バンド維新 開催記憶

バンド維新2009

バンド維新2009の様子

作曲者紹介

外山 雄三

外山 雄三

曲名

新しい行進曲

演奏

浜松市立南部中学校

作曲者プロフィール

1931年東京生まれ。
東京音楽学校(現在の東京芸術大学)で作曲を学び、在学中の1951年「クラリネット、ファゴット、ピアノのための<三つの性格的断片>」で第20回音楽コンクールに入賞。
1952年卒業と同時にNHK交響楽団に打楽器練習員として入団。
1954年には指揮研究員となり、1956年9月にNHK交響楽団を指揮してデビュー、以後各オーケストラに数多く客演を開始。
1958年から1960年にかけてウィーンに留学。1960年NHK交響楽団の世界一周演奏旅行に同行し、ヨーロッパ各地12ヶ国で演奏。指揮者としてばかりでなく自作の「管弦楽のためのラプソディー」によって作曲家としてもその名をひろめた。
その後1964年、1966年、1979年のNHK交響楽団海外公演を指揮、1979年にはNHK交響楽団正指揮者に就任した。
1985年にはニューヨークで開催された国連40周年記念コンサートにNHK交響楽団とともに出演、全世界に放送された。国内では大阪フィル、京都市響、名古屋フィル、神奈川フィル、仙台フィルの要職を歴任。海外でも日本を代表する指揮者・作曲家として、たびたびオーケストラや国際コンクールなどに招かれている。
オペラ指揮の分野でも、その緻密な音楽作りが高く評価されており、1999年三善晃作曲「支倉常長<遠い帆>」、2006年一柳慧作曲「愛の白夜」各初演での圧倒的名演が記憶に新しい。
これまでに作曲した作品はオペラ、バレエ音楽、ミュージカル、劇音楽、交響曲、協奏曲、管弦楽曲、室内楽曲、歌曲、合唱曲など多岐にわたる。
1963年第12回尾高賞、1981年第1回有馬賞、1983年第14回サントリー音楽賞、
1999年文部大臣表彰、2000年第48回尾高賞を受賞。
現在、NHK交響楽団正指揮者、スウォン・フィルハーモニック管弦楽団名誉指揮者(韓国)を務めている。
愛知県立芸術大学客員教授。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

協賛

ヤマハ株式会社

後援

浜松市FM Haro!

協力

航空自衛隊航空中央音楽隊一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)ユニバーサル ミュージック合同会社株式会社東京ハッスルコピー
株式会社ウィステリアプロジェクト

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1114 URL : http://www.hcf.or.jp/