はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 【はままつ文化サポート事業】静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2011

【はままつ文化サポート事業】静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2011

2011年11月 9日

はままつ文化サポート事業
「静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2011」


平成23年11月6日(日)に「静岡文化芸術大学の室内楽演奏会2011」の
秋の演奏会「金原明善生家で聴く~マンドリンと琵琶の奏で~」が、金原明善の
生家で開催されました。

111106k01.jpg
 

この事業は、静岡文化芸術大学文化政策学部小岩信治准教授監修のもと、
同大学の学生が企画運営をしているコンサートで、前回は水窪の“カモシカと森の
体験館”そして今回は“金原明善の生家”と、普段あまり演奏会目的では使用されない
会場での珍しいコンサートでした。

金原明善生家は見学無料のため料金は無料でしたが、会場に東日本大震災の
被災者への募金箱が設置されていました。
集まった資金は、大船渡市の教育機関における音楽活動のために活用する予定
とのことでした。
111106k03.jpg

演奏は、1部が柴田高明さんによるマンドリン演奏、そして2部が清川嵐舟さんに
よる薩摩琵琶の演奏。座布団を敷かれた30畳余のお座敷に、約100名の方が
正座しての超満員のコンサートでしたが、障子越の明かりと白熱灯の灯りの中、
何とも言えない時間が流れていました。

2部の琵琶演奏では、西南戦争で生涯を閉じた亡友のための鎮魂歌として、
勝海舟が作った琵琶歌「城山」が演奏され、演奏後入場者からの質問に応じて、
琵琶の材質・調弦等について答えていましたが、興味深い内容でした。

111106k02.jpg

なかなか触れることの無い楽器やその音色を皆さん楽しんでいました。
 

「はままつ文化サポート事業」とは・・・・

自ら企画運営する創造的な文化活動で、その成果が浜松の文化に還元される催し物を対象に、
(財)浜松市文化振興財団が助成支援する事業です。
広く一般に助成団体・事業を募集しておりますので、ぜひご活用下さい。
詳しくは、こちらをどうぞ

■お問い合わせ先 (財)浜松市文化振興財団 事業課 053-451-1151

 


 


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks