グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  主催事業一覧 >  主催公演の詳細 >  2020年開催公演 >  東京バレエ団『ドン・キホーテ』全2幕

東京バレエ団『ドン・キホーテ』全2幕


このエントリーをはてなブックマークに追加

【公演中止のお知らせ】
9月30日(水)アクトシティ浜松 大ホールにて開催を予定しておりました「東京バレエ団『ドン・キホーテ』全2幕」公演は、新型コロナウイルス感染症感染拡大への対策として、公演等の催事開催制限がなされている状況を鑑み、大変残念ながら、本公演の開催を中止することといたしました。
公演を楽しみにされていた皆さまには心よりお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。
2020年9月30日(水) 
アクトシティ浜松 大ホール
開場 17:45 開演 18:30

チケット販売

アクトシティ浜松友の会先行発売:2020年8月2日(日)
一般発売:2020年8月9日(日)

川島 麻実子 さんインタビュー

川島 麻実子さんにインタビューを行いました。

こちらをご覧ください。

   
バレエ「ドン・キホーテ」の舞台はスペイン、バルセロナ。街の喧騒の中で踊られる陽気なセギディーリャに甘美なマドリガル、颯爽とした闘牛士と踊り子のダンス。場面が変わるとエネルギッシュなジプシーダンスや妖精たちの優美なクラシック・ダンス、そして情熱的なスパニッシュをはさんで主役ペアの華麗なグラン・パ・ド・ドゥでフィナーレを迎えるまで息つく暇なく多彩なダンスが繰り広げられ、古典バレエの中でも随一のゴキゲンな楽しさです。
東京バレエ団の「ドン・キホーテ」は伝説の名ダンサー、ウラジーミル・ワシーリエフによる演出・振付で2001年に初演されました。ボリショイ・バレエの伝統と現代的な感覚が絶妙に融合され、エネルギッシュで豊かな芝居心に溢れたそのステージは、「日本のバレエもついにここまで来たか」と各方面から絶賛を浴びたほど。2014年には久々にワシーリエフが来日して全面的に監修・指導し、作品の完成度とボルテージを保ってきました。個性的なキャラクターと群集のパワーが舞台に横溢し、祝祭的な気分に包まれる「ドン・キホーテ」の舞台をどうぞお楽しみください!
  

入場料(全席指定・税込)

S席 10,000円
A席 8,000円
B席 6,000円
C席 4,000円
学生席 1,000円(当日指定・24歳以下)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
        

チケット取扱い

(チケットの購入は公演の10日前まで)

【Pコード:501-887】

【セブン-イレブン、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
 ベイドリーム清水店、ほか全国チケットぴあ取扱店】

ストーリー

舞台はスペイン。自らを騎士だと信じこんだドン・キホーテは、サンチョ・パンサをお供に、夢にみた理想の女性、ドゥルシネア姫を探す冒険の旅に出る。
ところかわってバルセロナの街。宿屋の娘キトリは床屋のバジルとの結婚を望んでいるが、父のロレンツォは金持ちのガマーシュとキトリを結婚させようとしている。そこへドン・キホーテたちが登場。キトリをドゥルシネア姫と勘違いしたドン・キホーテのおかげで街は大混乱! そのすきにキトリとバジルは町外れのジプシーの野営地へ。そこへ二人を追って人々がやってくる。風車を怪物と思い込んだドン・キホーテは風車に突進するもののはねとばされ、ドゥルシネア姫が舞う夢の世界にしばし身を委ねる。
舞台は現実に戻り、野営地から宿屋へ逃げ込んだキトリとバジル。そこにロレンツォやガマーシュが乗り込んでくる。バジルは一計を案じ、狂言自殺を試みるが・・・

   

プロフィール

東京バレエ団
The Tokyo Ballet

©Kiyonori Hasegawa

1964年に創設、66年にモスクワ、レニングラード公演を行い、ソビエト文化省より”チャイコフスキー記念”の名称を贈られた。創立以来一貫して、古典の全幕作品から現代の名作まで幅広いレパートリーを誇る。M・ベジャール、J・キリアン、J・ノイマイヤーら20世紀を代表する三大振付家によるオリジナル作品を上演。D・バレンボイム、Z・メータなど、巨匠指揮者との共演も果たした。
これまでに日本の舞台芸術史上始まって以来の34次775回の海外公演を行い、“日本の生んだ世界のバレエ団”として国内外で高く評価されている。32カ国155都市を巡り、とくにパリ・オペラ座、ボリショイ劇場など世界の名だたる歌劇場に数多く出演し絶賛を博した。2019年には文化庁芸術祭で大賞を受賞。
2019年6月~7月にはウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座などで公演を行い、各地で高評を得た。
近年は、〈上野の森バレエホリデイ〉、〈めぐろバレエ祭り〉など、地域に根ざした活動、バレエ作品の上演および普及活動にも力を入れている。
       

川島 麻実子[キトリ]
Mamiko Kawashima

©Nobuhiko Hikiji

東京バレエ学校を卒業後2006年入団。華やかな美貌と確実なテクニックで存在感を増し、マラーホフ版「眠れる森の美女」「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「ラ・バヤデール」等の古典全幕に主演しているほか、「エチュード」「セレナーデ」「真夏の夜の夢」「アルルの女」などの幅広い作品でも主役を踊り、高評を博している。

秋元 康臣[バジル]
Yasuomi Akimoto

©Nobuhiko Hikiji

12歳~18歳までボリショイ・バレエ学校に留学。ペルミ国際コンクール銀賞ほか受賞歴多数。日露のバレエ団で数々の作品に主演し、2015年プリンシパルとして入団。技術の端正さは随一で、「白鳥の湖」「ザ・カブキ」「くるみ割り人形」「ラ・バヤデール」等に主演。「セレナーデ」「海賊」などのバレエ団初演作品の成功にも大きく貢献している。2020年3月、第70回芸術選奨 文部科学大臣新人賞を受賞。
  

主催・お問合せ

電話:053-451-1114

特別協賛

            

共催

後援