バンド維新 開催記録

BAND RESTORATION  005

バンド維新2012

バンド維新2012の様子

作曲者紹介

中橋 愛生

中橋 愛生

曲名

ラグランジュ・ポイントー吹奏楽のための

演奏

浜松海の星高等学校

作曲者プロフィール

1978年生。東京音楽大学作曲指揮専攻、及び同大学大学院を首席で修了。学部、大学院を通じて特待生奨学金を5回(甲種3回、乙種2回)受ける。
2002年、第71回日本音楽コンクール作曲部門(管弦楽作品)第三位。2008年、第18回日本管打・吹奏楽アカデミー賞(2007年度/作・編曲部門)を史上最年少で受賞。2009年および2010年、日本吹奏楽指導者協会(JBA)「下谷奨励賞」受賞。また、解説執筆やCDの企画構成への参加なども多く、2008年4月よりNHK-FM「吹奏楽のひびき」パーソナリティ、2010年1月より「レコード芸術」新譜月評・吹奏楽部門担当を務めている。
これまでに作曲を吉田峰明、池辺晋一郎、西村朗の各氏に、指揮法を汐澤安彦氏に師事。また、2000年より6年間、湯浅譲二氏のゼミ生および助手として 薫陶を受ける。現在、東京音楽大学非常勤講師、日本管打・吹奏楽学会理事、21世紀の吹奏楽”響宴”会員。

URL http://www003.upp.so-net.ne.jp/napp/

作品解説

「小編成」の「吹奏楽」にしか出来ない表現とは何だろうか?今回は「音の線的独立性・点的明瞭性」と「管楽器の指向性」に、それを求めた。
タイトルは、宇宙空間において2つの天体の重力の間で安定する位置を示す語。これは曲における、左右に分かれて配置された金管とフルートおよび打楽器の呼応や、指揮者と各奏者(時として独立したテンポ感が要求される)との関係から名付けられたもの。
しかし思うに、最大の「ラグランジュ・ポイント」は、「作曲者の内的必然」と「スクール・バンドを想定することによる種々の制限」との接点として生まれる「吹奏楽作品そのもの」なのではなかろうか。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

事業

バンド維新2021

会場

アクトシティ浜松中ホール

チケット発売

HCFオンラインショップ

協力

株式会社東京ハッスルコピー株式会社イーエムアイピクチャーズエンターテイメント一般社団法人日本作編曲家協会

後援

浜松市一般社団法人日本音楽著作権協会

協賛

ヤマハ株式会社

委嘱作曲家

北爪道夫伊藤康英桑野聖守屋純子森田花央里篠田大介斉木由美

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1151 URL : https://www.hcf.or.jp/