グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  主催事業一覧 >  主催公演の詳細 >  2018年開催公演 >  ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』

ブロードウェイミュージカル『コーラスライン』


©Clint Tuccio

オフィシャルHP http://www.acl2018.jp/
これを観ずしてしてミュージカルは語れない-
永久不滅の傑作、奇跡の再来日!!
2018年8月30日(木)
18:15開場 19:00開演
アクトシティ浜松 大ホール
生演奏/英語上演/日本語字幕あり
※上演時間 約2時間(途中休憩なし)
【チケット完売】
1975年にオフブロードウェイで産声を上げた『コーラスライン』(A Chorus Line)。
開幕するやいなや、ニューヨーク中の観客と批評家を魅了、同年7月にはオン・ブロードウェイに進出。
76年にはトニー賞最優秀ミュージカル賞をはじめとする9部門、ピューリッツァー賞など各賞も総ナメにしました。
初演は当時の史上最長ロングランを記録。

2006年原案・演出・振付を手がけた鬼才マイケル・ベネットの初演版を忠実に踏襲したみずみずしくパワフルなリバイバル版がブロードウェイで開幕。
初演版の共同振付家ボブ・エイヴィアンと、コニー役として初演版キャストに名を連ねたバーヨーク・リーという、ベネットの盟友二人が携わったこの時も大きな話題を呼びました。
バーヨーク・リーは今回も演出・振付・再構成を担当しています。

入場料(全席指定)

S席 12,000円
A席 9,000円
B席 6,500円
※未就学児の入場はご遠慮ください。

オークラアクトシティホテル浜松のディナーがセットになったお得なプラン!

パガニーニ ディナーイメージ

ホテル30階“スカイレストラン パガニーニ”にてフランス料理をお召し上がりいただいたあと、「コーラスライン」をお楽しみいただけるプランです。

お一人様 15,000円
(S席チケット、ディナー付き)

【時間】17:00~入店いただけます。
【会場】オークラアクトシティホテル浜松
    30階 スカイレストラン「パガニーニ」
【お食事】フランス料理コース

詳細は、こちらをご覧ください。

©Clint Tuccio

チケット取扱い(一般販売)

(チケットの購入は公演の10日前まで)

【Pコード:484-434】

http://w.pia.jp/t/acl-2018-s/(パソコン・携帯)

【セブンイレブン、サークルK・サンクス、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
 ベイドリーム清水店
、ほか全国チケットぴあ取扱店】

電話:0570-084-004【Lコード:43924】
http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
ローソン、ミニストップ(店内Loppi)

http://eplus.jp/(パソコン・携帯)
ファミリーマート店内(Famiポート)
  • テレビ静岡 事業部(月~金 9:30~17:30)
    電話:054-261-7011

©Clint Tuccio

STORY

舞台は、とある新作ブロードウェイミュージカルのためのコーラスダンサーのオーディション会場。
わずか8つの枠をかけ、ニューヨーク中のダンサーたちが成功を求めて集まってくる。

最終選考に選ばれたのは17人の男女。
稽古着に身を包んだダンサーたちが、それぞれの想いを胸に〈コーラスライン〉──舞台の一番正面に引かれた、1本の白いライン──にズラリと並ぶ。
これからどんな選考が行われるのか。役を掴むことができるのか。努力と挫折を繰り返す毎日の先に、夢見た成功は待っているのか。

そんな彼らに、演出家ザックは語りかける。
「履歴書に載っていないことを話してほしい。君たち自身のことを。」
戸惑いながらも、彼らは少しずつ、ダンサーを志した自分たちの過去を話し始める。

姉のダンスクラスについて行ったのがきっかけで、ダンスに魅了されたマイク。
若くして結婚した母と愛のない父の元で育ち、バレエに夢を求めたベテランダンサーのシーラ。
芸術学校の落ちこぼれだったヒスパニックのディアナ。
身長が150cmに満たず、バレリーナの夢を諦めてブロードウェイダンサーになった中国系のコニー。
そして、ハリウッドから舞い戻ってきた、ダンスを愛してやまないかつてのスター、キャシー。

過去を語る勇気を持てなかったポールもやがて、ザック一人の前でつらい思い出を赤裸々に話し始める。
オーディションも終盤に近づき、ザックはさらに彼らに問う。
「もし踊れなくなったら、どうする?」
全員の想いは一つだった。後悔はない。愛するもののためにすべてを賭けた人生を忘れることはない、と。

ついに、選ばれた8名のダンサーたちの名前が一人ひとり明らかになる。
クライマックスのコーラスラインの上で、きらびやかなスポットライトを浴びて観客の喝采を浴びるのは、果たして……?

主催・お問い合せ

電話:053-4511114

電話:054-261-7011

協賛

協力

後援

アメリカ大使館
BS-TBS