クリエート浜松

クリエート浜松

スタッフブログ

【イベント情報】今週のギャラリー(~9/3)

2017/08/30

ギャラリー31『第45回 静岡県油彩美術家協会 西部地区作品展』
8月28日(月)~9月3日(日) 9:30~17:30 (最終日は16:00まで)

油彩協会1.JPG

リアリティーを追求した作品や独創的な作品などが36点展示されています。
毎年1回クリエート浜松では、静岡県油彩美術協会西部地区の皆様の作品がご覧いただけます。また、9月3日(日)では、13:30からギャラリートークも予定されております。
油彩美術家協会ということもあり、作品は油絵がメインとなっておりますが、最近では、写真から編集に編集を重ね、キャンパスに起こすという見せ方もあり、そういった作品も展示されています。

油彩協会2.JPG

1つの作品に1か月半かける方もいらっしゃれば、1週間程度で仕上がる方もいらっしゃるそうです。どの作品も個性豊かであり、その作品を手掛けた方の思いがとても伝わってきます。

油彩3.JPG

大きな作品だけでなく、小さな作品も展示されています。
ぜひ足をお運びいただき、油絵ならではの凸凹感や各々の作風を体感してみてはいかかでしょうか。

ギャラリー32~34「2017第42回全国公募写真展『視点』併催 浜松支部写真展」
8月29日(火)~9月3日(日)10:00~17:00(最終日は16:00)
日本最大規模の公募写真展。

リアリズム1.JPG

全国約800名、応募総数1,252作品の中から入賞・入選した中から84作品が展示されています。
日本リアリズム写真集団浜松支部が主催となって開催している写真展。
どの写真も日常の生活が映し出されていて、その時代の日常生活を垣間見ることができます。
上記写真は、「視点賞」を受賞した作品です。

リアリズム2.JPG

ギャラリー35「等迦会 静岡支部展」

8月28日(月)~9月3日(日)9:30~17:00(最終日は16:00まで)

等迦1.JPG

美術団体「等迦会」は1922年(大正11年)東京芸術学校西洋科(現東京芸大)を卒業した佐々木松次郎氏などが創作活動を続ける中で毎月10日に集まりをもち、1926年(大正15年)3月「等迦会」と名付け東京の松坂屋にて第1回「等迦展」を開催したのが始まりです。

等迦2.JPG

今回、等迦会静岡支部の第28回支部展が行われています。
油彩、水彩、アクリル、水墨等の静岡支部11人の33点の大作が展示されています。
また、来年2月7日~09日まで東京 国立新美術館にて「第50回等迦展」が開催されます。
こちらもお見逃しなく!

(佐)(金)

  • 前の記事 
  • 一覧に戻る 
  • 次の記事
PAGE TOP