浜松市天竜壬生ホール

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 施設予約について

施設予約について

申し込み受付

ガレリア棟1階受付にて、利用申込の受付をいたしております。
事前に空き状況をご確認のうえ、下記所定の申請書でお申し込みください。
電話、口頭、FAX等による仮予約(変更・取消を含む)はできませんのでご注意ください。
※受付時間は、午前9時から午後8時まで

使用許可申請書 使用許可申請書

また、「まつぼっくり」をご利用いただければ、インターネットでの空き情報照会や
施設予約が可能です(午前6時~午前0時)。

※連続使用期間は5日以内です。

受付期間

場所名 定員 貸出
時間
貸出
単位
窓口予約 インターネット予約 キャンセル
限界日
受付
開始日
受付
終了日
受付
開始日
受付
終了日
ホール 507 9:00

21:30
3区 12か月前の
月の初日
当日 空き情報
照会のみ
60日前
野外ステージ 200 1時間
展示ギャラリー
1階
- 3区 6か月前の
月の初日
10日前
展示ギャラリー
2階
ホワイエ
音楽練習室 3 1時間
リハーサル室 20 6か月前の
1日
3日前
第1会議室 27
第2会議室 27

※ 月の初日が休館日の場合はその翌日(休館日:12/29~1/3)

使用時間の区分

ホール・展示ギャラリー・ホワイエ
(区分貸し)
午前(9時~12時)、午後(13時~17時)、
夜間(18時~21時30分)
その他の施設(時間貸し) 1時間単位

※ 会場の準備から終演後の片付け、退館までを使用時間とします。
※ 開館時間以外の時間帯の使用についてはご相談ください。

使用料の支払い

現金払いの方は、キャンセル限界日(ホール・野外ステージ・・・利用の60日前、展示ギャラリー・ホワイエ・音楽練習室・リハーサル室・会議室・・・利用の10日前)までに施設受付にてお支払いください。なお、冷暖房使用料、付属設備・備品使用料、時間延長料は当日清算となります。
「まつぼっくり」の口座振替の登録をされた方は、利用した翌月の20日(金融機関の休業日の場合は翌営業日)に指定口座から引き落とされます。

予約取消・変更

ご予約内容についての変更・取消し等がある場合は、速やかにご連絡いただくとともに、「使用許可取消・変更申請書」をご提出ください。

使用許可取消・変更申請書 使用許可取消・変更申請書

なお、ご予約の10日(ホール及び野外ステージにあたっては60日)前を過ぎた変更・取消はできません。
施設を利用しなくても使用料は返還できませんので予めご了承ください。

使用前に準備していただくこと

1.責任者の決定

催し物の舞台進行責任者と会場責任者を決めていただきます。

2.利用打ち合わせ

ホール・野外ステージの使用については、事前に打合せを行います。プログラム、進行スケジュール表、付属設備・備品の利用内訳等をご持参のうえ、施設職員と打合せを行ってください。なお、打合せの日時については、後日こちらからご連絡させていただきます。
その他の施設については、随時、必要に応じて行います。

3.留意事項

  • ○施設使用料、冷暖房料、付属設備・備品使用料、延長料のほか、次の費用は使用者に別途ご負担いただきます。
    (1)舞台技術(特殊効果機材及び操作員等)に要する経費
    (2)ピアノ調律料及び立会い料
    (3)保安係員等の手配に要する経費
    (4)著作権使用料
  • ○ホワイエ等で物品販売及び展示を行う場合は、事前に許可を受けてください。
  • ○音響・照明等の機器操作席を設けた場合は、客席数が減りますのでご注意ください。
  • ○使用者は、無断で特別の設備や造作を加えることはできません。
  • ○ポスター等を施設内に掲示する場合は、事前に施設受付にお申し出ください。
  • ○ポスター・チラシ等には、責任の所在を明らかにするために使用許可を受けた主催者名・電話番号等の連絡先を明記してください。
  • ○盗難、火災、損傷等のおそれがある場合は、あらかじめ事故防止に必要な対策を講じるとともに、各種保険への加入をご検討ください。

4.関係官庁への届け出

舞台及び客席では火気の使用及び危険物の持ち込みは禁止されています。ただし、舞台の演出効果上、裸火・たばこ・スモークマシン等を使用する場合は、必ず施設の承認を受けたうえで消防署への届出を行ってください。
その他必要に応じて関係官庁へ手続きを行っていただき、提出済みあるいは承認済みの書類の写しを1部提出してください。

火気類及び危険物の使用 天竜消防署
〒431-3314 浜松市天竜区二俣町二俣481
TEL(053)922-0119
会場警備計画等 天竜警察署
〒431-3311 浜松市天竜区二俣町阿蔵8-3
TEL(053)926-0110
音楽の演奏 一般社団法人 日本音楽著作権協会静岡支部
〒420-0851 静岡市葵区黒金町59−6 大同生命静岡ビル5F
TEL(054)254-2621

5.係員の選出

催し物を安全に進行させるため、主催者は次の係員をご用意ください。
一覧表を提出していただきます。

  • 【必須】 舞台進行責任者、会場責任者、非常口係、駐車場整備係
  • 【任意】 警備係、会場整理係、受付係、楽屋係

このほか、催し物に相応した担当係員をお願いすることがあります。

使用上の注意

1.ホール、野外ステージ

  • ○使用者は、使用前に必ず受付(ガレリア棟1階)にお立ち寄りください。
  • ○許可された使用時間には準備や後片付けの時間も含まれています。大道具類の搬入・搬出は、使用当日行ってください。これらの保管はお引き受けできません。
  • ○当ホールは消防法により立ち見や補助席を設けることはできません。非常時の安全確保のためにも定員はお守りください。
  • ○準備(仕込み)、練習、開場、開演及び終演の時間を変更する場合は、必ず受付へ連絡してください。
  • ○付属設備・備品等の使用は、施設職員にお申し出いただき、指示に従ってください。
  • ○ホワイエで机・いす・掲示板等を使用されるときは、施設職員までお申し出ください。
  • ○施設・付属設備・備品等を破損したり紛失した場合は、損害の賠償をお願いしますのでご了承ください。
  • ○使用者は、事前に非常口の所在、非常扉の開け方等を確認し、非常事態に備えてください。
    また、非常口、通路、消火設備の周辺には物を置かないようにご注意ください。
  • ○ホールへの来場者が行列となった場合には、使用者が責任を持って整理してください。
    整理不充分によって生じた事故は、当ホールでは責任を負いませんのでご了承ください。
  • ○舞台及び客席での飲食はご遠慮ください。
  • ○所定の場所以外での喫煙はご遠慮ください。
  • ○使用終了後は速やかに付属設備・備品を原状回復し、係員の点検を受けてください。
  • ○使用施設については清潔に保ち使用してください。特に生ゴミ、空き箱類のゴミは、使用者が責任をもって処理してください。

2.楽屋

  • ○楽屋1に隣接して湯沸室があります。やかん・湯飲み・お盆等がありますのでご自由にお使いください。なお、使用後は洗って元の場所に戻しておいてください。
  • ○盗難予防のため、貴重品等の管理についてはロッカーをご利用ください。
  • ○使用後、楽屋内のゴミは使用者が責任をもって処理してください。

3.その他施設

  • ○備品(机・椅子等)の借り受けは責任者を通して行い、使用後は原状回復するとともに係員の点検を受けてください。

4.駐車場

  • ○お客様用としてホール周辺に147台分あります。近隣に有料駐車場もありますので詳しくはお問い合わせください。また、舞台資機材搬入用として、若干の駐車場がありますので、施設職員にご相談ください。
  • ○催事開催中は駐車場整理係を配置し、来館者様にご迷惑がかからないようにお願いします。

守っていただくこと

1.使用条件

  • ○使用を許可された場所以外への立入は禁止します。
  • ○収容定員以上の入場は固くお断りいたします。
  • ○無許可での広告類の掲示、配布、物品の販売、寄付募集、展示、撮影、その他これらに類する行為はできません。
  • ○飲食、喫煙は所定の場所でお願いします。
  • ○動物を持ち込んだり、火災・爆発その他の危険を生じるおそれがある行為をしないでください。
  • ○騒音・怒声など他の利用者に迷惑をかける行為をしないでください。
  • ○ゴミについては利用者において責任をもって処理してください。
  • ○許可を受けないで施設等に張り紙、釘打ち等をしないでください。
  • ○その他使用方法など不明な点は施設受付(ガレリア棟1階)にお問い合わせください。

使用許可の制限

1.使用の不許可

  • ○公の秩序または善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。
  • ○集団的にまたは常習的に暴力的不法行為を行うおそれがある組織の利益になると認めるとき。
  • ○施設、付属設備および備品を損傷するおそれがあると認めるとき。
  • ○施設管理上、支障があると認めるとき。
  • ○その他、市および指定管理者が適当でないと認めるとき。

2.使用許可の取消

  • ○使用者が期限までに使用料を納付しないとき。
  • ○偽りその他不正な手段によって許可を受けたとき。
  • ○浜松市天竜壬生ホール条例および規則等に違反したとき。
  • ○使用許可の条件に違反したとき。
  • ○その他、市および指定管理者が適当でないと認めるとき。

3.目的外使用および権利譲渡の禁止

  • ○施設や設備・備品等を許可された目的以外に使用し、または使用の権利を譲渡したり転貸したりすることはできません。