グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ミッシャ・マイスキー(チェロ)


世界を代表する20世紀最高の巨匠チェリスト、16年ぶりに浜松へ登場!
夢の親子共演も実現!
2018年9月7日(金) 
アクトシティ浜松 中ホール
開場 18:30 開演 19:00


【公演終了、ご来場ありがとうございました。】

プログラム

  • J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 BWV1007
  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ ニ短調 Op.40
  • チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 Op.50「偉大な芸術家の思い出に」 
※出演者・曲目は都合により変更となる場合がございます。

【チェリスト】ミッシャ・マイスキー インタビュー

ⒸBernard Rosenberg/DG

ミッシャ・マイスキーさんにインタビューを行いました。

こちらをご覧ください。

出演者

@Hideki Shiozawa

ミッシャ・マイスキー(チェロ)
Mischa Maisky, cello
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチとグレゴール・ピアティゴルスキー両巨匠に師事した、世界でただ一人のチェリスト。
 ラトヴィア共和国生まれ。ロシアで学び、のちにイスラエルに移住。以後、ロンドン、パリ、ベルリン、ウィーン、ニューヨーク、東京をはじめ世界の主要コンサートホールで演奏活動を展開、熱狂的な支持を受け続けている。これまでにバーンスタイン、デュトワ、ジュリーニ、マゼール、メータ、ムーティ、アシュケナージ、バレンボイムといった名指揮者たち、さらにアルゲリッチ、キーシン、ランラン、P.ゼルキン、クレーメル、バシュメット、レーピン、ヴェンゲーロフほか世界のトップ・アーティストらと共演している。
 マイスキーの録音は世界各地で高い評価を得ており、日本のレコード・アカデミー賞を5回、エコー・ドイツ・シャルプラッテン賞を3回、パリのディスク・グランプリ賞など受賞、グラミー賞にもノミネートされている。
マイスキーは、自らを「世界人」と位置づける。「イタリア製のチェロにオーストリアとドイツ製の弦を張り、フランスとドイツの弓で弾いています。娘はフランスで生まれ、長男はベルギーで、次男はイタリアで、三男はスイスで生まれ、そして今では六人の子供に恵まれています。私はアメリカの車を運転し、スイスの時計をはめて、インドのネックレスをしています。そして人々がクラシック音楽を評価し、楽しんでくれるところではどこでも、そこで家にいるようにくつろぐことができます。」
 使用楽器は、1973年にニューヨークのカーネギーホールにデビューした後に篤志家から贈られた1720年製のモンタニャーナ。

©Benjamin Brolet

リリー・マイスキー(ピアノ)
Lily Maisky, piano(ピアノ)
 1987年生まれ。パーセル音楽学校に学び、アルゲリッチ、バシキーロフ、カリクシュタイン、ギリーロフらの指導も受ける。
 カーネギーホールの熱帯森林保護団体チャリティ・ガラ・コンサートでデビュー。
 ドイツ・グラモフォンで父ミッシャの録音に参加、またEMIからは「マルタ・アルゲリッチ・プロジェクト」のライヴ録音をリリース。
ソロ・室内楽双方で活躍し、ヴェルビエ音楽祭、フィレンツェ五月祭、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、ルガーノ音楽祭等に参加。またロイヤル・フェスティヴァル・ホール、ウィーン・コンツェルトハウス、モスクワ音楽院、ヴェニス・フェニーチェ座、サントリーホール等各国主要ホールに出演。スラトキン、トーマス・ザンデルリング、ゲルト・アルブレヒト、ライスキン、ヴェロネージ等の指揮のもと協奏曲のソリストとしても活躍。      
 室内楽では父ミッシャのほか、ラクリン、ヤンセン、カプソン、アンゲリッシュらと共演している。

サーシャ・マイスキー(ヴァイオリン)
Sascha Maisky, violin(ピアノ)
 1989年生まれ。3歳でヴァイオリンを始め、レオニード・カーベル、レオン・スルゾン、イーゴリ・オイストラフらに学ぶ。
 1997年熱帯森林保護団体のガラ・コンサートでカーネギーホールにデビュー、ヴェンゲーロフ、ムローヴァ、アルゲリッチらと共にサン=サーンスの「動物の謝肉祭」を演奏。
 12歳でロンドンのパーセル音楽学校に入学、マチェイ・ラコウスキおよびエフゲニー・グラッハに師事。これまでにクィーン・エリザベス・ホール、ウィグモア・ホール、バッキンガム宮殿、ブリュッセル音楽院、プラハ城そしてパリの英国大使館などでソロ及び室内楽を演奏。
 また、父のミッシャ、姉のリリーとはトリオを組んで既に何度も舞台に立っている。このメンバーでは、ベートーヴェンの「三重協奏曲」も演奏している。
 これまでにラクリン、ヴェンゲーロフ、F.アンドリエフスキ、I.ラシュコフスキー、V.グルツマン、E.グラッハ、N.Y.キム、シトコヴェツキーらの薫陶を受ける。パーセル音楽学校を優等で卒業後、現在はウィーンでボリス・クシュニールに師事。

入場料(全席指定)


《一般発売》2017年11月12日(日)
【Pコード:782-906
《アクトシティ浜松友の会先行発売》
 2017年11月5日(日) 10:00~


プレミア・パスポートは、完売いたしました。
ご購入ありがとうございました。

1回公演券

S席 8,500円
A席 7,000円【完売】
B席 5,500円【完売】
学生B席 2,500円(24歳以下)【完売】
※未就学児の入場はご遠慮ください。
【一般発売】2018年5月13日(日)
【アクトシティ浜松友の会先行発売】
 2018年5月6日(日) 11:00~

チケット取扱い

http://www.hcf.or.jp

(ご購入の際は、インターネット・チケットサービス利用規約に同意のうえ、
 お買い求めください。)

【Pコード:346-026】

【セブンイレブン、サークルK・サンクス、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
  ベイドリーム清水店、ほか全国チケットぴあ取扱店】

主催・お問合せ

電話:053-451-1114

後 援

特別協賛

アクト・プレミアム・シリーズ2018 公演予定

公演日 出演者
2018年4月16日(月) マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ)
2018年6月28日(木) 樫本大進(ヴァイオリン)&キリル・ゲルシュタイン(ピアノ)
2018年9月7日(金) ミッシャ・マイスキー(チェロ)
2018年12月17日(月) 小曽根真 クリスマス・ジャズナイト2018
2019年2月21日(木) ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)