はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


財団について About us

取り組み

公益財団法人浜松市文化振興財団は、特色ある浜松市の文化の基盤に立った文化活動を展開するほか、文化に関する人、モノ、情報が集まり、交わり、発信するプラットホームづくりを推進し、文化の担い手となる市民の満足度を高め、文化がまちの活力を生む創造性豊かな浜松市の実現に寄与してまいります。

育てる: 芸術文化への喚起、育成、生涯学習の支援

創る:  新しい文化の創造と展開

交わる: 地域、異文化交流の場を創出 芸術文化の発信と発展に寄与

伝える: 培われた文化を次世代へ繋げるための啓発

 

 

公益財団法人浜松市文化振興財団 概要

設置目的

芸術及び文化(以下「芸術文化」という。)の提供、交流、創造及び発信を行うこと並びに市民・地域の芸術文化活動の支援をとおして市民文化向上及び地域社会の活性化に資することを目的とする。(定款第3条)

 

事業内容(定款第4条)

  • (1)芸術文化事業の企画、運営及び提供に関すること。
  • (2)芸術文化活動の支援及び交流の促進に関すること。。
  • (3)芸術文化の振興を担う人材の育成に関すること。
  • (4)芸術文化に関する情報の収集及び提供に関すること。
  • (5)地域社会の活性化に資する事業の実施に関すること。
  • (6)浜松市の行う芸術文化事業の受託及び協力に関すること。
  • (7)芸術文化活動拠点の整備及び運営に関すること。
  • (8)芸術文化資源の調査、保存、活用及び継承に関すること。
  • (9)その他この法人の目的を達成するために必要な事業。

 

 

概要

名称 公益財団法人浜松市文化振興財団
所在地 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111番地の1
設立年月日 1993年7月21日 (2005年4月1日に財団法人アクトシティ浜松運営財団より名称変更)
基本財産 2,139,768,397円 (平成27年3月31日現在)
沿革 1986年2月 財団法人浜松市文化協会設立
1993年7月 財団法人アクトシティ浜松運営財団設立
2005年4月 事業統合により、財団法人浜松市文化振興財団に名称変更
2007年4月 財団法人浜松市浜北振興公社の解散に伴う一部事業の承継
2012年4月 公益財団法人認定

 

 

ごあいさつ

財団法人浜松市文化振興財団 理事長 伊藤 修二

時代の潮流が激しく、また、情報のグローバル化が進んで均質的な価値観が生み出されやすくなった現代において、地域文化の振興と発信は近年ますます重要性を増しています。

このような中、私ども浜松市文化振興財団では、鈴木康友浜松市長の目指す「音楽の都」づくりの理念に基づき舞台芸術やコンサートをはじめとした多彩な音楽イベントを提供するとともに、浜松ならではの芸術の創造、浜松に根ざした文化の育成と継承を行っています。

また、当財団が管理する浜松市楽器博物館や木下恵介記念館など特色あふれる諸施設は、所在する地域と各々の分野での文化振興の拠点となっています。各施設で開催する数多くのソフト事業では、施設が所有する資料や機能を最大限活用するとともに、当財団が持つ地域の人的・組織的ネットワークを活かすことにより「文化の多様性が活力となる都市・浜松」の実現に参画しています。

これからの浜松市文化振興財団では、「観る事業」「聴く事業」によって市民の皆様が芸術文化に触れる機会を提供するだけでなく、「参加する事業」によって共に文化を創造し、発信していきたいと存じます。今後ともご理解・ご協力を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

財団法人浜松市文化振興財団 理事長 伊藤 修二

アクセスマップ

アクセスマップ


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks