども開催されているそうです。

今回は、静岡国文祭応援イベントとして、クリエート浜松の3階全てを使っての展覧会であり、

洋画、水彩、パステル、日本画、版画、彫刻、造形、工芸の分野にわたり、

たくさんの作品が展示されていました。

どれも大作ばかりで、多くの方が観覧されていました。

ひとつひとつの作品に作家からのコメントがつけられているほか、

日曜日には会員の方によるギャラリートークを開催するなど、

作品に対して理解を深めてもらう工夫がされていました。

第7回はままつユニバーサルデザインフェア プラネタリウム映画上映

2009年10月15日
浜松科学館は、第7回はままつユニバーサルデザインフェアの
サテライト会場となっております。
サテライト会場イベントとして
11月8日字幕付きプラネタリウム映画上映を行います。
詳細はこちらをご覧ください。

『なゆた・浜北まちなかコンサート』 雨天時会場変更のお知らせ

2009年10月 5日

現在配布しております11月14日(土)なゆた・浜北まちなかコンサートのチラシに、『雨天の場合は、なゆたホール』と記載しておりますが、雨天時は『浜北文化センター小ホール』にて開催いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。 


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks