はまかるNEO(財団法人浜松市文化振興財団 Hamamatsu Cultural Foundation)


インフォメーション Information

トップページ >> インフォメーション >> 浜松ゲキトツ2012 「劇作ワークショップ」参加受付開始

浜松ゲキトツ2012 「劇作ワークショップ」参加受付開始

2012年7月12日

『浜松ゲキトツ』こと、「第58回浜松市芸術祭・はままつ演劇・人形劇フェスティバル2012」が今年も開催されます。

そのプレイベントとなる『劇作家・佃典彦による劇作ワークショップ』を開催します。
開催にあたり、参加者の受付を7月13日(金)より行います。


◆内   容:3日で短編戯曲を書き上げる実践セミナーです。
        演劇の台本を『戯曲』と言います。演劇づくりの土台、出発点となる、演劇の魅力
        あふれる存在です。『いつ どこ だれ なに』、『素敵なタイトル』、『目的と障害』が
        あれば、誰でも戯曲を書き上げられます。『会話劇を書く時のコツ』もちょこっと
        お教えします。この3日間で、10分の短編を1本書き上げましょう!
        優秀作品は「はままつ演劇・人形劇フェスティバル」で開催される演技ワークショップ
        の題材となり、さらには演技ワークショップ参加者によるファイナルイベントでの上演
        が予定されています。

◆開催日時:8月 4日(土) 13:00~18:30
            5日(日) 10:00~17:30
           11日(土) 13:00~18:30
        ※時間は多少延長することがあります。

◆会   場:曳馬公民館201講座室
       (浜松市中区曳馬三丁目13番10号)
        遠州鉄道「助信駅」下車徒歩10分
        ※駐車場に限りがございますので、なるべく公共交通機関をご利用ください。

◆定   員:20名
        ※定員になり次第締め切りとさせていただきます。

◆参 加 費:1,000円
        ※参加回数にかかわらず、同一料金です。

◆講   師:佃 典彦
        <プロフィール>
         1964年3月名古屋生まれ・在住
         劇作家・俳優・演出家・劇団B級遊撃隊主宰・日本劇作家協会運営委員

         突飛な趣向で日常に潜む真実をあぶり出す作風は全国で評価が高い
         不条理系の作家である。児童劇、人形劇、狂言、映画シナリオ、TVドラマ
         シナリオなど幅広いのも特徴。
         締め切りを守ることから<名古屋のミラーマン>の異名を持つ。

         2012年4月18日には香港で上演された「ぬけがら」が香港舞台劇賞
         の2011年度年間ベストテンに選ばれ、最優秀作品賞、最優秀演出賞
         をはじめ7部門を制覇の快挙を達成した。
 
 

◆申込方法:(公財)浜松市文化振興財団 文化事業課まで住所・氏名・年齢・電話番号・
        劇団等に所属している場合は所属劇団をご連絡下さい。
        TEL:053-451-1151 FAX053-451-1123
        E-mail:culture@hcf.or.jp

◆お問合せ先:(公財)浜松市文化振興財団 TEL:053-451-1151        


ページのトップへ
公益財団法人 浜松文化振興財団 〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111-1

Powered by Ultraworks