グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  主催事業一覧 >  主催公演の詳細 >  2016年開催公演 >  ビッグボス 原 信夫 卒寿フェスティバル

ビッグボス 原 信夫 卒寿フェスティバル


このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年2月11日にアクトシティ浜松でグランドフィナーレを飾った原信夫とシャープス&フラッツ‥‥
ビッグボス原信夫が90歳の誕生日を迎えるこの日、一夜限りの大復活!


2016年11月19日(土) 
アクトシティ浜松 大ホール
開場 15:00  開演 16:00
【チケット販売中】

料金(全席自由・税込)

画像をクリックするとダウンロードできます。

S席 6,000円
A席 4,000円
B席 3,000円
学生席 1,000円(当日指定、24歳以下の学生、当日学生証提示)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※学生席の前売り券は、座席指定のないチケットとなります。
 公演当日、14:30より会場にて指定の座席券とお引替えください。
 なお、座席は選ぶことができません。

チケット取扱い

アクトシティチケットセンター(店頭販売のみ 10:00~19:00)

(ご購入の際は、インターネット・チケットサービス利用規約に同意のうえ、
 お買い求めください。)

【Pコード:307-068】

【セブンイレブン、サークルK・サンクス、ザ・えんぎ堂浜松西インター店
 磐田市情報館(ららぽーと磐田1F) ベイドリーム清水店
 ほか全国チケットぴあ取扱店】

プログラム

第1部 原 信夫が語るJAZZ人生
 戦後日本のポピュラー音楽の歴史そのものとも言える原信夫が、90年の人生を自らマイクを握って語ります。
  司会 : 石尾 和子 
第2部 シャープス&フラッツ一夜限りの大復活!
 原信夫と音楽を共にしてきたシャープス&フラッツの仲間たちがこの日のために再結集。
 原信夫の卒寿を祝い、皆様に本物のジャズをお届けします。

  • A列車で行こう
  • ブルース・オン・パレード
  • 午前一時のジャンプ
  • リズムの芸術
  • 白夜のセレナーデ
  • 真っ赤な太陽
  • 帰れソレントへ
  • シング・シング・シング
  • ウエストサイド・メドレー
  • これで満足
  • ブルー・フレーム ほか

※原信夫氏は監修及び一部指揮だけで、演奏はもとシャープス&フラッツメンバーのみで行います。
※曲目は変更となる場合がございます。予めご了承ください。

シャープス&フラッツ 出演メンバー

原信夫(leader)
佐藤達哉(ts)、広津誠(ts)、大山日出男(as)、土井徳浩(as)、丹羽康雄(bs)、佐久間勲(tp)、
マイク・プライス(tp)、菊池成浩(tp)、鈴木正晃(tp) 、片岡雄三(tb)、粉川忠範(tb)、橋本佳明(tb)、
堂本雅樹(tb)、西直樹(p)、岩見淳三(g)、佐瀬正(b)、稲垣貴庸(ds)

原 信夫とシャープス&フラッツ

 1951年、10人編成で「シャープス&フラッツ」をスタートさせた原信夫は、短期間で現在と同じ17人編成のビッグ・バンド・スタイルを取り入れ、アメリカのスイング・ジャズからモダン・ジャズへの推移を敏感な感覚で捉え、いわゆるダンス・バンドではないコンサート・バンドとも言うべき、「デューク・エリントン」「カウント・ペイシー」「ウディー・ハーマン」「スタン・ケントン」などの本場のトップクラスを射程におさめた音楽活動を繰り広げていった。
 58年には初リサイタルを成功させ、「NHK交響楽団」「日本フィルハーモニー交響楽団」「東京フィルハーモニー交響楽団」との共演など、音楽性の高さは初期から高く評価され、熱狂的なファンだけでなく全国規模で幅広い音楽ファンに受け入れられた。そして国民的スターであった「美空ひばり」と出会い、原信夫自身の作曲による『真っ赤な太陽』の大ヒットは周知のとおりである。そうした多岐にわたる活動の中でも、ジャズ・ビッグ・バンドとしての本質はかた時も失われず、<アメリカ・ニューポート・ジャズ・フェスティバル><スイス・モントルー・ジャズ・フェスティバル>に出演するなど、海外でも大成功を収め、その後もアメリカ、ソビエト、ヨーロッパ、アジア各国から招待され、多くの公演を行った。さらに「クインシー・ジョーンズ」「サミー・デイヴィスJr」「ダイアナ・ロス」「イブ・モンタン」「パット・ブーン」「ペリー・コモ」をはじめとする国際級の大スター達と多数共演し、世界の『シャープス&フラッツ』としてその実力をさらにアピールした。
 また、若いアマチュア音楽家に対する支援活動「青少年ジャズ・ミュージック・サクセション(JMS)」を設立し、北海道や高知、浜松等の国内各地で「クリニック&コンサート」を開催し、音楽教育活動の一環として、中・高等学校の芸術鑑賞会にも積極的に参加している。浜松では、1994年から浜松市音楽文化顧問に、1998年の期間終了後は、音楽文化名誉顧問に就任。アクトシティ音楽院開校と同時に、「原信夫のバンドクリニック」が立ち上がり、積極的な指導を行う。
 こうした幅広く精力的な活動によって、「南里文雄賞」「芸術祭優秀賞」「芸術祭賞」「日本レコード大賞/功労賞」など数々の賞に輝く。また、リーダー原信夫自身も長年にわたる日本の音楽文化に対する貢献が高く評価され、88年に「紫綬褒章」、98年には「勲四等旭日小綬章」を叙勲。
 1958年の初リサイタル以来、周年記念コンサートも定期的に行い、2001年、渋谷オーチャードホールにて結成50周年を記念したリサイタルを開催、好評を博す。2009年、天皇皇后両陛下御成婚50年及び天皇陛下御即位20年奉祝行事にて御前演奏の栄誉に浴する。そして、その輝く60年の足跡をジャズ界に刻んだ「ファイナルコンサート2008-09」を敢行。2010年2月11日、アクトシティ浜松でのグランドファイナルコンサートを最後に、その栄光の歴史に幕を閉じた。

主催・お問い合せ

公益財団法人浜松市文化振興財団
電話:053-451-1114

共 催

静岡新聞社・静岡放送

後 援

浜松市、FM Haro!