はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 2010年2月

大学生のための食育講座

2010年2月25日

クリエート浜松にて、2月24日に「大学生のための食育講座」を開催しました。
浜松大学の川上栄子先生を講師に迎え、大学生・来年度大学生が16名参加しました。

栄養バランスのよい食事の取り方の講義と簡単野菜クッキングを行いました。
大学生、特に一人暮らしの大学生は外食中心になりがちです。
外食中心の食生活でも、栄養のバランスのよい食生活を送れるようになることが今回のテーマです。

最初に「食事バランスガイド」の活用法の講義を行いました。
食事のカロリーや、どのように食事をとればいいのかなど、普段あまり気にしないことだけど重要なことを教えてもらいました。
どの学生も熱心に耳を傾け、メモをとっていました。
若年からのメタボ対策などもあり、最近お腹が気になる私もとても参考になりました。


224_1.JPG

224_2.JPG

次に、グループに分かれての調理実習。簡単野菜クッキングです。
みんなで、イチゴのムースを作ったあと、野菜クッキングを行います。
「一人一品覚えて帰ろう」を目標に、それぞれが一品づつ作って行きます。
ジャガイモのチーズ煮、ほうれん草のマヨネーズ炒め、ブロッコリーのナムル風、大根のツナ和え、白菜とハムのスープ。
料理をほとんどしないという学生も、てきぱきと完成させていきます。
調理が終わる頃には、違う大学の学生との交流もでき、どのグループも仲良くなっていました。


224_3.JPG

最後に、出前と野菜料理を試食し、外食中心の食生活での野菜の取り方を学びました。

4月から大学生になって、一人暮らしをはじめるという方の参加もありました。
今、一人暮らしを送っている方もいました。
大学生活は本当にかけがえのないものだと思います。
今回の実習を活かし、充実した学生生活を送って欲しいと思います。

はままつ文化サポート対象事業「浜松アートフォーラム2009」ワークショップ

2010年2月22日

はままつ文化サポート対象事業「浜松アートフォーラム2009」では、 8月に開催された
サマーキャンプに引き続き、いろいろなイベントやワークショップを展開されています。
1月30日に行われた「めくるめく紙芝居inたけぶん」第1回目のワークショップでは、
ワークショップディレクターの林加奈さんが以前制作された紙芝居を披露したあと、
みんなそれぞれ絵の具やマジックを使って絵を描き、ひとつにまとめ、1枚1枚めくり
ながらお話や音楽をつけていきました。
P1300727.jpg
3月21日の発表会に向けて、新たな紙芝居を作成していきます。

2月13日にアンサンブル江ノ島で開催された「ぶっとびアート2010年空への道」では、
折り紙や以前作った紙を使っていろいろな形の凧を作り、みんなで凧上げをしました。
P2130729.jpg P2130728.jpg

2月21日にたけし文化センターでは「たけし紙づくり」が開催されていました。
紙をびりびり破り、水と一緒にミキサーにかけたものを紙すきして、窓ガラスに
はりつけて紙をつくっていきます。色紙を使うことによってカラフルな紙が
できあがっていました。
P2210736.jpg
NPO法人クリエイティブサポートレッツによる活動は、3月22日までたけし文化
センターを中心に続きます。 3月22日(月・祝)13:00より、座談会「アートセンター
としての福祉施設とは?福祉施設から発信する新しい文化とは?」がたけし文化センター
において開催されます。こちらは一般公開です。
これからの活動についてはたけし文化センターブログをご覧ください。

浜松こども館「こどもの顔展」 写真募集!

2010年2月22日

kao_ten.jpg

ファインダーを覗いたら、おもわず、シャッターを押した、子どもの姿。
笑ったり、泣いたり、ぐずったり、集中したり。
遊びながら、今を精一杯生きる子どもたちの写真が1枚、2枚とならんだら・・・。
きっと、なんだか、心が温かくなる気がします。 そんな写真を募集します。

  • 題材
    浜松こども館で撮ったこどもの写真 *作品はデジタルカメラで撮影したもの

  • 応募方法
    (1) メールにて応募
    kodomokan@hcf.or.jpあてご送付ください。
    ※添付ファイルは1メールにつき1点のみ
    ※ファイル形式「.jpg」形式

    (2) CD-Rなどでデータを直接こども館へ持参または郵送

  • 必要事項
    (1) メールの場合は件名を「こどもの顔展作品応募」とする。
    (2) 子どもの氏名(フリガナ)、年齢
    (3) 応募者の氏名(フリガナ)、住所、連絡先
    (4) 応募者との続柄
    (5) 作品のタイトル
    (6) 作品へのコメント

  • 応募規約
    (1) 個人情報に関する取扱について
    今回応募いただいた方につきましては、以下の個人情報の取扱について御承諾いただいたものとします。
    ■個人情報の内容
    ・応募者の名前、住所
    ・子どもの名前、年齢及び写真
    ■浜松こども館の事業の実施、普及、広報を目的とした使用
    ・広報誌、記録冊子への掲載
    ・展示
    ・ホームページ
    ・パンフレット、チラシ等への記載

    (2) 著作権
    写真の被写体についての肖像権その他の権利は応募者自身が完全に所有していることが必要です。
    画像の著作権については、財団法人浜松市文化振興財団に帰属することを御承諾ください。

    (3) 応募作品(画像)及びデータは、返却いたしません。

  • 掲載方法
    応募いただいたデータをA4またはA3でカラー刷をして掲示します。
    また、写真には、子どもさんの氏名、年齢、応募の続柄、作品のタイトル、作品のコメントを添付します。

  • 募集期間
    平成22年2月1日(月)~5月24日(月)

  • 展示期間
    平成22年6月1日(火)~7月7日(水)
    *都合により変更になる場合があります。

  • 展示場所・お問い合わせ先
    浜松こども館
    〒430-9111 浜松市中区鍛冶町 ザザシティ浜松中央館6・7F
    TEL:053-450-9111 FAX:053-458-0300

浜松科学館館内展示案内システムリニューアルのお知らせ

2010年2月22日

浜松科学館では、ヘイムズⅢ(HAmamatsu Multimedia Educational System:
科学学習情報システム)がヘイムズⅣに移行し、館内のシステム、機器、コンテンツを一新しました。
3月6日午前10時より、手のひらサイズの端末U4が館内の展示をご案内します。
また、新型ロボット「ブルー夢(む)」も登場します。
詳しくはこちらをご覧ください。
併せてリニューアルされた科学館のホームページもお楽しみください。

ジュニアオーケストラ浜松 第17期臨時団員募集について

2010年2月 9日

ジュニアオーケストラ浜松の第17期臨時団員募集を行います。

詳細についてはこちらをご覧ください。

平成21年 はままつ文化サポート対象事業 「第1回浜松市民バンドフェスティバル」

2010年2月 9日

平成21年度はままつ文化サポート対象事業
「第1回浜松市民バンドフェスティバル ~おんがくを体感しよう!~」が、2月7日(日)はまホールにて開催されました。

P1100603a.jpg

 浜松市民バンドフェスティバルは、昨年開催された第1回全日本市民吹奏楽協議会をきっかけに、浜松市内で活動する市民バンドの代表者が集い、「音楽のまち浜松」ならではの特徴あるイベントを開催しようと約一年間の準備期間を経て開催されました。

 現在、浜松市内には二十団体弱の市民バンドが存在し、それぞれに特徴を活かした活動を行っています。主催の浜松市民バンド協議会には15団体が所属し、第1回目となる今年のコンサートには6名編成のバンドから50名を超えるビッグバンドまで10団体が出演しました。

P1100608a.jpg

ステージでは、舞台上に子供と一緒に出演する団体やステージドリルを披露する団体など、それぞれがその特徴を発揮しながら、大人から子供まで見て聞いて楽しいステージを繰り広げました。また、指揮者飛び入り参加として、客席から一般の方が指揮者として参加したり、各バンド代表による合同演奏があったりと、さまざまな企画で最後までお客様を楽しませてくれました。どの団体もすべての人に音楽を楽しんで欲しいというメッセージが伝わるステージでした。

「ドキドキバレンタインデーチョコレート作り」

2010年2月 8日

クリエート浜松にて、2月6日(土)に「ドキドキバレンタインデーチョコレート作り」を開催しました。
小学生を対象にしたバレンタインデーチョコレートの料理教室です。
製菓講師の星野奈津子さんを講師に迎え、23名の小学生が参加しました。

%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F1.JPG

最初に、先生が実演をしてくれました。
先生のお話をみんな真剣に聞き、積極的に質問をする子もいました。
先生が実演をすると、「すごい」「わぁ」といった歓声が上がりました。

%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F2.JPG

3.jpg

次に、実際の調理に移りました。
低学年の子には少し難しい作業も、高学年のお姉さんが手伝ってあげたりアドバイスをしたりしていました。
どのグループも仲良く料理をすることができたと思います。
チョコレートを溶かし、材料を混ぜ、スプーンで型をとって、冷やしていきます。
見た目もかわいく、味もとてもおいしかったです。
最後にチョコレートのラッピングをして完成です。
ラッピングしたチョコレートをみんな大事そうにしまって持ち帰りました。
きっと満足してくれたと思います。

%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%86%99%E7%9C%9F4.JPG

もうすぐバレンタインデー本番です。最近は「友チョコ」も流行っているようです。
参加してくれた小学生たちは誰にあげるのでしょうか。
愛情のこもったチョコレートはきっと喜ばれると思います。
今回の料理教室を活かして、みんな幸せなバレンタインデーを迎えて欲しいと思います。

第5回音楽アラカルト「舞台裏をのぞいてみよう~アクトシティポップスオーケストラのステージができるまで~」

2010年2月 6日

平成21年度 浜松アクトシティ音楽院コミュニティコース 第5回音楽アラカルト「舞台裏をのぞいてみよう~アクトシティポップスオーケストラのステージができるまで~」が開催されました。

はじめに翌日開催される「アクトシティポップスオーケストラ」のチーフプロデューサーの松田氏より、4回目を迎えるこの企画が開催に至るまでの経緯とアクトシティ浜松大ホールの機能を存分に活用することができる舞台作りを目指した旨のお話がありました。

その後、大人から子供まで160名の参加者が4つのグループに分かれ、舞台のほか、光の演出をコントロールする調光室、客席内で音響の操作を行うSRブース、コンピューター制御で動4面舞台や吊り物を操作する舞台機構室、複数台のカメラから送られてくる映像を編集・録画する映像収録ブースなどを見学して回りました。

IMG_0612.jpg

舞台上では、実際に舞台に乗って舞台機構が動く様子を体験したほか、10人程度しか入れない狭い部屋や、土足厳禁の部屋など、普段は入ることのできない場所で、実際に舞台に携わっている専門スタッフから丁寧な説明を受け、普段客席ではわからない様々な操作とそのスケールの大きさに感嘆し、次から次へと熱心に質問をしていました。

IMG_0651.jpg

IMG_0679.jpg  

最後に公開リハーサルを見学し、演奏のほか舞台上での演出の確認や指揮者と演奏者の細かいやりとりなどを見ることができました。

「明日の公演が楽しみです」とおっしゃって帰られた参加者のみなさま。
きっと明日の舞台は様々な角度から楽しんでいただけることでしょう。

 

はままつ文化サポート対象事業 体感!和太鼓 ようそろミニコンサートvol.1

2010年2月 1日

1月30日午後6時よりクリエート浜松ホールにおいて、はままつ文化サポート対象事業「体感!和太鼓ようそろミニコンサートvol.1」が開催されました。

「ようそろ」は、はせみきたさんと岡田寛行さんによる和太鼓演奏ユニット。箱根の中腹に稽古場をかまえ、コンサートのほか、学校公演や海外ツアー、後進指導に力を入れていらっしゃいます。今年で結成10周年を迎え、CDリリースをはじめ、3月には記念コンサート開催を予定されています。

 この日は浜松初公演でしたが、会場は親子連れなどで満席でした。最初は、「アクセル」という曲ではじまり、次に「ようそろ」と太鼓についての説明がありました。1曲の間低い構えでのバチさばきが続く曲やいろいろな音程の締め太鼓を使った曲、他の打楽器もとりいれた曲などバラエティにとんだ曲が披露されました。
%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%9D%E3%82%8D%EF%BC%91.jpg

「太鼓をたたいてみよう体験コーナー」では会場の皆さんが参加。バチの持ち方、姿勢、たたき方などを学びました。参加した方は楽しそうにたたいており、また教わったやり方でやると音の鳴り方が違うことにびっくりしていました。
%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%9D%E3%82%8D%EF%BC%92.jpg

最後の2曲は和太鼓の魅力が存分に引き出された迫力のある演奏でした。アンコールも体験コーナーで覚えたリズムを手拍子でたたき、盛り上がりました。普段はあまり聴くことの少ない本格的な和太鼓の演奏を間近にみることができ、また会場全体で盛り上がった楽しいコンサートでした。


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks