バンド維新 開催記憶

BAND RESTORATION  004

バンド維新2011

バンド維新2011の様子

作曲者紹介

天野正道

天野正道

曲名

Attempt at managed chance operati

演奏

浜松海の星高等学校

作曲者プロフィール

秋田市生まれ。国立音楽大学作曲科首席卒業武岡賞受賞。同大学院作曲専攻創作科首席修了。卒業後豪州に赴き日本人で初めてC.M.I.をマスター。
1984年国内で一番初めにCDを製作したアーティストとなる(TPO1)
1992年から現在まで続いている国立ワルシャワ交響楽団、ヴェルサイユ室内管弦楽団、ハリウッド・エンジェルシティ・オーケストラ、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などでの自作曲の録音指揮、Warsaw Brass、Trio Classic、Paderewski Festivalよりの委嘱を受けるなど国内外で活動する。また、吹奏楽作品は2003年,2005年WASBE、2004年、2006年Midwest Clinicなどでも演奏されている。第62回秋田わか杉国体、第59回全国植樹祭の音楽総監督を務める。
第23回(おもちゃ)、24回(バトルロワイアル)日本アカデミー賞音楽部門優秀賞受賞。
第10回日本吹奏楽学会アカデミー賞受賞(作、編曲部門)。

作品解説

この曲は3つの部分で構成されているが、中間部に於いてオーケストラは6つのグループに分割される。楽譜は4つのセクションに分かれており、それぞれA- I、B-IIIなどの様にさらに細かい動機に分割されている。各々のセクション、動機は指揮者や各グループリーダーの指示で任意に組み合わせ演奏される。 その結果、管理された偶然性による多数の組み合わせが成立し、演奏時間も不定になるが、これはお互いのアンサンブル能力を高める、といった意図に基づいて 書かれているからである。
また、コンピュータ音源は無くても成立するので、その使用は任意である。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

事業

バンド維新2021

会場

アクトシティ浜松中ホール

チケット発売

HCFオンラインショップ

協力

株式会社東京ハッスルコピー株式会社イーエムアイピクチャーズエンターテイメント一般社団法人日本作編曲家協会

後援

浜松市一般社団法人日本音楽著作権協会

協賛

ヤマハ株式会社

委嘱作曲家

北爪道夫伊藤康英桑野聖守屋純子森田花央里篠田大介斉木由美

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1151 URL : https://www.hcf.or.jp/