はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 2009年11月

幼児期からの献立クッキング カレー編

2009年11月19日

CIMG0846.JPG

クリエート浜松にて、11月17日(火)に幼児期からの献立クッキング「インド人直伝、本格カレー」編を開催しました。4歳から6歳のお子さんの保護者を対象にしたお料理教室です。

講師に「カレー工房まあや」の河内先生をお招きし、20名のお母様が参加されました。
インド人から直接指導を受けた先生から、スパイスを使った本格カレーを教えていただきました。

最初にレシピについて説明した後、さっそく調理に取り掛かりました。
メニューは、チキンと玉ねぎのカレー、レーズン入りターメリックライス、フィッシュボール、えびカレーです。
幼児期からの献立クッキングも4回目になりました。
玉ねぎを炒めたり、煮込んだりと少し時間のかかる料理ですが、チームワークよく料理が完成していきました。

CIMG0847.JPG

フィッシュボールは、じゃがいもとシーチキンを使った料理でカレー味がとても美味しかったです。
カレーは二種類作りました。ルーを使った普段のカレー作り方とは違い、何種類かのスパイスを使い本格的なインドカレーを作っていきました。
ターメリックライスとの相性も良く、食欲も増進されます。
少しスパイスが効いて、大人向けの味付けでしたが、お子さん用の作り方も先生から教えていただきました。
旦那さんや、子供さんに食べさせたい!とおっしゃるお母様がたが大勢いらっしゃいました。
試食が終了した後も、先生に質問をするお母様方もいて、みんさん本当に熱心に参加していただきました。

みんな大好きなカレーですが、一味違う、本格カレーのレシピを覚えて、みなさん満足されたようです。
これから、寒い時期になりますが、スパイスの効いたカレーで心も体もホカホカになってもらいたいです。

「プロムナードコンサート」 浜松西高校出演辞退のお知らせ

2009年11月 5日

11/7(土)JR浜松駅北口前広場キタラで開催いたしますプロムナードコンサートに出演予定となっておりました静岡県立浜松西高等学校の生徒がインフルエンザに感染した疑いがあるため、出場辞退の申し入れがありました。そのため、開始時間を変更し、14:45から浜松市立西部中学校の演奏が始まります。

なお、静岡県立浜松西高等学校の代替演奏はございませんのでご了承ください。

幼児期からの献立クッキング「秋の味覚・園児に喜ばれレシピ」編

2009年11月 3日

CIMG0820.JPG

クリエート浜松にて、11月3日(火・祝)に幼児期からの献立クッキング「秋の味覚・園児に喜ばれレシピ」編を開催しました。
4歳から6歳のお子さんの保護者を対象にしたお料理教室です。
講師に松城幼稚園の栄養士、川口三重子さんを迎え、10名のお母様が参加されました。
急に寒くなってきたので、体調を崩された方もいて、
参加人数は少なくなってしまい、2人で4人分作ったグループもありました。

最初に電気炊飯器を使って、あずきと米粉のケーキを先生が代表して作りました。
材料を混ぜ合わせ、炊飯器にかけて出来上がりを待つ…。
とても簡単で、火も使うことがないので、家に帰って小さなお子さんと一緒に作ることができる料理でした。

グループに分かれてからは、黒豆ご飯、魚のホイル焼き、れんこんとくるみのサラダを作りました。
幼児期からの献立クッキングも3回目になり、1・2回目も参加されてお母様方も多くスムーズに進みました。
どのグループも手際よく料理が完成していき、人数の少なさを感じさせませんでした。

出来上がりを一緒に試食させていただきました。
どの料理もやさしい味付けに仕上がっていました。
黒豆ご飯は、すし酢を使っていて、酸味が食欲をそそりました。
魚のホイル焼きは、旬の魚、鮭をしめじや玉ねぎなどと一緒にマヨネーズで味付けをして、ホイル焼きにしました。
マヨネーズ味なので、子供があまり食べない魚も美味しく食べられるようになると思います。
米粉のケーキは、ふんわりとしていてほんのり甘く、炊飯器で簡単に作ったとは思えないものでした。

今回の料理教室を通して、お母様方のレシピがまた一つ増え、満足していただけたと思います。
旬のものをいただくことは、体にとても良いということです。
”食欲の秋”到来!!いろんな食材を使って寒さに負けない元気な体をつくってあげたいですね。 CIMG0816.JPG CIMG0807.JPG


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks