はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


イベントカレンダー Event Calendar

トップページ >> イベントカレンダー >> il Merlo(イル・メールロ) ソプラノ小野綾子+リコーダー桐畑奈央+チェンバロ上羽剛史  リサイタルVol.1 鳥たちのかわす言葉 浜松公演

il Merlo(イル・メールロ) ソプラノ小野綾子+リコーダー桐畑奈央+チェンバロ上羽剛史
リサイタルVol.1 鳥たちのかわす言葉 浜松公演

  • ライブコンサート
  • イベント・講座
  • 演劇
  • 展覧会
  • 映画
リサイタルVol.1 鳥たちのかわす言葉 浜松公演
開催日 2017/9/30()
時 間
  • 開場 19:15~  
  • 開演 19:30~  
会 場 アクトシティ浜松 研修交流センター 音楽工房ホール
入場料 前売一般 2,500円
当日一般 3,000円
学生 1,500円

主催ロンバルディア・バロック
問い合わせ メール ilmerlo.milano@gmail.com
電話 080-5672-2747(キリハタ) 

HCFオンラインショップチケット情報HCFオンラインショップ 

一 般
2017/08/19()
チケット取扱終了
※一般のインターネット販売は公演10日前まで。
ただし、窓口(アクトシティチケットセンター)は原則公演日前日まで販売。

内容

「il Merlo」はイタリア・ミラノ市立音楽院でルネサンス・バロック音楽を共に学んだ3人によるアンサンブルです。「イル・メールロ Il Merlo」とは、イタリア語で「クロウタドリ」を意味する言葉です。歌声の美しさで名高いこの鳥にちなんで、今回のコンサートでは鳥をテーマにした曲を中心としたプログラムをお届けします。

《プログラム》
S.ディンディア:聴けよ、あの夜鳴きうぐいすを(歌曲集第4巻より)
Sigismondo D’india (1582-1629) : Odi quel Rosignolo
F.マンチーニ: あの情熱は、なんと優しいのか(ソプラノとオーボエのためのカンタータ)
Francesco Mancini (1672-1737) : Quanto dolce è quell’ardore
G. F.ヘンデル:甘く心地よい巣に向けて、こんなにまっすぐに飛ぶことは(オペラ「イギリス王、リッカルド1世」より)
George Frideric Handel (1685-1759) : il volo cosi fido al dolce amato nidofrom‘Riccardo primo ré d'Inghilterra’ HWV 23
J-Ph.ラモー:「鳥のさえずり」「めんどり」ほか(クラヴサン曲集より)
Jean-Philippe Rameau (1683-1764) : ‘Le Rappel des Oiseaux ’ ‘La Poule’
etc...

Il Merloのプロフィール
それぞれが国内外の音楽大学を卒業後イタリアで出会い、共に学んだミラノ市立クラウディオ・アバド音楽院で2016年に結成。ソプラノ、リコーダー、チェンバロによるアンサンブル。

上羽剛史(うわは つよし)
(仙台市生まれ。)愛知県立明和高等学校音楽科、桐朋学園大学でピアノを学んだのち、渡欧。アムステルダム音楽院古楽科を経て、現在はミラノ市立音楽院修士課程にてチェンバロ・オルガンを専攻している。日本チェンバロ協会正会員。
これまでにチェンバロとクラヴィコードを渡邊順生、メンノ・ファン・デルフト、マウリツィオ・クローチ、オルガンと室内楽をロレンツォ・ギエルミ、通奏低音をクリス・フェルヘルストの各氏に師事。(各地の音楽祭でクリストフ・ルセ、ピエール・アンタイ、アリーン・ジルベライシュ、エンリコ・バイアーノなど世界的チェンバリストのマスタークラスを受講する。)第1回ミラノ国際チェンバロコンクール・ファイナリスト。
ルネサンス・バロック時代の鍵盤楽器を演奏するかたわら、調律・メンテナンスの研究・実践にも余念がない。趣味は休日にリコーダーを吹くこと。

桐畑 奈央 (きりはたなお)
静岡県浜松市出身。東京藝術大学音楽学部器楽科古楽科リコーダー専攻卒業。現在、ミラノ市立音楽院古楽科修士課程にてリコーダーを専攻している。これまでにリコーダーを山岡重治、太田光子、ダニエレ・ブラジェッティ、室内楽をロレンツォ・ギエルミ、パウロ・リッツィ、マーラ・ガラッシの各氏に師事。10歳より予選、本選を経て6回全日本リーコーダーコンテストに出場し金賞を受賞。2014年、浜松にて初のソロリサイタルを行う。2017年ミラノ、スフォルツェスコ城の楽器博物館で行われたバロックオーケストラの演奏会ではソリストとして出演(ロレンツォ・ギエルミ、マルコ・ブロッリ指揮)。リコーダーアンサンブル”La Rubertina”のメンバー。演奏活動の他、教育分野でのリコーダー指導、講習なども積極的に行う。雑誌「季刊リコーダー」では海外通信の連載を担当している。

小野綾子 Ayako Ono Soprano
宮城県仙台南高校卒業。宮城学院女子大学音楽科声楽専攻卒業。声楽を布田庸子、辻裕久、声楽アンサンブルをなかにしあかね各氏に師事。2005年ヘンデル・フェスティバル・ジャパン(HFJ)専属キャノンズ・コンサート室内合唱団発足オーディションに合格。毎年行われるヘンデル作品に携わる。これまでにヘンデル《メサイヤ》、バッハ《カンタータ》ソリストを務める他、2010年仙台駅で行われた“杜の都コンサート”では仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演。
3年前よりイタリアミラノへ留学。今年6月ミラノ市立音楽院・バロック声楽科修士課程を卒業。ミラノ・スフォルチェスコ城にてオラトリオのソプラノソリストを務める他、ミラノ国際博覧会、芸術音楽祭、ローマ・バロックフェスティバル、ミラノ大聖堂や様々な教会にてソリストまたはアンサンブルメンバーとして出演。またオーディションを経て指揮者ジャンルーカ・カプアーノ率いるカント・ディ・オルフェオメンバーとしてイタリア各地で演奏。また2016年にはスイス・フリブールのサン・マウリス教会でのバロックコンサートでソプラノソリストを務めた。バロック歌唱法をロベルト・バルコーニ氏、古典音楽をアンドレア・ディ・レンツォ、室内アンサンブルをロレンツォ・ギエルミ、パウロ・リッツィ、マーラ・ガラッシに学ぶ。

おすすめ事業紹介
松竹大歌舞伎
松竹大歌舞伎
開催日
2017/9/23()
会 場
アクトシティ浜松 大ホール
宗次郎 癒やしのオカリナコンサート
~優しい音色に包まれて~
宗次郎 癒やしのオカリナコンサート ~優しい音色に包まれて~
開催日
2017/9/23()
会 場
アクトシティ浜松 中ホール
一覧へ戻る

ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks

1