浜松市天竜壬生ホール

  • サイトマップ
  • お問い合わせ

アーカイブ

天竜壬生ホール|イベントレポート

MIBUワークショップ 9~11月活動レポート

MIBUワークショップ、9~11月の活動の様子をご紹介します。


〈MIBUワークショップとは〉

天竜壬生ホールは、次世代を担う子供達の自主的な芸術文化活動を育成するとともに、豊かな心の形成づくりや地域文化の振興を図ることを目的に、平成14年開館と同時に「MIBUワークショップ」をスタートしました。浜松市内の小学1年生~中学3年生を対象に、モダンダンスとミュージカルの2講座を通年で開講、現在約150名の子供たちが受講中です。また、MIBUワークショップ修了生の高校生がアシスタントとして参加し、受講生の活動をサポートしています。

新型コロナウイルスの影響で、春には長く休講が続いていたこのMIBUワークショップ。
6月下旬の再開からは、人数調整や換気のできる場所の併用など、感染症対策を出来る限り行いながら活動を続けています。


*******************

まずはモダンダンス講座の様子から。

line_oa_chat_201019_104615.jpg

line_oa_chat_201124_184456.jpg
モダンダンス講座は舞台上の密対策のため、人数が多い合同曲は、出演者を2つのチームに分けて発表をすることになりました。

チーム名は、team KIRARI≪キラリ≫ と team HIKARI≪ヒカリ≫!

受講生たちから募って決めたこのグループ名には、
「私達はどんな時も、希望を胸に"キラリと光り"続けるんだ!」という想いが込められています。
DSC_1439.JPG

オフショット
DSC_0437.JPG

line_oa_chat_200922_162052.jpg

また、モダンダンスは例年発表公演での舞台メイクを、楽屋でメイクスタッフが一斉に行いますが、
こちらも感染症対策の為、今年は各家庭で、上級生は自身でメイクを行うことになりました。
IMG_1520.jpg
普通のメイクとは異なる「舞台メイク」!
各自で出来るよう、講師の太田先生に教えていただいたメイク手順を動画にました。
出演者達、そして保護者の皆さんにもご協力いただき、本番に向けて舞台メイクも練習をしています。

*******************

続いてミュージカル講座の様子です。

line_oa_chat_200908_203243.jpg
ミュージカル、今年取り組む演目は「かさこそ森のきどりやキツネ」です。
原作は有島なさ氏の童話で、浜松市主催の「第4回森林のまち童話大賞」で大賞を受賞した作品です。
講師の芹澤先生が脚本を手掛け、童話の世界がミュージカルとなって広がります。

line_oa_chat_200908_203259.jpg
セリフや歌唱を伴うため、飛沫対策を考慮し、受講生はマスクを着用の上、距離をとりながらのパフォーマンスです。

line_oa_chat_201025_090441.jpg

安全な活動のため、多くの制限がある中ではありますが、皆で芸術活動に取り組めることを喜び、感謝して、練習に取り組んでいます。
line_oa_chat_201025_090439.jpg

ミュージカルも、発表公演に向け、衣装の準備を保護者スタッフの皆さんが中心となり進めています。

line_oa_chat_201025_090421.jpg
写真は衣装合わせの様子です。

line_oa_chat_201025_090427.jpg
題名にある「かさこそ森」には、たくさんの虫や動物、精霊が登場します。
それらの綺麗な衣装もお楽しみに!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【公演情報】MIBUワークショップ発表公演Vol.18

♪ミュージカル公演
令和2年12月19日(土)17:00~18:00

♪モダンダンス公演
令和2年12月20日(土)17:00~18:00/19:00~20:00


今年の発表公演は「新しい生活様式」での開催です。
浜松市天竜壬生ホールより、公演の様子をYouTubeにてライブ配信いたしますので、ご自宅やお好きな場所でお楽しみください。
浜松市天竜区から、舞台芸術の親しむ子供達のパワーをお届けします!
*客席入場は保護者及び関係者のみ(要整理券)

公演詳細はこちらをご覧ください↓
https://www.hcf.or.jp/facilities/mibu/info/2020/11/mibuvol18.php

更新日:2020年11月30日

戻る