バンド維新 開催記録

BAND RESTORATION  008

バンド維新2016

バンド維新2016の様子

作曲者紹介

北爪 道夫

北爪 道夫

KITAZUME Michio

曲名

虹のある風景

演奏

静岡県立浜松商業高等学校

作曲者プロフィール

1948年東京生まれ。東京藝術大学音楽学部及び同大学院修了。77年「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」結成に参画、作曲・企画・指揮を担当、内外の現代作品紹介に努め、83年第1回中島健蔵音楽賞を受賞。79年文化庁派遣芸術家として渡仏。以降、様々な団体や演奏家より委嘱を受け、国際的に高い評価を得ている。管弦楽のための《映照》で第42回尾高賞およびユネスコ国際作曲家審議会(IRC)グランプリ、《地の風景》で第49回尾高賞、サントリー音楽財団主催「作曲家の個展・北爪道夫」での《管弦楽のための協奏曲》など長年にわたる作曲活動に対し第22回中島健蔵音楽賞、第23回日本吹奏楽アカデミー賞等を受賞。自然との対話から導かれた音響による創作は、オーケストラをはじめ、邦楽器を含む様々な楽器や声のためのものまで多岐にわたる。また、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」等のテーマ音楽や劇場・放送用音楽等、幅広い作曲活動を展開している。CD:「北爪道夫オーケストラ作品集」(FOCD2514)、「北爪道夫・作曲家の個展」(FOCD3505)他。現在、日本作編曲家協会理事、東京音楽大学客員教授、愛知県立芸術大学名誉教授。

作品解説

たまには和菓子とコーヒー、抹茶とアイスクリーム、まだまだあるでしょう・・・・三味線の音楽とウィンドアンサンブルの音楽、これらは明らかに違う文化的環境のなかに生きてきたものですね。いわば異文化が偶然に出会い、それぞれが、そのまま自然に生きることのできる環境は、私にとって嬉しく望ましいものです。たとえば、都会でしたらスクランブル交差点での出会いもありそうですが、この曲ではタイトルのように、遠くに山が見える「虹のある風景」という環境での出会いを望んだということですね。
三味線には、特有の厳しく律動的な表現を貫かせ、ウィンドアンサンブルには、まど・みちおさんの詩による私の合唱曲の「虹」の部分からの引用を含ませました。両者は、緻密なアンサンブルの関係にはなく、時々お互いに関心を示しながら、同じ環境で同じ時間を過ごします。

ページの先頭へ

主催

公益財団法人浜松市文化振興財団

事業

バンド維新2021

会場

アクトシティ浜松中ホール

チケット発売

HCFオンラインショップ

協力

株式会社東京ハッスルコピー株式会社イーエムアイピクチャーズエンターテイメント一般社団法人日本作編曲家協会

後援

浜松市一般社団法人日本音楽著作権協会

協賛

ヤマハ株式会社

委嘱作曲家

北爪道夫伊藤康英桑野聖守屋純子森田花央里篠田大介斉木由美

公益財団法人 浜松市文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1 TEL : 053-451-1151 URL : https://www.hcf.or.jp/