グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




シプリアン・カツァリス(ピアノ)


超絶技巧と色彩豊かな音楽性を併せ持つ世界的ピアニストのカツァリスが、
2020年に生誕250周年を迎えるベートーヴェンの珠玉のプログラム!
2019年12月9日(月) 
アクトシティ浜松 中ホール
開場 18:30 開演 19:00
【一般発売】2019年8月11日(日)
【アクトシティ浜松友の会先行発売】
 2019年8月4日(日) 11:00~

プログラム

<オール・ベートーヴェン・プログラム>
  • ドレスラーの行進曲の主題による9つの変奏曲 ハ短調 WoO.63
  • バレエ音楽「騎士のバレエ」WoO.1(ベートーヴェン 編曲)
  • ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 Op.31-2「テンペスト」

                -------------------------

  • ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61より 第3楽章(クラック 編曲)
  • 軍楽のための行進曲「ヨルク行進曲」(ボヘミア防軍のために)WoO.18(編曲者不明)
  • 交響曲 第7番 イ長調 Op.92より 第2楽章(リスト 編曲)
  • 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125より 第3楽章(ワーグナー 編曲)
  • 弦楽五重奏のスケッチ ハ長調 WoO.62「アンダンテ・マエストーソ」より 最後の楽想(ディアベリ 編曲)
※曲目は都合により変更となる場合がございます。

出演者

©Carole-Bellaïche

シプリアン・カツァリス(ピアノ)
Cyprien Katsaris, piano
 1951年マルセイユ生まれ。キプロス系フランス人のピアニスト兼作曲家。
 1972年ベルギーのエリーザベト王妃国際音楽コンクールでは唯一の西ヨーロッパ人受賞者となった。
 カツァリスは、世界的なオーケストラとレナード・バーンスタイン、クルト・マズア、チョン・ミョンフン、サイモン・ラトルなどの世界的な指揮者と共演。1984年ドイツでベートーヴェン作曲/リスト編曲の「交響曲全曲」で「レコード・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞した。これまで、ソニー・クラシカル、EMI、テルデック、ドイチェ・グラモフォン、BMG-RCA、デッカ、パヴァーヌなどと数多くの録音を行い、現在は自身のレーベル「PIANO 21」で精力的に録音を行っている。
 1992年、日本のNHKは、シプリアン・カツァリスと共同で、フレデリック・ショパンについてカツァリスによるマスタークラスの番組を制作、その個性的なレッスンに多くの若いピアニストが魅了された。 カツァリスは、1997年に「ユネスコ平和芸術家」に任命され、関連のコンサートに参加し、2015年はユネスコ創立70周年の記念の年で、コンサートをユネスコ周年記念として行っている。

入場料(全席指定)

S席 6,000円
A席 4,500円
B席 3,000円【完売】
学生B席 1,500円(24歳以下)【完売】
※未就学児の入場はご遠慮ください。
【一般発売】2019年8月11日(日)
【アクトシティ浜松友の会先行発売】
 2019年8月4日(日) 11:00~

チケット取扱い

http://www.hcf.or.jp

HCFオンラインショップでは座席の選択が可能です。
(チケットの購入は公演の10日前まで)

【Pコード:132-940】

【セブンイレブン、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
  ベイドリーム清水店、ほか全国チケットぴあ取扱店】

主催・お問合せ

電話:053-451-1114

特別協賛

協力

後 援

アクト・プレミアム・シリーズ2019 公演予定