はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


文化サポート事業 Culture Support

トップページ >> 文化サポート事業

はままつ文化サポート事業浜松を盛り上げよう!文化活動を応援します。

対象事業

自ら企画運営する創造的な文化活動で、その成果が
浜松の文化に還元されるもの。

ただし、以下の事業は除きます。

・政治的又は宗教的活動を主な目的とする事業

・営利を主な目的とする事業

・慈善事業への寄付を目的とする事業

・特定の会員やグループのみを対象とした事業

・外部の団体等が企画制作した事業の買い取りや招聘を中心とした事業

・出版・研究事業

・ワークショップのみの事業

・その他、公序良俗に反する恐れがあると認められる事業

サポートの内容

助成金の交付(上限30万円)
詳細はこちらをご覧ください

ポスター掲示及びチラシ配布協力(財団管理施設内)

財団主催事業におけるチラシ挟込協力

財団ホームページでの事業告知

アクトシティチケットセンターでのチケット取扱協力

コース内容

はままつ文化サポート事業

はままつの創造的な文化活動を応援します。

-- 実施対象期間[第1回] -- 
H27.10.1(木) ~ H28.3.31(木)  ※募集は終了しました。

-- 実施対象期間[第2回] --
H28.4.1(金) ~ H28.9.30(金)  ※募集は終了しました。

●対象募集事業
 自ら企画運営する創造的な文化活動で、その成果が浜松の文化に還元されるもの

●助成金額
 上限30万円下限なし・精算式
  (助成対象経費から収入を控除した金額以内を助成)

●募集企画:
 ・自らが企画運営する創造性豊かな事業で、市内外に向けた文化の発信が期待される事業
 ・市内のこどもたちが参加できる事業
 ・ジャンル、年代、地域、国を超えた異文化コミュニケーションが深まる事業
 ・地域を活性化できる事業
 ・成果発表事業
 ・その他、独創的な企画の浜松の文化に役立つ事業

事業収支予算書の書き方及び助成対象経費

収入および支出の内訳は下記を参考に作成してください。
収入と支出が同じ金額になるように、千円単位で作成してください。

[支出] ・・・ 事業開催日(前日の準備やリハーサルも含む)に関わる費用を計上して下さい。

項目

内容

諸謝金 出演料、講師謝礼、作曲・編曲料、作詞料、演出料、舞台監督料 ほか
使用賃借料 会場使用料、機材・物品レンタル料、著作権使用料 ほか
手数料 調律代、振込手数料 ほか
委託費 会場設営・撤去費、照明・音響費、会場整理・警備費 ほか
旅費交通費 講師及び客演者に払う交通費・宿泊費 ほか
通信運搬費 郵便代、宅配便代、作品・楽器等運搬費 ほか
印刷製本費 チラシ・ポスター印刷費、プログラム印刷費、入場券印刷費、写真現像代 ほか
広告費 広告宣伝費 ほか
消耗品費 当該事業開催に係る消耗品代 ほか
人件費 当該事業開催に係るアルバイト代 ほか
その他 保険料 ほか

★ 助成対象経費としてみなされないもの

◎ 事業実施前に行われる打ち合わせや練習に係る費用
◎ 主催者または主催団体の構成員に対して支払われる諸謝金、交通費、宿泊費、飲食費等
◎ 事業のために購入するビデオカメラ、写真機、楽器、事務機器等の備品代
◎ 弁当、レセプション、パーティー、打ち上げ費用

[収入] ・・・ 収入とは次に掲げるものをいいます。

◎ 入場料収入
◎ 協賛金収入
◎ 広告料収入
◎ 参加料、出展料
◎ プログラム等の販売収入
◎ 他団体からの補助金や負担金等収入

選定基準

計画力:事業のスケジュール、マネジメント等において計画性があること事業経費が適当であること

企画力:内容に独自性を有し、斬新な発想と創造性が認められる内容であること

発信性:事業を通して、明確に発信ができる内容があること

発展性:今後の展開に期待できる内容であること

※次の事業は優先度が低くなります。

◎ 発表会など、広く一般市民を対象にしていない事業
◎ サポートを受けなくても事業の遂行が可能である事業

※採択可能回数

同一企画内容は、3回までとします。
(平成20年度から採択された事業も含みます)
平成20年度から合計3回採択された事業は申請できません。

サポートの決定

サポートの内定は、有識者による選定委員会において決定します。
結果は、採否に関わらず、申請者すべてに通知いたします。なお、申請内容に対し条件を附し、採択する場合があります。採択した事業は、財団ホームページにて公開します。
事業計画の内容に虚偽の申請があった場合や、内容の変更が生じた場合はこの限りではありません。申請された内容のうち、基本的に変更が認められるのは日時のみ、変更可能回数は1回です。また翌年度への日時の変更はできません。
そのほかに大きな変更が生じた場合、サポートが取消しとなる場合があります。

<助成金額の決定>

事業終了後、助成対象経費の請求書・領収書を添付した収支決算書をもとに精算し、助成金額を確定します。

採択にともなう義務

【ロゴマーク及び財団名の記載】

公益財団法人 浜松市文化振興財団 はままつ文化サポート対象事業

サポートを受ける事業の関連印刷物(ポスター、チラシ、 パンフレット、入場券等)やホームページなどに、指定するロゴマーク及び「助成:(公財)浜松市文化振興財団」を明記していただきます。


 

 

< チラシ・ポスター案の提示>

サポートを受ける事業の告知ポスターとチラシについては、印刷する前に案をご提示いただきます。

< ポスターの掲出>

事業開催時に、会場にサポート事業のポスターをご掲出いただきます。

< 事業完了報告書の提出>

事業終了後30日以内に事業報告書及び請求書・領収書を添付した事業収支決算書をご提出いただきます。

申し込み方法

事業申請書に必要事項をご記入のうえ、メールもしくは郵送にてお送りください。

申請受付期間

[第1回] 平成27年7月1日(水)~7月31日(金) 必着  ※募集は終了しました。

[第2回] 平成28年1月4日(月)~1月31日(日) 必着  ※募集は終了しました。

郵送先

〒430-7790 浜松市中区板屋町111-1
公益財団法人浜松市文化振興財団 はままつ文化サポート事業係

メール送信先

※ 提出書類はそのまま選定資料となりますので、丁寧に記入してください。

※ 提出後変更が生じることのないよう、内容について十分ご検討のうえ、作成してください。

※ 提出書類は返却いたしません。

申し込みからの流れ

画像を拡大する

申し込みからの流れ

お問い合わせ

公益財団法人 浜松市文化振興財団 はままつ文化サポート事業係

TEL: 053-451-1131FAX: 053-451-1123

ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks