グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  主催事業一覧 >  主催公演の詳細 >  2021年開催公演 >  手嶌葵 15th Anniversary Concert〜Simple is best~

手嶌葵 15th Anniversary Concert〜Simple is best~


このエントリーをはてなブックマークに追加

        
2021年12月12日(日) 
アクトシティ浜松 中ホール
開場 13:00 開演 14:00

チケット販売

アクトシティ浜松友の会先行発売:2021年9月5日(日)11:00~
一般発売:2021年9月11日(土)
              

入場料(全席指定・税込)

一般 7,000円
学生 3,000円(24歳以下・枚数限定)【完売】
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※学生席の取り扱いはアクトシティ浜松友の会のみ。

    

チケット取扱い

【Pコード:199-194】

【Lコード:43358】

          

プログラム

  • 「The Rose」
  • 「明日への手紙」
  • 「ただいま」 ほか 
※曲目は変更になる場合がございます。
       

出演者

手嶌 葵
AOI TESHIMA
1987年、福岡県生まれ。
「The Rose」を歌ったデモCDが、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーと、2006年に公開された映画『ゲド戦記』宮崎吾朗監督の耳に届く事となり、同作品ヒロインのテルー役、そして挿入歌「テルーの唄」でデビュー。
2011年、宮崎吾朗監督ジブリ映画『コクリコ坂から』の主題歌「さよならの夏」も担当。
デビュー10周年の2016年には、アルバム『Ren’dez-vous』(2014年発売)に収録された「明日への手紙」がTVドラマ主題歌に起用され、大きな話題となる。
2017年11月、テレビ東京系列『ワールドビジネスサテライト』のエンディングテーマに起用された「東京」をリリース。
2018年12月、非常に高い評価を受けている映画音楽カバーシリーズの第4弾『Cheek to Cheek ~I Love Cinemas~』をリリース。
2019年5月には、水谷豊監督映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』テーマソング「こころをこめて」等タイアップ曲やコラボ曲を集めたアルバム『Aoi WorksⅡ ~best collection 2015-2019~』を発売。また「真夜中のメロディ」がNHK『ラジオ深夜便』「深夜便のうた」(10~11月)に起用されている。
2020年10月、映画『みおつくし料理帖』主題歌、松任谷由実、書下ろしによる新曲「散りてなお」を担当、シングルリリース。
2021年1月、TBS日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』主題歌、「ただいま」を担当。
聴き手の心を揺さぶるその類稀なる歌声は、数々の主題歌やCMソングに求められ続けており、近年はライブ活動も積極的に行っている。
            

主催・お問合せ

電話:053-451-1114

電話:06-6225-2237(平日10:00~18:00)

            

共催