JOJC:ジュニアオーケストラ浜松・ジュニアクワイア浜松

最新情報 / PHOTO GALLERY

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ

9月11日(日)アクトシティ浜松中ホールにて
ジュニアオーケストラ浜松第22回定期演奏会が開催されました。

常任指揮者/現田茂夫


前半1曲目は、エルガー作曲の行進曲「威風堂々」第4番。

演奏が始まって、あれ? と思った方も多かったと思いますが、聴きなじみのある威風堂々は『第1番』なんです。

今回演奏した『第4番』は有名な第1番と似た作りになっていて、とても聴きやすい作品でした。

威風堂々4番.jpg


続いて、日本を代表するチェリストの横坂源さんをお迎えして、同じくエルガー作曲のチェロ協奏曲を演奏しました。

『源ちゃん×現ちゃん』の名コンビに、団員の持つ力以上の音を引き出していただき、見事にエルガーの世界を表現することができました。

今までの定期演奏会をふり返っても、指折りの名演と言っても過言ではないでしょう。
全体.JPG


横坂.JPG


花束.JPG

アンコールに弦トップのメンバーとのカルテットで「G線上のアリア」を演奏してくださいました。

アンコール アンサンブル.JPG

後半のプログラムはシューベルトの作品を取り上げました。

1曲目にお届けした歌劇「フィエラブラス」序曲は、日本でもなかなか演奏機会に恵まれず、クラウディオ・アバドによって近年知られるようになった作品です。

先月に新潟市で行われた「ジュニアオーケストラ・フェスティバル」でも演奏を披露してきました。
フィエラブラス.jpg


続いては、交響曲第7番「未完成」です。

この曲は、第2回の定期演奏会で取り上げており、20年ぶりの演奏となりました。

なぜ、2楽章で終わってしまうのか・・・?色々諸説ありますが、今回の演奏を聴き、その答えが解ったような気がしました。
未完成.jpg


盛大な拍手にお応えしてのアンコール

お待たせしました。エルガーの行進曲「威風堂々」から『第1番』を演奏しました。
アンコール威風堂々.JPG

この演奏会をもって、1年間ジュニアオーケストラ浜松を支えてくれた高校3年生9名が卒団します。

長い方で8年間。いろいろな思い出ができたのではないでしょうか。

今後の活躍をお祈りしています。

2016年09月04日

前のページへ 一覧へ戻る 次のページへ

ページの先頭へ

公益財団法人浜松市文化振興財団

〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL:053-451-1151 FAX:053-451-1123 MAIL:jojc@hcf.or.jp URL:http://www.hcf.or.jp/