バンド維新 開催記録

BAND RESTORATION  005

バンド維新2012

バンド維新2012の様子

作曲者紹介

和田 薫

和田 薫

曲名

吹奏楽のための俗祭

演奏

浜松市立南部中学校

作曲者プロフィール

1962年山口県下関市生まれ。東京音楽大学作曲科卒業。作曲を伊福部昭に師事。これまでニューヨーク国際現代音楽作曲家コンクール入賞、日本交響楽振興財団作曲賞入賞、1984年吹奏楽コンクールに「吹奏楽のための土俗的舞曲」が課題曲に選定等受賞。国内外で活動し、2009年には西ドイツ放送協会(WDR)主催「日本の響き 和田薫の世界」をケルン放送管弦楽団指揮、熱狂的な成功を博す。
映画・テレビ・舞台等の活動も幅広く、アニメ「犬夜叉」「金田一少年の事件簿」「ゲゲゲの鬼太郎」や映画「ラストゲーム最後の早慶戦」等数多くの劇伴音楽を担当する。'95年には映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で、日本アカデミー賞音楽賞を受賞。吹奏楽作品としては「吹奏楽のための交響的印象“海響”」をはじめ数多くの作品が演奏され、なぎさブラスゾリステンやブラス・ヘキサゴン、アメリカン・ウインド・シンフォニーオーケストラ等からの委嘱作品も多い。
CD:「北爪道夫オーケストラ作品集」(FOCD2514)、「北爪道夫・作曲家の個展」(FOCD3505)他。

URL http://www.kaoru-wada.com

作品解説

「祭り」は、地域的にも時代的にも、様々や様式や形態を持っています。また私たちの深層にあるアイデンティティーや共感を喚起したりもします。この作品は、そうした伝統と芸能による「祭り」をモチーフに、3つの部分から構成されています。
冒頭の牧歌的なホルンの主題から前半の囃子へと入りますが、裏打ちするお囃子は日本では珍しく、西日本(山口:平家踊り、大分:鶴崎踊り)にみられる独特のノリと踊りの賑やかさを表出しています。中間部のゆったりとした踊りは、富山の風の盆や熊本の山鹿灯籠踊りの風情をモチーフとしており、続く後半部のアレグロは、特定の祭りではなく、鯔背な男衆の壮観な祭り姿をイメージして演奏して頂ければと期待しております。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

事業

バンド維新2021

会場

アクトシティ浜松中ホール

チケット発売

HCFオンラインショップ

協力

株式会社東京ハッスルコピー株式会社イーエムアイピクチャーズエンターテイメント一般社団法人日本作編曲家協会

後援

浜松市一般社団法人日本音楽著作権協会

協賛

ヤマハ株式会社

委嘱作曲家

北爪道夫伊藤康英桑野聖守屋純子森田花央里篠田大介斉木由美

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1151 URL : https://www.hcf.or.jp/