本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 公演情報  > 2017年度(No.108-112)  > Series No.110 2017.9/24(日) 奥田 弦 ジャズピアノ・リサイタル

Series No.110 2017.9/24(日)
奥田 弦 ジャズピアノ・リサイタル

驚異的なテクニック、高校生の天才ジャズ・ピアニスト!


日時

2017年9月24日(日)
15:00開演(14:30開場)

出演

ジャズピアノ:奥田 弦

曲目

W. A. モーツァルト/奥田弦:トルコ行進曲
R.ロジャース/奥田弦:マイ・フェイバリット・シングス
D.ガレスピー/奥田弦:チュニジアの夜
奥田弦:北斎(「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」テーマ曲)
L.v.ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「月光」より 第3楽章

※曲目は都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。


プロフィール

奥田 弦(ジャズピアノ)
Gen Okuda, Jazz piano

2001年生まれ。3歳の時におもちゃのピアノで遊び始め、5歳頃からピアノで熱心に練習するようになり、映画「アマデウス」でモーツァルトが5歳で作曲を始めたことを知ると自身で作曲を始める。ビル・エヴァンスを聴いたのをきっかけにジャズに傾倒、オスカー・ピーターソンに憧れるようになる。演奏力が話題となり7歳でソロコンサート開催。’11年10歳でポニーキャニオンより史上最年少CDデビュー。ジャズジャパンアワード受賞。東京ジャズなどの大型ジャズフェスにも出演。’14年12歳で史上最年少作曲家としてジャスラック登録。同年2ndアルバム『ボナペティ!』発売。 番組テーマ曲や烈車戦隊トッキュウジャーなどの挿入歌、キャラクターソング等も提供、北斎展テーマ曲はコンペで選ばれる等作曲家としても好評を博している。’15年『題名のない音楽会』ピアノ大喜利優勝 。キングレコードより学校で習うクラシックをジャズアレンジしたアルバム『奥田弦とゆかいな学校ジャズ・ピアノ』発売。2016年「SHOWル・リアン」(春・銀河劇場) ではテーマ曲作曲及びピアニストとして出演。更に同年秋の京王音楽祭では『奥田弦×東京フィル Jazzy Classic』と題しオーケストラ初共演を果たした。更に、東京交響楽団と奥田トリオバンドの共演も話題となり、奥田の提案するジャジー・クラシックは新たなジャンルのごとく、新たな“風”としてオーケストラ等からも注目され、ジャンルを超え活躍中。
2017年4月よりEテレ「ムジカ・ピッコリーノ」新シリーズ(放送 毎週金曜 午後5:35~(再放送 毎週土曜 午前8:25〜))にピアノ担当レオ役で出演。
今後の活動として、『奥田弦ジャズワールド』を9月9日(土)高知県県民ホール、11月4日(土)浜松市天竜壬生ホールで開催予定。また、『第51回ティアラ定期演奏会』に出演が決まっており、11月25日(土)ティアラこうとう大ホールにて東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団と共演予定。
楽譜の読み方は父親に教わり、ピアノの指導を受けたのは約3か月程でほぼ独習で演奏法を身につけた。
ホームページhttp://www.oto.co.jp/

会場

チケット

1回券 一般2,500円 学生1,000円
◆一般発売7/9(日)
◆アクトシティ友の会先行発売7/2(日)11:00~

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

協賛

浜名梱包輸送株式会社

後援

浜松市、静岡新聞社・静岡放送、FM Haro!

Copyright (C) Hamamatsu Cultural Foundation. All Rights Reserved.