グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  主催事業一覧 >  アクト・プレミアム・シリーズ >  ラデク・バボラーク(ホルン)&吉野直子(ハープ)

ラデク・バボラーク(ホルン)&吉野直子(ハープ)


元ベルリン・フィルのソロ・ホルン奏者でもあり、名実共に世界一のホルン奏者ラデク・バボラークと
世界の巨匠と数々の共演を重ね、ハープ界の最前線で活躍している世界的ハープ奏者 吉野直子による
豪華共演!
2017年11月27日(月) 
アクトシティ浜松 中ホール
開場 18:30 開演 19:00

プログラム

  • クーツィール : ホルンとハープのためのソナタ Op.94
  • ドヴォルザーク : 我が母の教えたまいし歌 ほか

出演者

©Lucie Cermakova

ラデク・バボラーク(ホルン)
Radek Baborák, horn
1976年チェコ生まれ。8歳よりホルンを学び、89年よりプラハ音楽院でティルシャル氏に師事、みるみるうちに頭角を現していった。94年、難関として知られるミュンヘン国際コンクールで優勝、「美しく柔らかな音色」、「完璧な演奏」、「ホルンの神童」と評されるなど、世界の注目を集めた。
以来、ヨーロッパ、アメリカなど各地で活発な演奏活動を展開。小澤、バレンボイム、レヴァインなどトップクラスの指揮者の信頼も厚く、これまでベルリン・フィルはもちろん、バイエルン放送響、ロンドン・フィル、ベルリン・ドイツ響、バンベルク響、ケルンWDR響、チェコ・フィル、ミュンヘン・フィル、ザルツブルク・モーツァルテウム管等と共演。その抜きん出たテクニックと若手ながら成熟した音楽が大きな話題になっている。テレマン、ハイドンからモーツァルト、R.シュトラウス、サン=サーンス、現代音楽まで幅広いレパートリーを持ち、現在もさらにレパートリーを広げつつある。
これまでチェコ・フィル、ミュンヘン・フィル、バンベルク響、ベルリン・フィルのソロ・ホルン奏者を歴任。その他にもサイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管をはじめとする世界のオーケストラにも参加。ソリストとしても、オーケストラとの共演、チェコ・フィル時代の仲間を中心に結成した木管五重奏団アフラートゥス・クインテットとして活動をはじめ、エマニュエル・パユ、フランソワ・ルルー等の素晴らしいソリスト達とともに室内楽活動も続けている。
また近年は指揮者としての活躍も目覚ましく、自ら創設したチェコ・シンフォニエッタの定期的なシリーズも開始、日本でも2013年10月水戸室内管弦楽団定期演奏会にデビュー、オーケストラの楽員、そしてもちろん聴衆からも絶大な支持を集めた。
バボラークの尊敬するホルン界の巨匠ヘルマン・バウマンは「彼の演奏は我々を18世紀の祝祭的な雰囲気へと連れていってくれる。チャーミングで柔らかな音色はこの上なく耳に心地よく響く。その演奏の繊細さと表現力の豊かさはホルンという楽器を最高に歌わせ、その解釈は自然な力とナイーヴな素朴さを生み出す」と評している。

©Akira Muto

吉野 直子(ハープ)
Naoko Yoshino, harp
ロンドン生まれ。6歳よりロサンゼルスでスーザン・マクドナ ルド女史のもとでハープを学び始める。1981年に第1回ローマ国際ハープ・コンクール第2位入賞。1985年には第9回イスラエル 国際ハープ・コンクールに参加者中最年少で優勝し、国際的キャリアの第一歩を踏み出した。 これまでにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽 団、フィルハーモニア管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ウ ィーン・コンツェントゥス・ムジクスなど、欧米の一流オーケス トラおよび日本国内の主要なオーケストラと共演を重ね、共演した指揮者は、N.アーノンクール、Z.メータ、G.シノーポリ、W. サヴァリッシュ、Y.メニューイン、小澤征爾などがいる。また、イギリス室内管弦楽団、ベルリン・フィル・ヴィルトゥオーゾ、パイヤール室内管弦楽団、水戸室内管弦楽団、フランツ・リスト室内管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団、オーヴェルニュ室内管弦楽団など、優れた室内管弦楽団にもソリストとして招かれ、リサイタルもニューヨーク、ウィーン、ロンドン、東京 などで数多く行っている。特に1994年、ヴァチカンのシスティー ナ礼拝堂での修復記念コンサートは大きな注目を集めた。また、ザルツブルク、ロッケンハウス、ルツェルン、グシュタード、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、サイ トウ・キネン・フェスティバル松本、マールボロ、モーストリー・モーツァルト・フェスティバルなど の世界の主要音楽祭にも度々招かれ、常に好評を博している。室内楽の交流も幅広く、ヴァイオリンのギドン・クレーメル、ヴィオラのヴェロニカ・ハーゲン、今井信子、チェロのクレメンス・ハーゲン、フルートのオーレル・ニコレ、ジャン・ピエール・ランパル、 ウォルフガング・シュルツ、エマニュエル・パユ、ジャック・ズーンなどの 世界の優れたアーティストたちと定期的に共演。レコーディング活動も活発で、これまでにテルデック(アーノンクール/ウィーン・コンツェン トゥス・ムジクスとの協奏曲)、フィリップス(ソロ、ニコレ/今井信子との室内楽、クレーメルとのデュオおよびソロ)、ソニー・クラシカル(ソロ、工藤重典とのデュオ、ベルリン・フィル・ヴィルトゥオーゾとの協奏曲)、ヴァージン・クラシックス(メニューイン指揮/イギリス 室内管弦楽団との協奏曲)、アパルテ(オーヴェルニュ室内管弦楽団との協奏曲集)を録音。また、ハープの新作も数多く紹介してきており、世界初演した武満徹『そして、それが風であることを知った』、細川俊夫『ハープ協奏曲』などはその代表作である。サイトウ・キネン・オーケストラ、水戸室内管弦楽団、ルツェルン・フェステ ィヴァル・オーケストラにも参加。 1985年アリオン賞、1987年村松賞、1988年芸術祭賞、1989年モービル音楽賞奨励賞、1991年文化庁芸 術選奨文部大臣新人賞、エイボン女性芸術賞をそれぞれ受賞している。国際基督教大学卒業。

入場料(全席指定)

プレミア・パスポート(全5公演通し券)

S席 23,000円(定価合計28,000円)限定100セット
A席 19,000円(定価合計23,000円)限定30セット
※全5回にご入場いただける割安でお得なセット券です。
※全公演を通して、同じ席にお座りいただけます。
※プレミア・パスポートは予定枚数がなくなり次第、
 販売終了となります。


【一般発売】2017年1月15日(日)
【アクトシティ浜松友の会先行発売】
 2017年1月8日(日) 10:00~

1回公演券

1回公演券

S席 5,000円
A席 4,000円
学生 1,000円(当日指定・24歳以下)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※学生席の前売り券は、座席指定のないチケットとなります。
 公演当日、18:00より会場にて指定の座席券とお引替えください。
 なお、座席は選ぶことができません。
【一般発売】2017年7月9日(日)
【アクトシティ浜松友の会先行発売】
 2017年7月2日(日) 10:00~

チケット取扱い

(店頭販売のみ 10:00~19:00)

http://www.hcf.or.jp

(ご購入の際は、インターネット・チケットサービス利用規約に同意のうえ、
 お買い求めください。)

【Pコード:316-479】

【セブンイレブン、サークルK・サンクス、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
  ベイドリーム清水店、ほか全国チケットぴあ取扱店】

主催・お問合せ

電話:053-451-1114

共 催

後 援

特別協賛

アクト・プレミアム・シリーズ2017 公演予定

公演日 出演者
2017年6月27日(火) 諏訪内晶子(ヴァイオリン)&ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
2017年10月4日(水) ラファウ・ブレハッチ(ピアノ)
2017年11月27日(月) ラデク・バボラーク(ホルン)&吉野直子(ハープ)
2017年12月5日(火) ゲヴァントハウス弦楽四重奏団
2018年1月23日(火) チョ・ソンジン(ピアノ)